ブリーの小馬亭で、フロドは寝る前に外を見ます。

原作の話だよ。
映画は、すごい雨だったじゃん。あれじゃ外なんか見ても気が滅入るだけだもん。
原作では晴れてて、お星さまが見える。すばらしい☆

ブリーに着いて、いろいろゴタゴタして、休憩室でアラゴルンは言います。ホビット用の寝室は危ないからここにいろ。そしてフロド、サム、メリー、ピピンは休憩室で夜を過ごし、アラゴルンは不寝番。外にはナズグル。ひぇ〜・・・

さて、ここで突然ですが、朝の連続テレビ小説「指輪きらきら物語」担当スタッフから問い合わせが・・・

スタッフ 「小馬亭の休憩室での脚本で困ってるんですぅ〜」
グワイヒア 「本の通りでいいじゃない。あんまり脚色すると文句が来るよ」
スタッフ 「いや、フロドの動く順番なんですけどぉ」
グワイヒア 「だから書いてあるじゃん。何読んでんのさ」
スタッフ 「それが、窓閉めて、外を見て、また窓閉めて、鎧戸閉めて、閂さして、カーテン引いて・・・ で、いいんですか? 窓って、2回閉めるんですか? 1回開けてまた閉めるんですか? それとも二重窓なんですか? 大道具さんからハッキリしてくれって怒られまして・・・ 二重窓だと予算もかかるし。今月分、予算足りないんですよ。集会室のテーブルは大河ドラマで使ったやつで間に合わせたんですけど・・・」

ふーん。お金ないのかぁ。PJの映画とは大違いだなぁ。
まぁどしぃめて、またまぁどしぃめて、ちょちょいのちょい、と。 いや、踊ってるバヤイではないぞ。

本はどこだ、本は・・・ おーい、ランドローヴァル! 旅の仲間の上巻どこ置いたか知らない?
「知らねーよ!! 読んだら本棚に戻せって言ってるだろ!」
・・・なんだい、えらそーに。自分だってそこら辺に置きっぱなしにするくせにさ。まったく誰に似たんだか・・・
「なんか言った?」
いえ、何も言ってません・・・

あ、あった! 誰だ、冷蔵庫に入れたの・・・???
えーと、あー、これこれ、167ページ。(←新版文庫第1部上の2 旧版は第1部上の336ページ)

かれらは荷物の袋や装備一式を部屋の床に積み上げました。低い椅子を1つドアに押しつけて置き、窓を閉めました。窓から外を覗いたフロドは、夜空が澄み渡っているのを見ました。鎌座(大熊座をホビットはこういう)の星々がブリー山の肩の上にきらきらと輝いていました。かれはそれから窓を閉め、重い内側の鎧戸を閉め、閂をさし、それからカーテンを引きました。馳夫は、煖炉の火を起こし、蝋燭を全部吹き消しました。
                (瀬田貞二 訳)


ふむふむ・・・ 窓を閉めて、外を見て、それから窓を閉め、鎧戸も閉め、か。
やっぱ二重窓? 小馬亭って、そんなに立派だったっけ。 

原書はどこだ、原書は・・・ おーい、ラン・・・ やめた、自分で探そう。
あった! 誰だ、米びつに入れたの!!

Their bags and gear they piled on the parlour-floor. They pushed a low chair against the door and shut the window. Peering out, Frodo saw that the night was still clear. The Sickle* was swinging bright above the shoulders of Bree-hill. He then closed and barred the heavy inside shutters and drew the curtains together. Strider built up the fire and blew out all the candles.

* The Hobbits' name for the Plough or Great Bear.

ふむふむ。つまり訳せば、

彼らは、袋や荷物を休憩室の床に山と積み、低い椅子をドアの突っ支いにして置き、窓を閉めた。外を窺ったフロドは、夜が一層澄み渡っているのを見た。鎌座がブリーの丘の肩にかかって輝いていた。彼は重い内側の鎧戸を閉めて閂を差し、両側からカーテンを引いた。ストライダーは炉火を燃え立たせ、ろうそくは全部吹き消した。

注: 鎌座とは、北斗七星すなわち大熊座を指すホビットの呼び方。
               (グワイヒア 訳)

Ploughってのは、plowで、鋤のことで、北斗七星を指します。
above the shoulders of Bree-hill は、shoulder だから、山のてっぺんの上じゃなくて、頂上より少し下のところの上。
それから、drew the curtains together は、curtains together だから、一枚片側にあるのをベララ〜ンと閉めたんじゃなくて、左右にあるのを合わせたわけだ。

さて、問題の窓だ。
He then closed and barred the heavy inside shutters、だから、このclosedは鎧戸を閉めたんだよ。本がちょっと間違えただけ。heavy inside shutters を close して、bar したんだよ。

ってことで、二重窓+鎧戸ではなく、窓は一枚+鎧戸なのでした。

だから、フロドが外を見たのは、窓の内側から。
だってさ、窓開けて、乗り出して、「おー、晴れてるじゃん。気持ちいいねぇ〜」ってなるわけないもんね。ナズグルがいるかもしれないんだからさ。おっかない旅の途中なんだから。「夜を閉め出すドアが欲しかったのです」って書いてあるでしょ。(8章の最後)

これで「指輪きらきら物語」、予算間に合うかな。

おーい、メネルドールぅ!! ちょっとおつかいに行ってくれない?
「はい、どこでも行きますよ。何のおつかいですか?」
テレビ局に行って、窓は一枚ですぅ、って言ってきておくれ。
「窓は一枚ですぅ、ですね。了解しました。では行ってまいります」 バサバサバサ・・・・

いいこだね〜〜♪ だれかさんとは大違いで・・・
「なんか言った?」
いや、こっちの話・・・・ さ、皆さん、グワと一緒に星空見に行こうね〜 

バサバサバサ・・・→こちら


「ん、出かけたな・・・まったく、こんなにかわいい弟がいてありがたいと思わないのかね。
・・・お! まぁた本置きっぱなしじゃないか! こんどはどこに入れとくかな・・・うひうひ♪」