指輪の旅より前のお話です。 それと、決定稿に入らなかった原稿の一部です。
これがわかってると、指輪物語を読むときにも全然違いますよ。

シルマリルは、神話です。一番ややこしいです。
ホビットの冒険は児童書です。でも大人が読んでもほんとに面白い! というか、大人が読んだ方が面白い! 
終わらざりし物語は、書きかけの原稿の山です。

物語の進む年代的には、シルマリル→ホビットの冒険→指輪物語、となります。
難しさは、簡単な方から、ホビットの冒険→指輪物語→シルマリル、となります。
ホビットの訳本についてはこちら
岩波か、原書房か、どっちで読むか、どっちも読むか、さぁどうする?

原書房版は新版になってずいぶん変わりました。読みやすくなってます。
訳の正確さからいうと、原書房版の方がオススメです。長年読まれてる岩波も貴重です。


ホビットの冒険
J.R.R.トールキン著 瀬田貞二 訳
ビルボの大冒険! ガンダルフとドワーフ達にひっは引っぱり出され、向かうは竜の山! そしてあの指輪がビルボの手に・・・


これはハードカバー こちらは手軽な2分冊
ホビットの冒険 改版
岩波書店
ホビットの冒険〈上〉
岩波少年文庫
ホビットの冒険〈下〉
岩波少年文庫
ホビットの冒険 オリジナル版 ホビットの冒険 (下)
ホビットの冒険
オリジナル版
ホビットの冒険 (上)
物語コレクション版
ホビットの冒険 (下)
物語コレクション版

評論社の指輪物語と同じ瀬田貞二さんの訳です。なかなかいい味わいの訳で、児童書としても優れています。昔風の雰囲気がよく出ていて、それでいてすんなりと頭と心に入ります。同じ訳者ということで、評論社の指輪と比べても違和感もありません。

しかし、誤訳はいろいろあります。かなりの量です。まだ原書で読めない小学生、中学生のみんなは、原書で読めるようになるのを楽しみにお勉強しよう。(^^)

グワイヒアの持ってるのは、左上の緑のやつ。絵は寺島竜一さん。
これは、初版の頃から装丁は変わっていない。ただゴラムの絵が昔のは今のとはかなり違った。笑えます。

その下のオリジナル版っていうのは、トールキンの絵を使ったものです。トールキンの挿絵、いいからねぇ♪ ただ、そのオリジナル版ってのは、本文が横組みで・・・横かいっ!岩波さーん、物語を読むのは縦の方が・・・
まー、事情はわからなくもない。縦書きにするとなると、表紙が問題だ。画像処理して反転させない限り、お日さまが後ろ側になってしまう。オリジナルのままだと夜で竜が飛んでる後ろ側が前になっちゃうし、やっぱり表は光の側の絵にした方がいいだろうし。
トールキンは、逆向きにめくる本のことは考えてなかったらしい。想定外ってやつかな。
下の右側のオレンジの表紙のは、大人向けってことで、挿絵はないそうです。

地図やオリジナル表紙に使われているルーン文字についてはこちら
   

さて、次のも上と同じお話です。訳者が違います。岩波とはだいぶ雰囲気違います。

誤訳の心配はほぼありません。そういう点ではオススメです。

そして、資料としてもオススメです。各国のこの本の挿絵がたくさん紹介されています。お国柄が出ていて面白いよ。これは詳しい注釈本なのです。

新版が出て読みやすく、わかりやすくなりました。サーラバイは健在だけど、まぁよしとしよう。
間違いで話がおかしくなっていないホビット読みたい人はこちら。


新版 ホビット: ゆきてかえりし物語 第四版・注釈版


文庫





下のは懐かしい旧版で、訳はナンタルチア版とも呼ばれてました。なかなか読みにくい。これを読破するのは相当な根性が要ります。

それからこの訳書は、下の原書が改版になる前のものだから、内容は今売ってる原書よりも少ないです。
ホビット―ゆきてかえりし物語 原書房 
山本史郎 訳


注釈本の原書はこちら
The Annotated Hobbit: The Hobbit, Or, There and Back Again   
左がHoughton Mifflin、右がHarperCollins。
これは、注釈つきホビットとして有名で、トールキンが出版後にも何度かホビットを書き直した経過も載っていて、初版からの変遷を知ることが出来ます。
それから、原書は第2版になっていて、エレボールへの遠征も追加になってます。エレボールの遠征は、いくつか原稿があって、UTにも載ってるんだけど、その中の1つのバージョンがこのホビットに入ってます。そして、UTでカットになってた文もカットなしで載ってます。カットになってたとこってのは、UTの和訳本下巻95ページの「この後、メリアドクが質問をする」っていうところで、その後のやり取りが載ってます。

この注釈つき本は、何せ途中にいろいろ解説が載ってて、挿絵も各国さまざまなのが混在し、ひとつの物語として没頭して読むには、向かないのかもしれません。
でもホビットを深く知るには、必須本です。

原書は、本文の横に注釈があり、訳書は、注は最後にまとめてあります。どっちがいいかは・・・どっちもどっちかな。近くに書いてあればすぐ読めるけど、見た目がうるさいし。最後にあると、いちいち終わりの方を探さなきゃならないのは不便だけど、本文を読む際にはうるさくないしね。


さて、2種類の訳書、一体、どう違うのか? じゃ、ちょっと比べてみましょう。
瀬田貞二さん訳 山本史郎さん訳 旧版 山本史郎さん訳 新版
ドワーフたちからビルボへの伝言 トーリンとその仲間が、つつしんで忍びの者ビルボどのに申し上げます。あなたのおもてなしに心からのお礼をのべるとともに、その腕前を役立てようというあなたの申し込みをよろこんでおうけいたします。よって、とりきめは--
全利益金(いかほどであろうとも)の十四分の一を、耳をそろえて現金にておはらいする。
ソーリンの仲間より、押入ビルボ殿へ。貴殿の歓待には衷心よりの感謝を申し上げます。また、プロとしての技能提供のお申し出、ありがたくお受けいたします。条件は以下のごとくです。
報酬=(黒字のばあい)利益総額の十四分の一を限度としてそれを越えぬ額を、現金払いにて。
トリンと仲間より、押入のビルボ殿へ。貴殿の歓待にこころよりの感謝とお礼を申し上げます。またプロフェッショナルとしての技能提供のお申し出、ありがたくお受けいたします。条件は以下のごとくです。
報酬-(黒字のばあい)利益総額の十四分の一を限度とし、それを超えぬ額を代金引換払いにて。
迷子になったビルボのセリフ わたしはビルボ・バギンズです。ドワーフたちにはぐれてしまいました。魔法使いにもはぐれてしまいました。ここはどこなんでしょう? いや、それよりも、どうしたら、ここから出られるでしょうか? 私はビルボ・バギンズだ。矮人たちにはぐれ、魔法使いにもはぐれ、いま自分がどこにいるのかも分からない。ここから出られさえするなら、ここがどこなのか、知りたくもない。 わたしはビルボ・バギンズと申す者だ。ドワーフたちとはぐれ、魔法使いともはぐれ、いま自分がどこにいるのかさえ分からない。だが、ここから出られりゃそれでいい。ここがどこかなんて、知りたくもない。


ま、こんな感じです・・・ どれが読みやすい日本語か?
読むなら岩波、資料としては原書房、というのが一般的傾向です。

原書房のは嫌われる傾向にありますが、岩波のは一見良く見えて実は間違いがいろいろあるということで、どっちが上とは言い切れません。

押入ねぇ・・・ ふとんをしまうんじゃないんだからさ。押し入る、ってことを言いたいのはわかるけど。それなら、押し込みってことで、押込にした方がよかったと思うな。それでもよくわかんないけど。
瀬田訳の忍びの者は上手い。でも、忍びだと、後で訳が困るところが出てくるんだよねぇ。
「これで本当に忍びの者になってしまった!」ってのがさ。意味不明になるから瀬田さんは仕方なく、そこだけどろぼうにしてるけどね。でもそこだけ変えては、せっかくのセリフが生きない。

これは訳すの難しい・・・
押入と忍びの者、これはどちらが優れている、ってわけでもないようです。

原書房のは、新訳は、だいぶ日本語がこなれた方向に向かってる感じ。さんざん叩かれたからねぇ。

この2種類の訳本について、詳しくはこちら。どっちもどっち。要するに、両方読んでみるのがいいと思います。

それから、岩波と原書房のは、元としている原書のEditionが違います。だから元々の文が違う個所もあるので、当然その部分の訳は異なります。
やっぱファンとしては、両方要るかなぁ。

原書もいいよ。っていうか、原書がいいよ。
この本は面白いんです。指輪より面白い。すっごく楽しく書いてある。
ただ、訳本では、その面白さはなかなか伝わっていない。
瀬田訳ではそういう面が足りない。違うテイストになってしまっている。
山本訳では、面白さを伝えようとしているんだけど、なんかちょっと奇妙なテイストになっていて、読者になかなか伝わらない。ときどき不思議な日本語が入ってて、ひんしゅくとなる。

原書は、訳本読んで話の流れがわかってれば、途中でわけわかんなくなる心配もないしね。じゃあ読んでみよう、って人は、原書はこちら


 

絵つきホビット

David Wenzelさんの楽しい絵でマンガ形式になってる本です。ガンダルフもドワーフもイメージ通り、服の接ぎ当てもそのまま石になってるトロル、裂け谷のエルフと闇の森のエルフは顔つきが違い、山のオークは何となく恐竜系、ちゃんと鷲族も飛び、一通りホビットの旅を追うことが出来ます。文句を言うとすれば、スマウグのエスガロスのシーンは見開きで2ページにするべきだな〜、ディヴィッドさんよ!
自分の頭の中で展開する光景の方がいいと言えばいいけど、こういうのもありか、という発見もあって面白いよ。読み始めると楽しくて、時間を忘れてしまいます。
ちょっと字は小さいけど、四角の枠に説明書きが、そして吹き出しでそれぞれのセリフがたくさん入ってます。
The Hobbit: An Illustrated Edition of the Fantasy Classic
The Hobbit:
An Illustrated Edition
of the Fantasy Classic

絵物語 ホビット―ゆきてかえりし物語
絵物語 ホビット
ゆきてかえりし物語

こちらは原書。表紙を描いてるのは中身と違ってDonato Giancolaさん。ガンダルフがカッチョいい。ビルボの若いこと。ドワーフたちも立派です。何となくPJに似てたり・・・  訳書は原書房。あぁ。
これがもっと読みやすい日本語なら、もっと、ずーっと楽しかったのになぁ。ま、訳本がないよりはいいか。
訳者は同じ山本さんだけど、吹き出しに納めるためか、上の普通の本とは訳が違うところもあります。一番最後のビルボのセリフも変えてある。
ナンタルチアはそのまんま。(爆)

本の大きさはほぼ同じ。紙質は違う。原書の方が艶のある紙を使ってるので、発色もきれいで、絵がハッキリしています。
ホビットを普通に読んだことがあれば、何をしてるシーンがわかるから、全部スラスラ読めなくても原書の方がいいかもです。セリフのところだけでもちょっとわかれば充分面白いよ。訳書だと訳の問題があって、却って読みづらいかも。
中身はこんな感じ。楽しい本です。







シルマリルの物語
J.R.R.トールキン著  田中明子 訳  評論社

次は、シルマリルの物語。
トールキンの素晴らしい神話の世界です。ホビットの冒険も指輪物語も、全ての源はこのシルマリルリオン。これを制覇すれば、ガンダルフやアラゴルンやエルフたち、そしてサウロンがどんな存在なのかが、ふかーくふかーく判ります。

あぁ、ベレンよ、ルシアンよ、ラウレリンよ、テルペリオンよ、ソロンドールよ・・・ 
この本は、本なのですが、中身は大宇宙です。壮大な神話であり、太古の歴史書なのです。これがしみじみ心に染み込んでから指輪を読み返すと、知らなかったときとは全てが変わります。風景も皆の顔もセリフも吹き渡る風も、全てが違って見えるようになる。
指輪とホビットを読んだら、シルマリルもぜひ、騙されたと思って読みましょう。
はじめはノートでもとらないとわからなくなるけどね。 誰が誰やら、何がどうなってるのやら・・・ 
図書館で借りても期限までに読んで尚かつ理解するのはちょっと苦しいかと・・・ ぜひ手元に置いて、何回も読んでね。


シルマリルの物語 新版
¥3,500
↑新訳出ました!
固有名詞の発音などがいろいろ直されています。トールキンの手紙もちょっと収録。
一冊にまとまって、お値段も旧訳よりお買い得♪ でも重い。(^^;) 読むときのことを考えると、上下巻に分けてくれた方が持つのが楽だな。

表紙の絵はウルモさんです。ウルモさんとはどなた?という人は読みましょう。

改行がかなり多くなって読みやすくなってます。字も少し大きくなって、ふりがながついてるところが増えてます。漢字だったところが平仮名に変わったところもあります。
読点も結構増やされていますが、これは却って読みづらくなったような気もします。切りすぎてもねぇ・・・いちいち流れが止まっちゃって。

各ページの上に章名がついてるから今どこにいるのかがわかるし、後でいろいろ探すときに便利。旧版は書いてなかったから。

固有名詞の書き方は、旧訳より読みやすくなったものと、違和感があるものと、いろいろです。旧訳を読んでなければ、これでいいんでしょうけど。
旧訳に馴染んでる人は、新版に慣れるまでちょっと大変かな。

巻末の索引も、字の組み方が変わって見やすくなりました。第3回プレゼントクイズで使った間違いはちゃんと直ってます。(^^) よかったよかった。

下のは旧訳。もう重版はしないでしょうから、欲しい人は買えるうちに買っておいた方がいいよ。指輪も旧訳は貴重なものとなってるからね。旧訳は旧訳で味わい深いのです。

シルマリルの物語〈上〉
\2800
シルマリルの物語〈下〉
\2000


終わらざりし物語
J.R.R.トールキン著 クリストファー・トールキン編
 山下なるや訳  河出書房新社

Unfinished Tales です。
長年、UTと呼ばれてましたが遂に訳本が出ました。

何が「終わらない」のかと言うと、要するに未完の原稿の束なわけです。
トールキンはああでもないこうでもないといろいろ書いて、決定稿になるまでにかなりの量の文章を残しています。

この本は、シルマリルや指輪やホビットの異稿集であり、付け足しでもあり、えっ、そうだったの集でもあり、えっ、ちがうんじゃないの集でもあります。

シルマリルもトールキンの没後にクリストファーさんがまとめたものですが、あれは一応筋が通るようになってます。でもこちらは平気で筋が通らなかったり何か話が違ったり、いろいろです。

中つ国の歴史が伝わったらこうなるのは当たり前の話で、さまざまな歴史書があっていいのです。
いきなり途中から話が始まって途中で終わっちゃったり、中が抜けてて話が飛んだり、でもそれしか伝わってないんだから、歴史というのは面白いものなのです。

とにかくシルマリル、指輪、ホビットに入りきらなかったシーンが読めるのがすんごく魅力的。
ガラドリエルとケレボルンのこともかなり長く載ってるし、ビルボをはなれ山への旅に引っぱり出す前のガンダルフの様子も生き生きと描かれてるし、映画でもセリフのなかったセオドレドの声を聞くことも出来る。

父上の原稿に息子のクリストファーさんがたくさん解説というか注釈を入れてます。だからこれはお二人の合作だね。

普通の物語なら、こうして書きかけで決定稿にならなかったものが本になることはまれだと思います。
これが出版以来ずっと読まれ続けて、和訳も出たことで日本でも読者が増える、ということは、ミドルアースがいかに多くの人たちに愛されているか、そしてミドルアースの出来事はもう歴史そのものになっている、ということでしょう。
言い伝えや史料の切れ端がたくさん残されているってことが、ごく自然に感じられるわけ。

言い伝えの断片を読んで楽しむ。 全部通して書いてあるのももちろん素晴らしいけれど、切れ端を読むということは、その前後の日々の出来事や人々の声や情景が限りなく心の中で広がるということです。

だから決定稿よりも奥が深いのかもしれません。
こんなことがあったんだよ・・・  あのとき彼はこう言ったんだよ・・・ へぇ、でも僕が聞いたのはそうじゃなくてこうだったよ・・・ じゃあ、その後みんなはどうしたんだろう・・・ 
っていうような、単なるお話ではない、ミドルアースの息吹が感じられるのです。

トールキンファンにとっては宝物の本です。


原書はこちら
Unfinished Tales



↓  訳本  ↓
cover cover
終わらざりし物語 上
\2800
終わらざりし物語 下
\2600




他の本を見る

トップページへ戻る