日本の航路標識紀行へようこそ。さあ、これから皆さんを日本各地の航路標識へご案内いたします。   welcome to Nagasaki kaigi MARINET
1 航路標識とは、いったい何だ?
  航路標識とは、船舶を安全で経済的な航路へ導くための施設をいいます。この場合の航路とは、陸上の皆さんが考えているようななんとなく船が通る道筋のことではなく、
  昔から多くの船舶が利用してきた常用航路を指します。常用航路は、陸上に設置された高速道路のようなもので、その位置や長さ等が厳密に定められています。一船の
  最高責任者である船長は、通常、この常用航路をこれに忠実に沿って船舶を航行させています。そのような航路を船舶に指導する施設が航路標識なのです。
  
2 航路標識の種類と基数
  海上保安庁交通部が公表している資料(平成25年3月31日現在)によると、現在、日本に敷設されている航路標識の種類と基数は、下表のようになっています。
大別 中別

種類

説明

基数 備考
光波標識 夜標  灯台  船舶が陸地、主要変針点又は船位を確認する際の目標とするために沿岸に設置した
 構造物及び港湾の所在、港口などを示すために港湾などに設置した構造物で、灯光
 を発し、構造が塔状のものを灯台という。
3229   
 灯標  船舶に岩礁、浅瀬などの障害物の存在を知らせるため又は航路の所在を示すために、
 岩礁、浅瀬などに設置した構造物で灯光を発するものを灯標という。
524  
 照射灯  船舶に障害物を知らせるために、暗礁、岩礁、防波堤の先端などを照射するものを照
 射灯という。
145  
 指向灯  通航困難な水道、狭い湾口などの航路を示すため、航路の延長線上の陸地に設置し、
 白光により航路を、緑光により左舷危険側を、赤光により右舷危険側をそれぞれ示す
 ものを指向灯という。
17  
 導灯  通航困難な水道、狭い湾口などの航路を示すため、航路の延長線上の陸地に設置し
 た2基以上を一対とする構造物で、灯光を発するものを導灯という。
50  
 灯浮標  船舶に岩礁、浅瀬などの障害物の存在を知らせるため又は航路の所在を示すために
 海上に浮かべた構造物で、灯光を発するものを灯浮標という。
1202  
昼標  立標  船舶に岩礁、浅瀬などの障害物の存在を知らせるため又は航路の所在を示すために、
 岩礁、浅瀬などに設置した構造物で、灯光を発しないものを立標という。
39  
 浮標  船舶に岩礁、浅瀬などの障害物の存在を知らせるため又は航路の所在を示すために
 海上に浮かべた構造物で、灯光を発しないものを浮標という。
22  
電波標識    ロランC局  ロランC局は、船舶がロランC受信機によって船位を測定するための100KHzの長波
 の電波を発射する局である。ロランC局は、1主局と2つ以上の従局からなる。
(有効距離)
 昼夜間 2,000Km
  ディファレンシャル
  GPS
 船舶がDGPS受信機によってGPSにより測定した位置の誤差補正値及びGPS衛星の
 異常情報を得るための電波を発射する施設をいう。
27 昼夜間 200Km
無線方位信号所  レーダービーコン  船舶のレーダー映像面上に送信局の位置を輝線符号の始点で表すように船舶の
 レーダーから発射された電波に応答して電波(マイクロ波)を発射する施設をいう。
30  昼夜間 9〜17Km
その他    船舶通航信号所  レーダー、テレビカメラ等により港内、特定の航路及びその付近水域又は船舶の輻輳
 する海域における船舶交通に関する情報を収集し、その情報を無線電話、一般電話
 又は電光表示板により船舶に通報又は表示する施設をいう。
35  
 潮流信号所  潮流が強く通航困難な海峡において、潮流の流向及び流速の変化を電光表示板や
 電波により通報する施設をいう。
 
(合計)       5327  
 
3 日本の航路標識への旅

標識番号

スナップ写真

名称/位置/灯質

説明

Leading Lights(英訳)

6327.20

 

6327.21

  
  長崎漁港三重導灯(前灯)
    32 49.3N
   129 45.6E
    F Y (不動黄光)

  長崎漁港三重導灯(後灯)
    32 49.3N
   129 45.6E
    F Y (不動黄光)

 
  写真は、新長崎漁港に船舶
  が出入りする航路の延長線
  上の陸地に、2基1対で設置
  された導灯である。この港に
  出入りする船舶は、これらの
  2灯(黄灯)を一線に見て航
  行することにより、航路から
  外れることなく確実に同港に
  出入りしている

     
     H16/12/05撮影
 

標識番号

スナップ写真

名称/位置/灯質

説明

Bridge Marks(英訳)

   
  長崎港女神大橋橋梁標

  
   @ 赤色正三角形(頂点上):右側
     端標
   A 白色円形(赤縦帯2本以上):
     中央標
   B 緑色正方形:左側端標
  
  写真は、長崎港の港口に架
  かっている女神大橋の橋梁
  標である。昼間、同大橋の
  真下にある港内航路を経由
  して長崎港に出入りする船
  舶は、この橋の橋桁に取り
  付けた橋梁標を見て、船舶
  と同航路との関係位置を確
  かめながら同港に出入りして
  いる。

  
    H17/12/15撮影
 
  

標識番号

スナップ写真

名称/位置/灯質

説明

Stream Signal(英訳)

8007  
  ノ山下潮流信号所
    33 57.9N
   130 57.8E

   電光板による潮流信号

    E:東流、W:西流を表す
      0から13の数字:流速(Kn)を
      表す

     ↑:今後潮流が強くなる
     ↓:今後潮流が弱くなる

 
  写真は、関門海峡の火ノ山
  下潮流信号所から発してい
  る電光板による潮流信号で
  ある。数字の8は、現在、8
  ノットの潮流が流れているこ
  とを通峡船舶に知らせてい
  る。

 
     
     
     H18/12/24撮影

 
 
 

標識番号

スナップ写真

名称/位置/灯質

説明

Local Light Buoy(英訳)

5421  
  早鞆瀬戸潮流観測灯浮標

    33 57.7N
   130 57.6E

  

   Fl W G 3s
   (半面単閃白光 半面単
    閃緑光 毎3秒にそれ
    ぞれ1閃光)
 
  写真は、早鞆瀬戸の左舷
  側に設置された珍しい潮流
  観測灯浮標(特定標識)で
  ある。この灯浮標は、潮流
  により回転し、現在、潮流
  が標体の緑色側から白色
  側へ流れていることを示し
  ている。(標体の表面は、
  半面緑色、半面白色となっ
  ている。)

    
     H19/01/05撮影
 
 
 

標識番号

スナップ写真

名称/位置/灯質

説明

Light Post(英訳)

6336  
  長崎港三菱造船蔭ノ尾岸壁
  灯柱


    32 42.3N
   129 50.0E

   
   Fl (2) R 4s
    (2閃赤光 毎4秒に
     2閃光)
 
  写真は、長崎港三菱造船
  蔭ノ尾岸壁の北端に設置
  されている日本では珍しく
  なった灯柱である。この灯
  柱の高さは11メートルで、
  塗り色が赤色なので、昼
  間、同岸壁へ接岸する大
  型船の好目標となってい
  る。
 

     
     H20/03/15撮影
 
 
 

標識番号

スナップ写真

名称/位置/灯質

説明

L’t Buoy(英訳)

 6335  
  長崎港楫懸左舷灯浮標

    32 42.7N
   129 49.6E

    
    Fl (2) G 6s
    (2閃緑光 毎6秒に
     2閃光)
 
  写真は、長崎港三菱造船香
  焼工場の沖合に設置されて
  いる左舷灯浮標である。長崎
  港に出入りする船舶に標識
  の左舷側に岩礁等の障害物
  が存在し、右舷側に可航水域
  が存在することを標示してい
  る。(背後の大型クレーンは、
  三菱造船香焼工場の100万
  トン・ドック内のもの)
     
     H20/03/15撮影
 
 
 

標識番号

スナップ写真

名称/位置/灯質

説明

L’t Buoy(英訳)

 6342  
  長崎港女神鼻右舷灯浮標

    32 43.1N
   129 51.3E

    
   Fl R 3s
    (単閃赤光 毎3秒に
    1閃光)
 
  写真は、長崎港女神鼻沖
  に設置されている右舷灯
  浮標である。長崎港に出入
  りする船舶に標識の右舷
  側に岩礁等の障害物が存
  在し、左舷側に可航水域が
  存在することを標示してい
  る。
   

     

     H20/03/17撮影
 
 
 

標識番号

スナップ写真

名称/位置/灯質

説明

L’t Buoy(英訳)

 6343   
  長崎港ゴンベイ出シ北方位
  灯浮標


    32 41.9N
   129 50.5E

    
   Q 
   
(連続急閃白光)
  
  写真は、長崎港ゴンベイ出
  シ沖に設置されている北方
  位灯浮標である。付近を航行
  する船舶に標識の北側に可
  航水域が存在し、南側に岩
  礁等の障害物が存在するこ
  とを標示している。
   


     
     H20/03/17撮影

 
 
 

標識番号

スナップ写真

名称/位置/灯質

説明

Eternal L’t (英訳)

 0000     
  平戸港口の常夜灯

  常夜灯は、”常灯の鼻”(オラ
  ンダ商館跡の一角の名称で
  あって、嘗てオランダ人が築
  いた
石積みの防波堤の東端
  の鼻のこと。)に立っている。


   
   
(不動白光)
  
  写真は、1643年に平戸港の
  入り口に設置さられた常夜灯
  (灯台の原点)である。平戸港
  が日本初の貿易港として栄え
  ていたころ、同港に入港する
  異国帆船が好目標として利用
  していたものである。今は、平
  戸瀬戸を通過する船舶の安全
  を見守っている。

     
     H21/4/24撮影
 
 
 

標識番号

スナップ写真

名称/位置/灯質

説明

L't Beacon (英訳)

 6227     
  小田助瀬右舷灯標
  
    33 21.6N

   129 34.2E
  
    Mo (B) R 8s
   (モールス符号赤光 
    毎8秒)
  
  写真は、平戸瀬戸の北部に
  設置された赤塗りの右舷灯
  標で、平戸瀬戸を航行する
  船舶に対して、同標識より右
  舷側(平戸島側)に岩礁、浅
  瀬などの障害物が存在し、
  左舷側に可航水域が存在す
  ることを標示している。
     


     H21/4/24撮影
 
 
 

標識番号

スナップ写真

名称/位置/灯質

説明

L't House (英訳)

 6261     
  高後埼灯台
  
    33 05.8N

   129 40.1E
  
    Fl  W  6s
   (単閃白光 毎6秒に
    1閃光)
  
  写真は、佐世保湾口に設置
  された高さ15mの白塔形の
  高後埼灯台である。同灯台
  は、灯高が高い(平均水面上
  64mの高さにある。)ので、
  佐世保港へ出入りする船舶
  の絶好の目標となっている。
  高後埼灯台の周囲は、立入
  り禁止区域となっているため、
  写真は対岸の寄船鼻から撮
  ったものである。
     H22/5/14撮影
 
 
 

標識番号

スナップ写真

名称/位置/灯質

説明

L't Beacon (英訳)

 6331     
  平瀬孤立障害灯標
  
    32 42.5N

   129 47.1E
  
    Fl (2) W 5s
   (群閃白光 毎5秒に
    2閃光)
  
  写真は、長崎港口の西方約2
  海里の地点に設置された高さ
  14mの黒色球形頭標2個付
  黒地に赤横帯1本塔形の平瀬
  孤立障害灯標である。同灯標
  は、標識の位置に孤立した岩
  礁及び浅瀬が存在することを
  付近を航行する船舶に標示し
  ている。


     H23/4/12撮影
 
 
 

標識番号

スナップ写真

名称/位置/灯質

説明

L't House (英訳)

 6330     
  伊王島灯台
  
    32 42.7N

   129 45.8E
  
    Fl (4) W  30s
   (群閃白光 毎30秒に
    4閃光)
  
  写真は、長崎港の西方海上
  にある伊王島の西端に設置
  された白塔形の伊王島灯台
  である。同灯台は英国人技師
  ブラントンの設計指導により
  明治3年6月に初点灯した。
  以来、原爆による受難を経験
  しながらも長崎港へ出入りす
  る数多くの船舶の絶好の目標
  となって活躍している。

     H23/4/12撮影
 
 ○
 

標識番号

スナップ写真

名称/位置/灯質

説明

L't House (英訳)

 0715     
  角島灯台
  
    34 21.0N

   130 50.6E
  
    Fl W  5s
   (単閃白光 毎5秒に
    1閃光)
  
  写真は、山口県の角島に設
  置された角島灯台である。こ
  の灯台は、イギリス人技師R
  ・Hブラントンの設計指導によ
  り、明治9年3月1日に完成
  点灯した。灯塔は御影石造り
  で、堅牢で高くて美しい。以来、
  日本海を経由し、関門方面へ
  向かう船舶の好目標として活
  躍している。

      H24/5/8撮影
 
 
 

標識番号

スナップ写真

名称/位置/設備

業務の概要

(英訳)

 8110.7     
  関門海峡海上交通センター
  (略称:Kanmon-Martis)

    33 53.6N

   130 55.3E
  
  関門海峡の航行情報の提
  供及び航行管制に必要な
  レーダ、電光掲示板、VHF
  チャンネル、その他加入電
  話等を備えている
  
  写真は、関門海峡海上交通
  センターである。平成元年6月
  1日、関門海峡における海難
  の防止を目的として運用を開
  始した。主な業務は、航路の
  航行制限状況、海難等の状
  況、巨大船の航路入航予定、
  早鞆瀬戸の潮流の状況、その
  他航行の安全に必要な情報を
  提供するとともに、視界不良時
  の航路航行制限の指示等の
  管制業務を行っている。
      H25/9/28撮影
 
 Kanmon KaikyoTraffic
 Advisory Service
 Center
 
 

標識番号

スナップ写真

名称/位置/灯質

説明

L't House (英訳)

 5409
 F5312
 
   
  部埼灯台

    33 57.4N

   131 01.5E
  
   F Fl W 15s
  (連成不動単閃白光 
   毎15秒に1閃光)
  
  写真は、関門海峡東口の九州
  側、企救半島(きくはんとう)の
  北東端に設置された部埼灯台
  である。同灯台は、イギリス人
  技師R・Hブラントンの指導に
  より、明治5年1月22日に完
  成初点灯した。
  以来、周防灘から関門海峡に
  入航する多くの船舶の好目標
  となっている。写真右上は、早
  鞆瀬戸の潮流情報を知らせる
  電光表示板である。
      H26/7/8撮影
 
 
 


 長崎海技マリネット
〒851-3101 長崎市西海町1755-65 TEL 050-7571-0304 FAX (095) 884-1184
トップページへ戻る