ホビットに出てくるルーン文字。

上のは本に載ってるタイトル。 なんとな〜く、読めるとこもある? あ、ここはたぶん、ビットだよな、ってとこ、あるね。 ってことは、これがHと似てるし、だからこれがOなんだろう、ってわかる。

邦訳では、岩波の本には上のは載ってない。岩波版は1951年の原書第2版の訳で、上のは第3版以降に載ってるものだ。原書第3版は66年に出た。

でも、ルーン文字でのタイトルのあるなしにかかわらず、ビルボの冒険で重要な役割を果たしたあの地図にはたくさんのルーンが並んでいる。その他、表紙や、いろんなところにずらずらと並んでいたりする。

これがヨタヨタとであっても読めて、文字として見えているか、それともちんぷんかんぷんで模様にしか見えないかで、ホビットの世界の楽しみ具合はかなり違うだろう。

そんなら読めた方がいい。 だってね、面白いよ。ほんと。
みんなで読めるようになろう! おー!! ヽ(^o^)/

では、ホビット本ルーン制覇大作戦はじまりはじまり♪


まず、ざざっと並べるとこうなる