はい、答えはA!
あの絵は、北から南、というか、北西から南東、というか、西から東を見ているような感じ。
どっち向きに流れているのでしょう、ってことは、じじいがどっち岸にいるのかがわかればいい。

柳じじいは、Withywindle川の右岸にいるのでした。
右岸、左岸って、下流を見たときにどっちかってことね。

瀬田訳で Withywindle は枝垂川。 これは、ちょっと原語の意味そのままの直訳ではないのだけれど、邦訳本でみんなこれに慣れてるだろうから、ここでは枝垂川として話を進めます。この名前については共通語のところをどうぞ。

さて、クイズの考え方としては、2方向から見ることが出来る。

☆ その1 ☆
まず、フロドたちが森で高台から川の方を見たときのところ。
こっちから考えると、南東とか南西とか方角の記述で頭がぐるぐるしてわからなくなっちゃう人も出てくる。でもここの描写だけわかれば、川に着いた後のことは考えなくてもわかるんだよ。物事は単純に見よう!

☆ その2 ☆
これはカンタン。トムの家から見ると、北だの西だの南だの考えなくてもすぐわかる。
でも、こっちから見て理由を書いた人は誰もいなかった。


どっちにしても、ポイントは、フロドたちはこの枝垂川を渡らなかった、ってことです。途中で他の小さい流れは渡ったけど、枝垂川は、ちょいと飛び越えられるような小川じゃない。渡りましたという記述はない。ボートもないのに渡るのは大変だ。
で、だから、この枝垂川周辺では、フロドたちは一貫して川の同じ側にいるわけだ。柳じじいはホビットたちを眠らせてバチンビシッギギギギベベベベン!ってしてトムに怒られた。映画じゃ、あのシーンはファンゴルンに移されてて、かなり不満だったけどさ。
で、じじいはフロドたちにちょっかいを出したんだから、フロドたちがいたのと同じ側の岸に立っている。
要するに、ホビットたちが川のどっち岸にいたのかがわかればいいのです。


じゃあ、その1から。
フロドたちは古森に入って、うろうろしているうちに高い場所に出る。とりあえず一息!そこでランチ!
そして、周辺の地理の説明がある。頂上に着いたところから、また出発するところまでの描写をまとめると、


・北は街道。
・南は枝垂川渓谷。
・東は塚山。
・西は高垣、ブランディワイン川。

これを単純に描くと→

これがわかってればクイズは楽勝。

で、その枝垂川というのは、メリーの説明によると、「塚山丘陵から出て、南西に流れ、森の真ん中を通り、垣出の下手でブランディワイン川に合流する」んだそうです。だから、上の枝垂川は横まっすぐじゃなくて斜めになる。でもフロドたちの南にあるのは同じ。
メリーはねぇ、この辺、詳しいんだよね。しっかり者だもん。映画じゃわけわかんないままくっついて行っちゃいましたが、本当はメリーが全部支度を・・・ いや、知らない人は読んでください。

で、塚山方面から南西へ。ってことは、東から南西へ。
フロドたちから見て枝垂川は南。南を向いて、東から西へということは、左から右へ。柳じじいはフロドたちのいる側の岸にいるんだから、答えはAの左が上流。ほれ、かんたん。

大ざっぱに、でも上のよりはちゃんと地図を描くと、こんな感じ↓  大体、本文からこういう位置関係はわかる。
本についてる地図にもこの辺りの詳細図がある。古森の西半分くらいまで入ってる。文庫でもついてるよ。見てみてね。


川が斜めに流れて森の真ん中を突っ切るには、森はある程度は南北方向に大きくないといけない。
黄緑のスポットが、フロドたちがお昼を食べた場所。 ね、枝垂川渓谷を眺めると、川は左から右へ。

で、クイズに参加してくれたみんなの大方は、川に着いた後の記述から一生懸命考えた。

じゃあ、そこら辺の経過を見てみよう。
お昼を食べて、出発だ。北へ抜ければ街道に出られるはずだ。しかしそうは問屋がおろさない。なんつったって、古森だもん。うひひひひひ・・・・って木がたくさんいるわけですよ。で、何だかんだいって、じたばたしつつ、右へ右へと全然違う方、南東へ進むハメになる。



・・・ってやってるうちに、どんどん方向が狂って、



  ↑こういうことになる。
南東へ向かうと、そこはますます森の中。

じたばたばたばたしてるうちに細い流れと出会う。で、その小川を辿っていくと、じゃじゃーーん!!ついに Withywindle、枝垂川さんのご登場でございます!



丘の上での話をちゃんと聞いてないと、その小川=枝垂川、とカン違いして、川の向きを逆に考えちゃったりする。そのちっちゃい流れは枝垂川に合流するわけだよ。

で、枝垂川にぶつかったところで左に向かって歩く。途中、細い流れがいくつも北側から枝垂川に流れ込んでいる。

そして、しばらく行ったところで柳じじいに捕まる。つ〜かま〜えたっ!ひひひ

川まで行って、ホビットたちは川沿いに左に進むのだけれど、これは右に進んでも川の流れの向きは同じだから、クイズ的にはどっちでもいい。
どっちにしても、じじいは川の北側にいるわけだ。北側というのは、右岸。

トムの家に向かう途中、川は前方から自分たちの方に流れてくる。お日さまが後ろに沈む。上の図で言えば右、東に向かっているのがわかる。トムの家は古森の東、塚山の丘の下なのだ。


はい、考え方その2の方。
トムの家に泊まって、次の朝、ピピンは窓から外を見る。すると、トムの家の左に川が見える。後ろの丘から流れ出て、森の方へ向かっている。左に川で、こっちが上流で向こうが下流ってことは、トムの家と同じで、柳じじいがいるのも右岸。
これなら、方角を考えなくてもどっち岸だかわかる。




とにかく、トムの家の方が上流だってことだ。塚山の方から流れてきて、ブランディワイン川に合流する。そして、北の方から南へ行って川にぶつかり、川を渡らずに柳じじいに会ったのだから、Aでしかありえない。

トールキンの頭の中では、隅々まで位置関係が確立していた。よくよく読むと、景色がハッキリ見えてくる。
そして、トールキンの物語には地図がついている。だからますます位置関係がよくよくわかる。

しかし、その最終稿に至るまでには、あーでもない、こーでもない、いややっぱりこうした方が、しかし前のも捨てがたいし・・・と、いろいろ紆余曲折があった。

最終稿ではトムの家と川は上の図の位置関係だけれど、草稿では違うのもある。家が川の南側、つまり左岸にあるという設定もあった。
フロドたちは川の左側、つまり右岸を歩いてきて、左に曲がって橋を渡る。っていうのは不可能。でもそう書いたときもあった。
そりゃ無理ですだ、川は右側ですだよトールキンの旦那、ってことで、直して、川の左側を歩いてきて、右に曲がって橋を渡り、トムの家へ、っていうのになった。
その後、橋を渡るのはや〜めた、ってことにしたらしく、橋はなしで、トムの家は右岸になった。

下の地図には、トールキンがトムの家の場所をどーしよっかな、って考えてた跡がある。

本についてる地図だと、歩いた経路まで書いてないから、フロドたちが森の中でどう動いたかは想像するしかない。

でもこれには書いてある。HoMEの6に載ってんの。トールキンがいろんな色で書き込んでたもの。ペーパーバッグだと白黒だけど、ハードカヴァー買うとカラーで載ってるよ。全体図見たい人はおこづかいはたいて買ってください。

ではその一部ですが、ブランディワイン川周辺をどうぞ。何て書いてあるのかわかんなーい!という人は、画像にマウスをのせると何て書いてあるのか出ます。たぶんこれでいいはずです。
The Old Forest とか Buckland は書かなかった。わかるからいいでしょ。他の書いてないやつは読めなかったのさ。(^^;;)



HedgeのHの字の横に赤い点々がある。たぶんそこから森に入ったってことだと思う。
それで、グワが緑の矢印をつけたところがお昼を食べた場所だ。赤い◎が書いてある。サウロンさんのおめめみたい。
そして、そこから、点々がついてる! すごーい♪
フロドたちはこう動いたんだなぁ。北ですよ!え、右ですか?北ですってば!えー、右ですかぁ?ってやってるのがよくわかる。柳じじいは、結構、森の外れにいるらしい。

森を抜けてからの点々は、トムの家に行かずに塚山に向かってる。点々つけた後でトムの家を書き込んだのかもしれない。

そして、そのトムの家は、川の両岸に印がある。クリストファさんは、この地図をいじっていたころに左岸から右岸へ設定変更したのだろうと言っている。

この点々つけたり、川を書いたり、バックランドの中の道を書いたり、トールキンは楽しくて楽しくて、らららのらだったに違いない。シャイア内からトムの家までの物語は、この地図に全て込められている。
これを眺めながら、この辺りのシーンをもう一度読み返してみてください。

ここにいろいろ出てくる地名については共通語のところに、今書いてます。ちょいお待ち。


トムと柳じじいは、トム・ボンバディルの冒険の詩に出てくる。あの詩のじじいは、また少し印象が違う。ちょっと品があるかも。(爆) 1つめだけでなく、2つめの船に乗る詩にも枝垂川周辺がよく描かれている。トールキンは、どんなキャラクターでも、どんなにちょっとした事柄でも、ミドルアースの住民のことを全て愛おしんでいたのがよくわかる。
知らない人は読んでみてね。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


何じゃこの唐揚げは! わしは皮がぶるんぶるんしとるのはキライなんじゃ。肉があんまりついとらんではないか。おい!そこのお前!こっちへ来い! 来い、来い、来い、よしよし、そうじゃそうじゃ・・・・

 ( ふらふらと柳じじいに近づいて眠ってしまうディレクター )

ギギ〜〜・・・バチン!


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


では次の方は・・・ 皆さん、お待ちかねですね? 夜の歌謡ショー、初のご出演です。トム&ゴールドベリ、歌は「森のじいさん」です!!

            

ある日 (ある日) 古森の中 (古森の中) 柳じいさんに (柳じいさんに) 出会った (出会った)
柳の森の道 柳じいさんに 出会った

じいさんの (じいさんの) 言うことにゃ (言うことにゃ) お坊ちゃん (お坊ちゃん) お逃げなさい (お逃げなさい)
スタコラ サッササノサ スタコラ サッササノサ

ところが (ところが) じいさんが (じいさんが) あとから (あとから) ついてくる (ついてくる)
ザザザザザザザザと ザザザザザザザザと

お坊ちゃん (お坊ちゃん) お待ちなさい (お待ちなさい) ちょっと (ちょっと) 落とし物 (落とし物)
金のピカピカの 小さな 指輪です

ところが (ところが) じいさんは (じいさんは) 指輪を枝に (指輪を枝に) 填めちゃって (填めちゃって)
見えなくなっちゃった 見えなくなっちゃった

じいさんよ(じいさんよ) どこにいる (どこにいる) 指輪を (指輪を) 外しなさい (外しなさい)
指輪を外しなさい 指輪を外しなさい

おやこれは (おやこれは) 魔法の指輪 (魔法の指輪) 持ってたら (持ってたら) ゴラムになっちゃう (ゴラムになっちゃう)
そんなのイヤですよ そんなのイヤですよ

おやじいさん(おやじいさん) 要らないの (要らないの) 実は僕も (実は僕も) 要らないの (要らないの)
代わりに捨ててきて 代わりに捨ててきて

代わりにと (代わりにと) 言われても (言われても) 道が (道が) わからない (わからない)
道がわからない 道がわからない

大丈夫 (大丈夫) 東へ行けば (東へ行けば) 素敵なことが (素敵なことが) 待っている (待っている)
ローハンは素晴らしい ゴンドールも素晴らしい

それならば (それならば) 出かけよう (出かけよう) 古森は (古森は) もう飽きた (もう飽きた)
旅行に出かけよう 旅行に出かけよう

あらじいさん (あらじいさん) ありがとう (ありがとう) お礼に (お礼に) 歌いましょう (歌いましょう)
ララララララララ ララララララララ

           

司会者 素晴らしいデュエットでした!! トムさん、これは初めて聴きましが。
トム えぇ、新曲なんですよ。皆さんもぜひ歌ってください。
司会者 はい、ヒットチャート入りは間違いないでしょう!では本日も最後の曲となりました。柳じじいさん、歌は「ヤナギンサンバ」です!!

 ♪         ♪ 

           ♪         ♪ 

           ♪ 

司会者 あれ・・・・? 柳じじいさん? 柳の皆さんはどこ行ったんだい? 柳じじいさーん! 生放送中ですよー!
スタッフ1 柳じじいさんなら、バックダンサーの柳さんたちと一緒に出かけましたけど。
司会者 出かけた?!
スタッフ1 はい、みんなで歌いながら。 指輪を鎖につけて振り回してましたよ。

 (遠くから聞こえてくる歌声)

  おやじいさん(おやじいさん) 要らないの (要らないの) 実は僕も (実は僕も) 要らないの (要らないの)
  代わりに捨ててきて 代わりに捨ててきて♪


   それならば (それならば) 出かけよう (出かけよう) 古森は (古森は) もう飽きた (もう飽きた)
   旅行に出かけよう 旅行に出かけよう♪


司会者 柳じじいさーん!! あなた、木なんですから、滅びの山なんか行って火がついたら大変ですよ〜〜!!!
スタッフ1 消防隊について行かせましょうか。おい、町火消しに電話しろ。
スタッフ2 はい、えーと・・・・ どこの組がいいでしょう?
スタッフ1 サウロンさんのとこに行くんでぃ! め組に決まってんだろーが!!


     さて、ヤナギンじいさんの運命やいかに。


トム あれ・・・ そう言えば、ディレクターさんは?


歌謡ショーの途中ですが、ここで臨時ニュースをお伝えします。先程、エスガロス議会で郵政鳥営化関連法案の採決が行われ、賛成40、反対43の僅差で法案成立は阻止されました。与党から造反者が多数出たことで、政局の混乱が懸念されます。一方、法案成立で仕事が入るのを当てにしていた鷲族は、ボーナス請求がほぼ絶望的となったことで、今夜は焼き肉大会ビール飲み放題で憂さを晴らすとの情報が入っています。こちらに関しては、レポーターが霧ふり山脈に行っておりますので、始まりましたら生中継でお届け致します。
では中継が入るまでの間、コメンテーターのビヨルンさんとお話を進めたいと思います。ビヨルンさん、今回の結果はいかがご覧になりましたか?
あれは我が一族の歌だ!勝手に柳にするとは何事だ!
は? 歌ですか? 
♪あるぅ日、森の中、ってやつだ。
あのー、郵政鳥営化の話なんですけど・・・
鳥なんか知るものか。世の中、熊が第一だ。
はぁ、いえ、その・・・あ、中継がつながったようです。レポーターのボルジャーさん、聞こえますか?
はい、今、び、ビールかけられてまして・・・あー、助けてぇ!


・・・・ってことで、あっちもこっちも大変なんです。あとは、ご自由に想像してください。


正解者の皆さんはこちら