ようこそ、The Wind in Middle-earth へ!
こんにちは、グワイヒアです。鷲です。びゅーん♪と飛びます。
ミドルアースの風に吹かれながら、一緒にあちこち探索してみましょう。

グワイヒアの名前は、ちゃんと書くと、Gwaihir the Windlord といいます。日本の皆さんには一般に風早彦グワイヒアと呼ばれています。でも、本人は、いや、本鳥は、風早彦って何だか、海彦山彦とか木枯らし紋次郎みたいでイマイチ気に入ってません。

第一、Gwaihir とは、gwai が wind、hir が lord という意味です。つまり Gwaihir the Windlord っていうのは同じことを2回言っているのです。わかんないひとのために。
まぁ、だから、皆さんがお呼びになるときは、単にグワイヒアでいいです。

グワイヒアは鷲ですから、管理人でありません。管理鷲、もしくは管理鳥。
住所は一応、ミドルアースのミスティ・マウンテンズ。Middle-earth の Misty Mountains です。日本語の本で言うと、中つ国の霧ふり山脈です。
でもあちこち飛んで回ってますので、山にいないことが多いです。

グワイヒアにはいろんな友達がいますが、あのガンダルフも大事な友達です。他にも大切な友達がたくさんいるよ。
グワイヒアはそんなミドルアースが大好きで、何かおかしなことがないかといつも見回ってます。

飛んで回って気がつきましたが、なんと、ミドルアースのあのとんでもない指輪に関してのお話が映画化されて、世の中はミドルアースに注目している! 
ところが、もともとのミドルアースと映画のミドルアースはちょっと違って、混乱している方々もいらっしゃる。
誤解してる方もいらっしゃる。
誤解以前に、話がややこしくて、何が何だかわからないでいる方もいらっしゃる。

これはいけません。大変です。わがミドルアースがおかしな風に認識されているとなっては、グワイヒアは黙っていられません。

ということで、このHPが出来ました。2002年公開の映画のおかげです。中つ国の鷲がHPを作るなんて、世の中も変わったものですね。

スタートして12年目、たくさんの仲間が増えました。指輪に続いてホビットも映画化ということで、これからもいろんな情報を増やして、みんなと楽しんでいきたいと思います。
ミドルアースは広すぎて、歴史も長すぎて、やたら言語も多すぎて、何から何まで知ってるわけじゃないんだけどね、わかることはどんどんご紹介するつもりです。

尚、解説の都合上、物語の内容はバシバシ喋っちゃってます。まだ読んでない人、先々どうなるのか知りたくない人は気をつけましょう。


では、末永く、よろしく。(^v^)


トップへ戻る