J.R.R.TOLKIEN
A Film Portrait of J.R.R.Tolkien
ザ・ロード・オブ・ザ・リング を創った男
トールキン協会公認DVD。
これは非常に貴重な内容です。
トールキン教授の映像、語りも入ってます。
何より素晴らしいのは、三男のクリストファーさんが父上のことを詳しく詳しく語ってくれるのです。変なガイド本を10冊よむより、これを見た方が1000倍はいいです。

トールキンがいかに木を愛し丘を愛し子供たちを愛していたか。そして世の中が自然を忘れ機械化に走っていることを憂慮していたか。大戦で辛い思いをし、けれどその間も原稿を書き続け、心の中の世界を発展させていたトールキン。
指輪とは何だったのか。恐怖も存在するトールキンの第二世界は単なる逃避の場所ではないということ。そうです、ミドルアースは理想世界とは違うのです。ユートピアではない。

・・・などなど、彼の描いた壮大な第二世界について、クリストファーさんをはじめ、さまざまな方が語ってくれます。長男のジョン神父、クリストファーさんの奥さま、そしてデンマーク女王のマルガレーテ二世まで登場。リーズ大学のシッピー教授もいろいろ喋ってくれます。

グワが大好きな「サンタクロースからの手紙」について結構時間をかけているのが嬉しかったです。

指輪物語は、人格を形成する本だそうです。うん、そうだ。
ガンダルフが指輪を持つと、えらいことになるそうです。トールキン先生がそう言ったそうです。
クリストファーさんがパイプを手にしていじっているのが何だか可笑しい。お父さまとそっくりで。

トールキンや周りの人々の持つ計り知れない知識量と、世界と人間という存在に対する深い考察のレベルは、遥か彼方、すんごい高み。
これは、えっちらおっちらとマイペースで後を辿ってついて行くしかありません。絶対追いつけない・・・

これを見て、益々読者数が増加してゆく中、トールキンワールドに浸ることで現実の第一世界がより豊かになり、人生がより輝かしく見え、生き生きと進む力を得ている人たちが数多くいること、その素晴らしさとトールキン先生への感謝でいっぱいになりました。

登場している方々のお話は、深い言葉ばかりなので、グワは一度見ただけでは全部消化できませんでした。(^^;)  みんなも何度も見てみてね。
指輪やシルマリルを読むときも、印象が変わると思うよ。

タイトル、頭に「ザ」がついてる!! リング「ズ」はついてないけど。(^^;)


他のも見る

トップページに戻る