【スタッフ紹介】


草柳 和之Kazuyuki Kusayanagi》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


東京武蔵野病院,さいとうクリニック等にて,精神科医療に心理士として携わり,また,自治体の教育相
談室に非常勤相談員として勤務など,他領域にわたり心理臨床経験を重ねる.同時並行して1990年に
は,心理相談機関“メンタルサービスセンター”を設立し開業心理臨床に携わる.また専門学校や
早稲田大学等の大学にて非常勤講師として教鞭をとってきた.
現在,大東文化大学非常勤講師.

現在,メンタルサービスセンター代表・カウンセラー.長年,DV被害者支援に携わると同時に,今や日本のDV
加害者更生プログラムの第一人者でもある.我が国で初めてDV加害者更生プログラムの体系的実践に着手,
その活動に対する幾多のバッシング・反発を経験するが,それに屈することなく,その方法論の整備,専門家研
修の提供等により,この分野をリードしてきた.

TV出演などを含むマスコミ対応,全国にわたる講演活動,執筆活動を通じて,男性がDVや性暴力の問題に取
り組む重要性を,社会に向けて提言し続けている. 最近,国外とネットワークをもち始め,海外のDV問題関係者
からも,その独自な加害者プログラムの方法論が評価され始めている.
家庭裁判所・国の研究機関・自治体・弁護士会・大学・学会等から,幅広く講演や研修会の依頼を受けており,
その優れた研修指導は多くの人々から支持されている.
精神障害者・地域活動支援センターの自助グループ活動にて,アドバイザーのボランティア・スタッフをつとめる.

日本カウンセリング学会東京支部会・運営委員.民間相談機関連絡協議会幹事.
著書に『ドメスティック・バイオレンス』(岩波書店・岩波ブックレット),『DV加害男性への心理臨床
の試み――脱暴力プログラムの新展開』(新水社),共著に『DV〜女性からのSOS』(ぎょうせい),
『いのちに寄り添う道』(一橋出版)
,他多数.文部省(当時)委嘱DV啓発小冊子を共同執筆.

草柳氏が作曲家・野村誠氏に委嘱(作曲依頼)したDV根絶を願うピアノ曲を、講演の際に自らピアノ演奏し、国内
のみならず、韓国・中国でのシンポジウムの際などでも演奏活動を行い,音楽を通じての平和のメッセージを
伝える活動を展開している.



資格:日本カウンセリング学会認定カウンセラー.
     NLPマスター・プラクティショナー.


《受賞歴》
長年のDV問題を中心にした先駆的・模範的取り組みが評価され、公益財団法人・社会貢献支援財団より、
平成27年度社会貢献者表彰を受賞.


《所属学会》
日本トラウマティック・ストレス学会会員,日本カウンセリング学会会員,
日本犯罪心理学会会員,日本心理劇学会会員,
日本外来精神医療学会会員,日本女性学会会員.

《所属団体》
東京音楽療法協会会員,NPO法人国境なき楽団・楽団会員,心理科学研究会会員.

《過去につとめた団体の役員》
・1990.4〜1994.7:健康・医療ガイドセンター 運営委員
・1995.11〜2001.3:(社)日本産業カウンセラー協会 保育部会顧問
・1995〜2001年:日本ホリスティック医学協会 常任理事
 2001〜2013年:特定非営利活動法人・日本ホリスティック医学協会 理事
                                   
                                   

【メンタルサービスセンター 共同スタッフ】

■ 斉藤 章佳Akiyoshi Saitoh》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 精神保健福祉士・社会福祉士.現在,大森榎本クリニックにて,ソーシャルワーカーとしてアルコー
ル依存症・性依存症を中心に様々なアディクション問題に関わっている.他に,法務省所轄更生保護施
設にて,薬物依存のある犯罪者のグループ・プログラムを担当し,保健所の酒害相談員も勤めている.ま
た,大学や専門学校,学会など,アルコール依存・薬物依存などの分野に関する講演や研修会の講師とし
て,精力的に活動している.専門学校首都医校非常勤講師.日本「性とこころ」関連問題学会理事.

                                       

                                       
上村 宏樹Kouju Uemura》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 現在,宝仙大学専任講師.心理療法士・家庭支援専門員として児童養護施設に10年間関わり,副施設長
として,虐待や家庭支援の仕事に携わってきた.また,施設を出た子の支援や家庭統合の支援をするNPO
を設立準備中.
 乳幼児精神保健学会幹事.共著に『“共に生きる場”の発達臨床』(ミネルヴァ書房),『被虐待児の
精神分析的心理療法』(金剛出版),共訳「カナダにおけるケアを離れた子どもへの支援・実践」(『季刊
児童養護』38巻3号).また,AIN(Applied Improvisation Network) World Conference 2009(東京)の
際に,workshop session「インプロを応用した対人援助職への研修」を実施する.
 Children's Aid Society of Toronto にて1年間研修を受ける. 第16回日本子ども虐待防止学会大会
テーマ曲「冬、未来へ」を作曲.
                                       
                                       
石井 忠継Tadatsugu Ishii》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 現在,心療内科クリニックの心理士をつとめる。また,東日本大震災被災地域,他のスクールカウンセ
ラーとしても活動している臨床心理士.
                                        

                                        
野口 房子
Fusako Noguchi》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 約8年にわたり,民間カウンセリングルームにて,不登校・ひきこもり・ニート・子育て・夫婦問題
を中心としたカウンセリングに携わった後,独立し,現在「カウンセリングルーム 心愛(ここあ)」代
表.子育てと人権教育研究室・カウンセラー.家族相談士/保育カウンセラー/埼玉県家庭教育アドバイ
ザー.また,地域活動では,子育て支援として小中校での講座・マタニティサロン・ママ講座パパ講座
・保育園での保護者の相談や研修に関わっている.




トップページへもどる