ル=グウィン公式ページで発表になった、ご本人がジブリアニメ版をどう思っているのかに関するレポートです。原文はこちら。英語で読める人は原文で読んでください。
英語わかんないと自動翻訳に頼る人も多いけど、自動翻訳ってすごいことになるからねぇ。(^^;;) それならこっちの方がいいかと思って、参考までに鷲の訳を置いときます。
モニタで読むとき見やすいように、原文より段落分けは多くしてあります。
誤訳あったら教えてね。


ゲド戦記



スタジオジブリ制作、宮崎吾朗監督による、アースシーの映画「ゲド戦記」を観て。

映画のことで問い合わせてくれた日本にいるファンの方々のために、そして映画に関心をお持ちの世界中のファンの方々のために。




前置きとして

自分の作品が映画化される場合、ほとんどの作家は、何も口を挟むことは出来ません。一旦契約にサインしたら、原作者というものは存在しないと同じなのです。「監修」などという肩書きは、意味がないのです。
映画化された内容に関しては、作家(脚本家は別ですよ)に、 その責があるとは思わないでください。そして、「なぜああなるの・・・?」といったことを原作者には訊かないでくださいね。私にもわからないのですから。



いきさつは

20年程前のこと、宮崎駿さんから手紙をいただきました。アースシーの物語(当時はまだ3冊だけでした)を基にアニメ映画を作りたいが、どうか、というお話でした。私は、彼の仕事がどれほどのものかを知らず、アニメといえばディズニーのものを知っているだけで、そういう作品は嫌いだったのです。それでお断り致しました。

6、7年前、友人のヴォンダ・N・マッキンタイアがとなりのトトロのことを教えてくれて、一緒に観ました。私はその場で宮崎さんのファンとなりました。この先いつまでもファンです。彼は、黒澤監督やフェリーニ監督に並ぶ天才だと思います。
(グワ注: ヴォンダ・マッキンタイアはSF作家。スター・トレックの劇場版映画のノヴェライズもしている。いろいろ賞も受けててご活躍。)

何年か経って、アースシー日本版の素晴らしい訳者でいらっしゃる清水真砂子さんが宮崎駿さんをご存じと知り、今でもアースシーに興味がおありならば、映画化の話をしたいと伝えてくださるよう、お願い致しました。

そして、スタジオジブリの鈴木敏夫さんから、丁寧なご連絡をいただき、やり取りの中で私は、物語や登場人物を根底から変えてしまうことはよろしくないと、強調しました。原作は日本でもその他の地でもよく知られ、たくさんの読者がいるのですから。

映画化にあたっては自由に想像を広げる必要もあります。そこで私は次のことを宮崎さんに勧めました。一巻と二巻の間にある10年から15年の期間を使ってはどうかと。あの間、ゲドが何をしていたのか、私たちは知らないのです。わかっているのは大賢人になったということだけです。宮崎さんは、思いのままにゲドを動かすことが出来るでしょう。(私がこんな申し出をした映画監督は他にいません)

2005年8月、スタジオジブリの鈴木敏夫さんが宮崎駿さんとご一緒に、私と私の息子のところへお越しになりました。(息子は、アースシーの著作権を管理しているのです) 私の自宅で話は弾みました。

駿監督が仰るには、彼はもう映画製作から引退するつもりで、宮崎家とスタジオとしては彼の息子さんの吾朗さんに任せたい、とのことでした。その吾朗さんは映画製作の経験はないというのです。私たちはとてもがっかりし、同時に心配にもなりました。でも、このプロジェクトは常に駿さんの管理下で進むという印象があり、というより、はっきり言えば、そう請け合ってくださったのです。このような了解のもと、私たちは合意しました。

その時点で、映画製作はもう既に始まっていたのです。というのは、子供と竜を描いたポスターを一枚と、駿氏が書いたホートタウンのスケッチと、スタジオのスタッフによる、そのスケッチの完成版をいただきました。

映画化の作業はその後、急ピッチで進みました。私たちは程なく、駿氏が制作には一切タッチしていないと気づきました。

私は、彼から心動かされる手紙をいただきましたし、その後吾朗さんからもいただきました。私は、出来る限りの返信を致しました。

残念なことに、映画化をめぐり、太平洋の両岸で怒りと失望が生じてしまいました。

駿さんは結局は引退などせず、現在は別の映画を制作中だそうです。これを聞いて、私はますます失望しました。もうこんなことは忘れてしまいたいくらいです。



映画のこと


息子も私も東京でのプレミアには出席出来ませんでした。スタジオジブリは、ご親切にもフィルムを用意してくださり、2006年8月6日、日曜日、ダウンタウンの劇場で内輪の上映会が開かれました。これにはわくわく致しました。たくさんの友人が子供たちを連れて来ました。子供たちの反応が楽しみでした。年のいかない子たちは、とても怖がり、わけがわからないようで、少し上の子たちは、気のない様子でした。

上映後、私たちは、息子の家で食事会を開きました。コギー犬のエレナはそれはそれはとてもお行儀よくしていましたが、鈴木敏夫さんは芝生で逆立ちをしていました。

私は帰り際、宮崎吾朗監督から「映画はお気に召しましたか?」と尋ねられました。これは、その状況にあっては、答えるに易しい質問ではありませんでした。お答えしたのは、「えぇ。私の本ではなく、あなたの映画です。よかったですよ」ということでした。

私が申し上げたのは、彼にであって、周囲にも何人かの方がいただけでした。それ以外の方に向けて申し上げたつもりはありません。
個人的質問に対する個人的返答を公のものにしてほしくはありませんでした。
私がここでその話をするのは、吾朗氏が自身のブログでこのことを取り上げているからなのです。(グワ注: そのブログ記事はここ)

ということで、物事は常に、15分は公になるものだと心得た上で、私がこの映画に抱いた第一印象を、述べさせていただきます。
(グワ注: 何が15分なのかというと、これはポップアートの画家のアンディー・ウォーホルの言葉をもじったもの。
In the future, everyone will be world-famous for 15 minutes. 将来、誰でも15分間は世界的に有名になるだろう。
In 15 minutes everybody will be famous. 15分の間なら誰もが有名になる。
これは、メディアの報道のことを言ってるそうで、当時は放送されてる間だけでよかったけれど、今はネットで公開されると四六時中人目にさらされることになるね)


大部分は美しかったです。ずいぶんとカットされた部分はありました。これは急ごしらえのアニメです。「トトロ」にあるようなきめ細かさ、「千と千尋の神隠し」の持つ強烈で目映く手の込んだ造形はありませんでした。比喩的な表現の効果はありましたが、月並みな部分も多々ありました。

大部分は刺激的でした。その刺激は、暴力によって保たれたもので、原作の精神にひどく反するものとなっています。

思うに、大半は、支離滅裂でした。そう感じたのは、私が映画に自分の作品を見出し、筋を追おうとしていたからなのでしょう。なのに観ていたのは、私の本に出てくる人々と同じ名前でありながら、気性も、過去も、運命も異なった混乱した役柄による、全く違う話だったのです。

言うまでもなく、映画は、小説を正確になぞらなくともよいのです。別の芸術であり、その表現形式は全く違います。大きな変更があってよいのです。
しかし、40年に渡り出版されてきた本と同じタイトルで、それに基づいて映画化したとされるからには、登場人物や全体的な話の流れがある程度は変わらないと思うのは、当然のことでしょう。

アメリカと日本の映画製作者にとっては、この物語は、名前やいくつかの着想を掘り起こすためのただの元ネタでしかなく、彼らはそれを、文脈とは関係なく細切れにし、全く異なる筋の話に置き換え、一貫性のないものにしてしまいました。原作だけでなく、その読者に対しても何と失礼なことか、驚くばかりです。

この映画のメッセージは、少しぞんざいに扱われているように思えます。生と死、均衡その他について原作からそのまま引用したものが度々出てくるのに、それに対し原作でのように人格や行動が伴なっていないないからです。

どんなに好意的に見ても、そういったものは物話にも登場人物にも含まれてはいません。実(じつ)がなく、説教臭いものになっています。
アースシーの物語の初めの3冊には少々教訓めいたものがありますが、私はこのように露骨に表したつもりはありません。

物語の道徳観は、この映画で混乱したものになってしまいました。例えば、映画でアレンが父を殺すのは、動機もなく勝手な行動です。暗い影、つまりもう一人の自分によって犯したことという説明がありますが、納得出来ません。
なぜあの子は2つに分かれてしまったのか?その答えへの手がかりはありません。

これは「影との戦い」から採ったのでしょうが、原作では、ゲドがどのようにして、そしてなぜ影に追われることになったのかわかりますし、その結末で、その影が何者だったのかもわかります。我々の中にある闇は、魔法の剣を振るっても断ち切ることは出来ません。

でも、この映画では、悪は悪役のクモとして安直に描かれ、ただ単に彼が殺されることで、全て片が付いてしまいます。

現代ファンタジーでは(文芸でも、官的なものでも)、いわゆる善と悪の戦いにおけるお決まりの解決法は、人々を殺すことです。私の物語は、そのような戦いを核としたものではなく、安易な形にした問題への安易な答えもありません。

私のアースシーにいる竜は、もっと美しいはずですが、しかし吾朗さんの竜が翼を折り畳む仕草はとても素敵でした。彼が想像する動物たちには優しさがあります。馬となっているラマの耳の表情が豊かで好きです。

耕し、水を汲み、動物たちを小屋へ入れるところ、といったような部分は、土と結びついた、名ばかりではない穏やかさを映画に加えてくれています。対立と戦闘が繰り返される中、それは思慮深い、一息つける部分になったと思います。少なくとも、そういったものには、私は私のアースシーを垣間見ることが出来ました。



肌の色のこと

アースシーの物語で、私が、ほとんどの人々を有色人種に、白人は辺境の後進的な人々として描いたのには、意味があります。それは言うまでもなく、徳育的な意図で、アメリカや欧州の若い読者が念頭にありました。

ヨーロッパでは伝統的に、ファンタジーのヒーローは白人であるのが当たり前でした。1968年には、それがほぼ一般的だったのです。
(グワ注: ゲド一作目、「影との戦い」は68年刊行)

有色人種ということは、大抵、悪役ということでした。作家は、単に先入観をひっくり返すことだけで、偏見を砕くことが出来るのです。

米国のテレビ版を作った人々は、人種的偏見はないと胸を張っていたにも関わらず、アースシーの有色人種を、1人と半分にしてしまいました。
(グワ注: 1人とは、オジオン役のダニー・グローバーのこと。半分というのは、白人以外の血を継いでいる誰かがいたんだろう。この辺の事情はよくわからない)
彼らがアースシーを白人化したことを私は非難しました。容認することは出来ません。

この点、日本では事情が違います。日本で人種問題がどのようなものか、ほとんど知らないので、あれこれ述べることは出来ませんが、アニメは、こういったジャンルにおけるほぼ変えられないお約束にもろに染まってしまっています。つまり、アニメの中の人物は大抵、欧米人の目には、白人に見えるのです。

でも日本人にはそう受け取られるわけではないと聞きました。日本人は、このゲドを、私が観ているよりも浅黒く受け取るのだと。そうであることを願います。
登場人物の大半は、私には白人に見えますが、少なくとも黄褐色やベージュなど、ふさわしい色の濃淡がありました。テナーの金髪碧眼はあれでいいのです。彼女はカルガド諸島出身の少数民族なのですから。




アメリカでゲド戦記が観られるのはいつ?

テレビの契約権利問題が切れてから、2009年以降になります。あぁ、邪魔をするものがいろいろとあること!
(グワ注: 原文は、There are dogs in the manger. 飼い葉桶にいる犬。a dog in the mangerは、イソップのお話で、自分は干し草なんか欲しくないのに、飼い葉桶に入り込んで、牛さんに食べさせなかった犬のこと。自分で欲しいわけでも必要なわけでもないのに、他人に使わせないで独占する利己的な人のことを言う。ここでは、dogsと複数になっているのが何とも・・・(^^;;)



もう一言

私たちが観せていただいたのは、吹き替えではなく、字幕版でした。スタジオジブリは素敵な吹き替えをなさいますが、今回、日本語音声を聞けたのは嬉しいことでした。
ゲドの暖かい、重みのある声は、とりわけ見事でした。テルーの可愛らしい歌声は、吹き替え版でもオリジナルのままにしておいてほしいと思います。






公式なコメントとして、これだけ書くというのは、相当ご機嫌ナナメであろうと推察出来る。かなり「大人」の書き方になってるけどさ。だから余計にこわかったりして。(^^;;) 押さえてこれだからねぇ。本心はいかほどだろう。

その、翼をたたむところがよかった、って褒めてくれているところは、グワも思った。へー、そうやってたたむんだなぁ、って。たしかにnobleだった。
あのゲドは白人には見えないよね。全然。ジブリのキャラはいつも無国籍風で、でも大抵の作品では、グワの目には、人種的にはモンゴロイド系に見える。

テナーは金髪でいいって書いてくれてるけど、テナーの髪はほんとは黒いんです。でもあそこで目立たせるには金髪の方がわかりやすいんだろう。でもやっぱりテナーは黒髪だ!!髪の色ってのはねぇ、大事なんだから。

このル=グウィン公式サイトは、世界中の人が見ている。そして新たにアップされたこのページは、かなり多くの人が読んでいるに違いない。
日本人、そしてジブリは不誠実、という印象を与えるだろう。
こんなページを原作者に書かせてしまったことは、悲しい限りと思う。

どう思ったかと訊かれて、答えたという、
"It is not my book. It is your movie. It is a good movie." っていうのは、
ひとつの映画としては、よろしいのではないですか、ってことだよね。
でも私の書いた話とは関係ありませんよ、そちらサイドのみの作品ですよ、って感じ。
よくなかったって言えなくて、いろんな映画があるから、こういうのもあるのね、いいんじゃない?って答え方にしただけ。
それを good movie と誉めてくれたとブログで公開したのがまずかった。

どういう制作方針で、誰がちゃんと責任持つのか、もっと細かくがっちりと決めておくべきだったんじゃないのかな。難しいもんだねぇ。

一巻と二巻の間にある10年から15年の期間を自由に使っていいよ、と言ったそうだけど、それも難しいと思う。原作ファンは、みんなそれぞれのゲド像を持っている。観客は、本には書いていなくても、自分が漠然と感じていたものと違う雰囲気のものを見せられれば、納得できない、腑に落ちない、そして文句を言いたくなる。きっと、ル=グウィンさん自身もそうなったと思う。しかし原作者は、宮崎駿ならば、自分の描いた世界の空白を埋めて、物語を飛躍させてくれるのではないかと期待したのだろう。

TVドラマ版といい、ジブリ版といい、どこかで歯車が狂って、うまく進まなかったんだと思う。
世の中、放っておいても、するするとうまく行くこともある。気を揉まずとも、あれよあれよとうまく進んで、思ってもいない素晴らしい結果につながることもある。
アースシー、ゲドのいる世界は、なかなかうまいこと映像化につながらないらしい。

でも、原作は何も傷ついてはいない。本を開けば、力のあるアースシーがある。あの世界は何も変わっちゃいないもん。大丈夫。

いつか、本当に素晴らしいゲドやアレンや竜たちにスクリーンで会えますように。

わんこのエレナちゃんに会ってみたいな〜 知らないお客さんたちが来てもキチンとしていられるなんて、すごーくお利口さんなんだね。えらいなぁ。

教訓: 初めてのお宅で、しかも仕事絡みでお邪魔して、調子こんで逆立ちなどしてはいけません。あぁ。



戻る