講師派遣・原稿依頼について
  【NLP(神経言語学的プログラミング)


◇◆ページごとに分野別の内容表示をしています◆◇

メンタルサービスセンターでは、学校教育現場、自治体、福祉施設、医療従事者の研修など幅広いジャンルの現場から研修依頼・講演依頼をいただき、各機関のご要望にお応えしています。研修のテーマは、さまざまな機関のニーズにあった研修プログラムのコンサルテーションから具体的にプログラムをデザインし実施する受託研修まで、さまざまな形で研修依頼をお引き受けしています。研修・講演についての質問、ご依頼は、まずはお気軽にお問い合わせください。

また、様々な原稿依頼をお受けしています.代表・草柳和之の実績を以下に示しますので、参考にして下さい。原稿依頼の場合は、代表の著作もご参照下さい. 講演料・講師料・原稿料につきましては、主催団体・機関・自治体等の事情や規定に、個別に応じますので、お問合せ下さい。 
《原稿依頼をされる方のための参考資料》
.03-3993-6147/070-5016-1871
                                       §

【NLP(神経言語学的プログラミング)


 NLPとは、1970年代米国にて開発された心理療法で、卓越したセラピストの面接ビデオの分析により、学派を超えて熟練したアプローチを抽出した体系です。今日では、広くビジネスや教育などにも応用されています。

 代表・草柳和之は、NLPマスター・プラクティシュナー資格を取得しており、長年の臨床経験を通じて、NLPを柔軟に活用する工夫を積み重ねてきました。NLPの優れた特徴は、別種の技法と同時並行して使うことによって、その効果を高める「隠し味」としての役割を果たすことです。その基本から応用まで、様々な実習や講師のデモンストレーションを交えて、すぐに面接で役立つワザを提供します。


《依頼実績》
・1998.7:(社)日本産業カウンセラー協会主催「NLPとは」

・2003.6:東京音楽療法協会主催「観察力を高め、かかわる力を高める」

・2004.12:「グループをリードするためのNLP」日本心理劇学会第10回大会(武蔵野大学)

・その他



《代表・草柳和之によるNLPに言及した著作》
日野原重明監修/篠田知璋 / 加藤美知子編 『標準 音楽療法入門 下』 (春秋社) \3360.
 「非言語的コミュニケーション技法の音楽療法への応用」を執筆。 音楽療法の理論や実際のセッションの展開と、非言語的コミュニケーション技法の一つでもあるNLP(神経言語学的プログラミング)との関係を論じる。



トップページへもどる