関連書籍、スペシャル版。 
トールキン著の洋書は、複数の出版社から出ててたくさんあってよくわからない状態になってますが、このページはグワイヒアのオススメ洋書です。
お友達への、家族への、そして自分へのプレゼントにピッタリだよ〜☆




Lord of the Rings
Book/Bookends Gift Set


$75.00
指輪物語を一巻に収めたものとブックエンドのセット!

これはファンの必需品♪
ビルボの誕生日のためにガンダルフが久しぶりにホビット庄に来て、杖で丸いドアを叩くところ♪
ガンダルフとビルボが扉の両側に♪

ちょっと高めだけどね。でも、その価値は充分ありますよ。
これは買っても後悔しないと思います。
limited-edition だそうだから、たぶんいつまでもはないんでしょう。欲しい人はぜひどうぞ。
ブックエンドは映画のセットや武器やその他もろもろを手がけたWeta製です。
なかなか精巧な作りです。

映画第一部のSEEのギフトセットについてたアルゴナスのブックエンドは不安定でイマイチ実用的ではなかったけど、これはどっしりしてるから背の高い本でも大丈夫。
本なしで、両側くっつけて置いてもいいけどね。

このシーンから全ては始まったのでした。ガンダルフがこの日来なかったら、指輪をビルボは手放さなかったし、ガンダルフも指輪がおかしいと確信することもなかったし、フロドが指輪を持って旅に出ることもなかった・・・
だからお手持ちの指輪関係の本は、どうぞこのブックエンドの間に並べて、うひうひとニヤけつつ眺めてください。

セットの本は、指輪全編が一冊になってますが、持って読めないほど重くはないんで、取りあえず家で読むには実用的です。


では、買っちゃおうかな〜、と思って、詳細は届いてから見たいという人は、以下は見てはいけません。
写真バシバシ撮りました。こんな感じ〜♪

  ↓

  こんな感じ

  ↓

  こんな感じ

  ↓

  こんな感じ

  ↓

  こんな感じ

  ↓

  こんな感じ
  
  ↓

  こんな感じ

  ↓

  こんな感じ

  ↓
箱を上から見たところ。
真ん中にある本は、実際のデザインとは違います。
ブックエンドの裏
外。ガン爺。
中。ビルボ


中。いい具合に散らかってます。
ビルボの足にもご注目。
扉の外。

扉の内。


本のカバー。エレスサール王もいらっしゃいます。
これはデザイン変更あるかもしれません。
2003年発売のときはこうでした。


カバーを取るとこんな感じ。シックですねぇ。
カバーの内側は地図。

で、うひうひと並べてみると、こんな感じ♪
一番右のがセットの本。白いのが文庫です。大きさわかるよね。


他の本を見る

トップページへ戻る