はい、答え。

大ガラスのロアークって、誰さ???と思った人、ホビットを読んでませんね?

ロアークは、The Hobbit、あのビルボの大冒険のお話に出てくる。カラスの族長でエライのだ。

ヨタヨタと飛んできたロアーク爺さん、いろいろ喋る。
瀬田訳では、ロアークの一人称は、やつがれ。 やつがれはどうのこうのでのぉ・・・・と仰る。
やつがれはのぉ、卵から出てきてからのぉ、かれこれ百と三と五十年でござりましてのぉ、それでのぉ、今はへろへろじゃがのぉ、おまけにハゲじゃがのぉ、昔はこれでもモテたんじゃぞ、ほれ、そこのホビットの小僧、聞いとるのか?(←とは言ってない)

卵から出てきて百と三と五十年と仰ってたのは、スマウグ最後の年、五軍の戦いの年。
百と三と五十年・・・要するに153歳。

五軍の戦いがあったのは、追補編の年表によると、第三紀、2941年。

2941−153=2788

ロアークが卵から出てきて、ヨチヨチして、まんまちょうだい、って言ってたのは2788年。

次、ビルボのパパのバンゴが生まれたのは、家系図を見ると、1246年。

1246年?! ロアークは生まれてないじゃないかっっっ!!!とお怒りの皆さん、まぁまぁ。

ホビットの暦は、普通のとちょっとずれてて、シャイア暦元年は第三紀1601年。これは、追補編のCの初めに書いてある。
だから、普通の数字に直すには、1600を足せばいい。
家系図と年表の数字を比べてみると、どれもちゃんと1600ずつずれている。バンゴは年表には出てこないから足し算しなきゃならない。
この1600が、今回のクイズのポイントでした。はい。(^^)

で、だから、バンゴが生まれたのは、1246+1600=2846年。

2846−2788=58。

ロアーク選手は58歳っ!!

はい、よく出来ました! (^o^)

なんでビルボにしなかったかって・・・そりゃ、そうすると年表だけですぐわかっちゃうからさ。ビルボの生年は年表にも載ってるからね。1600足す作業も入れないとつまんないでしょ。
それにビルボが生まれたときはロアークはもう100歳超えてて、いくら大ガラスが長生きとはいえ、オリンピックに出るにはジジイだし。
ロアークから見れば、ビルボなんざ、まだまだヒヨっこなわけですよ。

正解率、77%でした。


あ、ノルディック歩行の金メダルは、大型鳥の部はドードーで、小型鳥の部はニワトリだったそうです。ダチョウは足が長すぎて雪に埋まって不利だったらしいです。え、ドードーは絶滅しただろ、って? だってほら、これは第三紀の話だから。まだいるんですよ。はい。


正解者はこちら

ロアークの名前に関してはこちらにちょっと書いてあります。