《自己探求のための箱庭療法体験セッション=weekend》


>>>>>セッションは、原則、窓を開けて風通しを良くして行います.>>>>>

 近年、雑誌や新聞に取り上げられ、多くの方から箱庭療法が関心をもたれています。箱庭療法は、おそらく日本で最も広範に用いられている芸術療法です。しかし、体験学習中心の講習会は非常に限られていて、滅多に体験する機会がもてないのが現状です。

 この体験セッションは、箱庭療法を通じて自己探求に取り組んでいく、またとない週末のひとときになるでしょう。作品表現は何らかの意味で自分の一部と言えますが、 その表現に内在している体験層を、丁寧で洗練された対話やワークにより、内的プロセスを促進し、素晴らしく心揺さぶる体験へと発展していきます。関心のある方のご参加を、お待ちしています。

  

        《箱庭療法用具》


〔日 時〕原則・毎週土曜日 =電話による完全予約制=
     @18:30〜20:00(90分)/A20:00〜21:30(90分)

〔費 用〕12,000円 (通常、16500円のところ、特価)

〔担 当〕草柳 和之 (大東文化大学非常勤講師/日本カウンセリング学会認定カウンセラー)

〔問合せ〕 メンタルサービスセンター:Tel.03-3993-6147、.070-5016-1871
                      〒176-8799 練馬郵便局留
★カウンセリングも、こちらで受け付けています〈初回電話相談は無料〉。

〔備 考〕※電話連絡の後に、参加費の振込みをお願いします。
※主催者都合の不催行を除き、納入額の払い戻しは致しかねますことを、ご了承ください.
■振込先 [みずほ銀行 桜台支店 (普)1438903 名義:メンタルサービスセンター 草柳和之

  

         《箱庭療法の作品例》


【講師紹介】草柳 和之 ================================
メンタルサービスセンター代表・カウンセラー. 大東文化大学非常勤講師.日本カウンセリング学会東京支部会・運営委員.
長年、箱庭療法では、(社)日本産業カウンセラー協会を中心に研修やワークショップを担当し、好評を得てきた。近年は虐待・DVの分野の臨床に力を尽くし、特にDV加害者更生プログラムの領域では、日本の第一人者である。その活動は、TV・新聞・雑誌等のマスコミを通じて広く紹介される。 著書に『ドメスティック・バイオレンス』(岩波書店)、共著に『標準 音楽療法入門 下』 (春秋社)、『平和を創る心理学』(ナカニシヤ出版)、他多数. 長年のDV問題を中心にした先駆的取り組みが評価され、社会貢献支援財団より、平成27年度社会貢献者表彰を受賞した.
資格:日本カウンセリング学会認定カウンセラー.NLPマスター・プラクティショナー.

            
講師の草柳和之がリードした箱庭療法のワークの体験記が、以下のPDFファイルの雑誌に掲載されていますので、ご参照下さい。
 
箱庭療法体験-BAB.pdf


トップページへもどる