《箱庭療法体験ワーク》


 近年、雑誌や新聞に取り上げられ、多くの方から箱庭療法が関心をもたれています。箱庭療法は、おそらく日本で最も広範に用いられている芸術療法(アートセラピー)です。しかし、体験学習中心の講習会は非常に限られていて、滅多に体験する機会がもてないのが現状です。
 この体験ワークは、箱庭療法を通じて自己探求に取り組んでいく、またとない機会になるでしょう。作品表現は何らかの意味で自分の一部と言えますが、その表現に内在している体験層を、素晴らしく心揺さぶる体験へと発展していくワークも取り入れます。
                               ♪
〔日 時〕 →都合により、しばらくの間「箱庭療法体験ワーク」を休止します.

〔講 師〕 草柳 和之 (大東文化大学非常勤講師/日本カウンセリング学会認定カウンセラー)

〔参加費〕 2,100円

〔会 場〕 草柳ワークルーム(JR池袋駅5分)→申込者にFax又は手紙でご案内します.

〔主 催〕メンタルサービスセンター:〒176-8799 練馬郵便局留/03-3993-6147 携帯電話.070-5016-1871

〔申込方法〕まず電話連絡をいただき、事前に受講費の振込みをして下さい。口座の確認後に、参
加者へ会場のお知らせを致します。
[みずほ銀行 桜台支店 (普)1438903 名義:メンタルサービスセンター 草柳和之]
★納入された受講費は, 主催者の都合による不催行の場合を除き,返却しかねることをご了承下さい.

                                  ♪

======================= 【講師紹介】 ●草柳 和之 ================================
▲メンタルサービスセンター代表・カウンセラー. 長年、箱庭療法では、(社)日本産業カウンセラー
協会を中心に研修やワークショップを担当し、好評を得てきた。日本のDV加害者更生プログラム
の第一人者であり,その実践は新聞・TV・雑誌等を通じて広く紹介される. TV出演などを含むマ
スコミ対応,全国にわたる講演活動,執筆活動を通じて,男性がDVや性暴力の問題に取り組む重
要性を社会に向けて提言し続けている.
▲元・早稲田大学非常勤講師. 日本カウンセリング学会東京支部会・運営委員(研修担当).
NPO法人・日本ホリスティック医学協会理事.民間相談機関連絡協議会幹事.
著書に『ドメスティック・バイオレンス』(岩波書店),『DV加害男性への心理臨床の試み-脱暴力プロ
グラムの新展開』(新水社),共著『標準 音楽療法入門下』(春秋社),『いのちに寄り添う道』 (一橋出
版) 他多数.講演や研修会の依頼も数多く,その優れた研修指導は多くの人々から支持されている.
児童養護施設・保育園のスーパーヴァイザーも努める.
資格:日本カウンセリング学会認定カウンセラー.NLPマスター・プラクティショナー.
================================================================================

★この箱庭療法体験ワークは、毎月第3火曜日に開催されている《箱庭療法研究会》の特別編として行われるものです.

            
講師の草柳和之がリードした箱庭療法のワークの体験記が、以下の雑誌に掲載されていますので、ご参照下さい。
『箱庭療法体験記』
「FiLi(フィリ)別冊 癒しと気づきのワークショップ・カタログ」(フィラ・プロジェクツ刊)
http://www.fili.co.jp/mind/m00/m00-06-03.htm


トップページへもどる