ワークのこたえ♪だよーん。


第1問

えーと、一番正答率が低かったのは、この1問目。(^^;;)
ううむ、これって、わかってない人が多いんだな、というのがわかった。

答えは4番! 婚約の際、アラゴルンはアルウェンに、ちゃんと指輪を渡してたのでした。

えぇ、いただきましたわ、あなた。石の色はですわ。 ・・・となる。


が、1の「貰ってないわよっっ!!」にしちゃった人が半分近く。あれま。
あちこち探して、見つからなくて、どこにも書いてないから、1だろうと。

だからさぁ、原作で、って書いといたじゃん。映画では指輪をあげたりしなかった。それで「原作」って断り書きがあるってことは、1じゃないわけだ。

追補編の年表に載ってるよ。(え゛ー!!年表゛っ?!!って声が聞こえるような・・・ ^^;;)


映画でビシバシ映ってるからね。知らないと、まさかあれだとは気がつかない。
あれって、あれですよ。 詳しくはこちら

ティファニーにした人、いなかったなぁ。つまんない。

正解率、54.8%。



第2問

虫さんの名前がついてるのは、ウィルワリン。蝶々のこと。
ウィルワリンはシルマリルに出てくる。意味は、シルマリルの索引に載ってる。シルマリルの索引は、原書についてるやつの訳だから、信用してオッケー。

単数は wilwarin で、複数はwilwarindi となる。wil は、空中を漂う、飛ぶこと。(LR398。持ってる人は見てみよう)

これはチョウチョの形からいっても、ウィルワリンの初めのWの字からいっても、トールキンはカシオペア座のつもりだったのではないかと言われている。テングワールではWって書くわけじゃないけどね。

これは正解率100%!



第3問

トムの家の横には豆の畑があって、花の色は赤。
豆っていろんな種類があるからね。どんな豆かな。
昔の種類のって、皮がかたくて鞘ごと食べれなかったりする。ツタンカーメンの豆って知ってる?紫色なの。わぁ♪古代エジプトだぁぁ!!って色。鞘も紫で、煮ると煮汁がすごい赤になる。種のまんまで何千年も生きてたんだよね。すごいよね。トムの豆も発見されたらいいのにな。

これも正解率100%!



第4問

計算、楽しかったでしょ?(^^)

ビルボの旅の一行中のドワーフは  13人 トーリン、ドワーリン、バーリン、キーリ、フィーリ、ドーリ、ノーリ、オーリ、オイン、グローイン、ビフール、ボフール、ボンブール。
エルロンドの子供は   3人 エルロヒア、エルラダン、アルウェン。
シーロブちゃんの脚は   8本 これは書いてないんだけど。(^^;;) ま、クモ形だそうだから、8本だろう。
÷ ナズグルさんは   9人 9人いれば野球のチームが出来る!ピッチャーは誰?やっぱ魔王さま?
映画、グワが監督だったら、特典映像は、ナズグルチームと旅の仲間チームの試合にするな。あの真っ黒いのを着てボールを追っかけるの、かわいいかも。
オルサンクの塔入り口の階段は  27段 二つの塔第10章、サルマンの声に出てくる。
映画じゃ、やけに段々が多かった。
サムの子供は  13人 うわ、子沢山・・・! 野球のチームどころじゃない、サッカーのチームが出来る。
家系図に載ってる中では、一番多い。サム、すごいな〜
角笛城でレゴラスが討った敵の数は  41人 二つの塔第8章、アイゼンガルドへの道のところ、ギムリが42で、レゴラスより1つ多い。ってことは、レゴラスは41。
映画じゃ微妙に多かった。43って言うレゴラス可愛い。原作じゃあ、レゴラスは優等生的答え方で、そりゃエルフらしくていいけど、あのまま映画にしたら面白くないからね。
× ゴンドール〜ローハン間の烽火山の数は   7ヶ所 王の帰還第1章、ミナス・ティリスの初めの方、ガンダルフが全部言ってくれる。
アモン・ディン、エイレナッハ、ナルドル、エレラス、ミン=リンモン、カレンハド、ハリフィリエン。
÷ パランティアの総数は   7個 二つの塔第11章、パランティアの石の終わりの方でガンダルフがいろいろ説明してくれる。
名前、ついてない。ついてればいいのに。玉太郎、玉二郎、玉之進、玉彦、珠美、珠子、とかさ。オスギリアスにあった大きいのは、そのまま親玉。
ビルボたちを運んだ鷲は  15羽 ホビットの第7章に出てくる。
JRRトールキンの子供の数は   4人 ジョン、マイケル、クリストファ、プリシラ。
ペラルギア〜ハルロンドの距離は  42リーグ 王の帰還第9章、最終戦略会議に出てくる。
セオデンの息子は   1人 セオドレドだけ。
シルマリルは全部で   3個 ひとつは天に、ひとつは地に、ひとつは海に。
旅の仲間第11章、闇夜の短剣で馳夫さんがちらっと言ってくれるけど、詳しくはシルマリルの物語をどうぞ。
× グワイヒアの鼻の穴は   2つ なぜか、本文にもどこにも書いていない。どうしてだろう。(爆) 鼻の穴って大事なのにな〜
÷ ブランディ館の窓の数は 100 原文では、about 百!になっている。大体百。邦訳ではそのまま百。

 =1っ!!

キリよく、1でした。(^^)

知らないやつは、書いてあるところ探すのが大変かもね。


正解率、87%。
途中をちらちら間違えた人が若干名、最後の1が合ってたのに、なぜか途中が違った人もいた。惜しい!



そして第5問

グワイヒアのおうちは、「霧ふり山脈」にあるのでした!!! 知ってた?

これもなんと、正解率100%! すごい。みんな優秀優秀。 ヽ(^o^)/



赤点、いなかった。えらい! 平均点、88点!

参加してくれたみんな、どうもありがとう。(^^)


成績優秀、バッチシだった皆さまは