千葉県 船橋市 森畳店

店主の眼から見た畳のポイント

1:畳床 のなかの空気が、高い断熱性と保湿性を生みます。

5cm程の厚さの畳床には、その材質に空気がしっかり詰まっています。空気は熱を伝えにくいという性質があります。
つまり、畳 は冷たい空気をシャットアウトし、蓄えた熱を逃がさない羽毛布団を全く同じ構造。だから、暖かく心地よいのです。

2:優れた吸収質性で高温多湿の日本の住まいにぴったり。

夏は涼しく、冬は暖かいという畳の利点
を生み出しているのは、畳表のイグサと畳床。イグサがスポンジとなって湿気を吸収し、畳床の中の空気が湿気を放出しながら
効率的に呼吸しているわけです。

畳 一帖分の自然吸湿能力は約500ml。ゆっくり湿気を吸って吐く畳は、高温多湿の日本の気候には最適な床財です。

3:弾力性があり、自然の色だから心にも体にも馴染みます。

畳 の表面 (畳表) のイグサがスポンジ状の構造で空気を蓄え、フカフカした感触を生み出します。畳床にも空気はたっぷり。こうした空気がクッションとなり、寝転べば心地よく転んだときも衝撃を和らげてくれるのです。

また畳の家緒は人間の皮膚に近い自然色。畳 は安らぎの感触と視覚を与えてくれます。

4:イグサの香りはリラックス効果抜群。空気も浄化します。

畳 のすがすがしく懐かしい香りはイグサによるものですが、イグサの香りは鎮静効果があります。
また、イグサが体によくない二酸化炭素やシックハウス症候群の原因になっている
化学物質の吸着効果
があります。



topへ戻る