《医療・弁護士とのネットワーク》


多様な問題に対応するためには、カウンセリング・心理療法による援助だけでは不十分であったり、他のアプローチの方が必要とされている事態も存在します。

 当心理相談機関は、長年の活動を通じての人的ネットワークがあります。代表の草柳和之は、医療分野のNPOの理事をしてきましたし、ドメステッィク・バイオレンス(DV)や性暴力のケースに携わる関係上、弁護士との連携が欠かせないケースを数多く経験してきました。

  ・精神科領域の問題と同時に、多様な一般科医療も必要とされるケースで、望ましい展開が起こ
   らず、困っている。

    ・精神科領域でのセカンドオピニオンを必要としている。

    ・DVその他の事情により、離婚裁判を起こす必要があるので、弁護士を捜している。

    ・その他

                                  ♪
 このようなご事情をお聞きして適切に判断し、ケースに応じて医療機関/医師/東洋医学などの代替医療/弁護士等を紹介、又はこれらの方につないでいく作業を行いますので、お問合せ下さい。

 電話のみの相談の場合は無料。込み入った事情のため、カウンセリング・ルームに来所しての相談の場合、通常のカウンセリング料金が必要となります。

 ■ 電話:03-3993-6147
   PHS.070-5016-1871


トップページへもどる