《DV被害者のための相談》

   
  @電話相談
  A来所相談

 パートナーからの暴力は親密な関係で起こるため、繰り返されていきます。そして、単に身体的暴力や言葉の暴力がひどいという苦痛だけでなく、DV加害者は実効力のある努力をせず、問題の全てをあなたの責任としていきます。このような状況で生きていると、しだいに何をしても気分は晴れず、あなたが自分らしく考え行動する力、自尊心、尊厳が奪われていきます。 

これらは、すでに夫婦・恋人間の問題という範囲を超えています。これは、あなたを人間として最低限尊重される存在として認めていない、という人権侵害の問題です。パートナーからの暴力は、単なる家庭内のもめごとではなく、専門的援助を受けるに値する重大問題なのです。
                                     ♪
                                     ♪
 メンタルサービスセンターでは、DV加害者の暴力克服プログラムに力を注いでいますが、同時にDV被害の相談をお受けしています。加害側の問題性を徹底して分かっているからこそ、一味ちがう被害者への支援が可能でもあります。暴力を受ける関係から脱却し、理不尽な思いに満ちた生活からあなた自身を取り戻すためのお手伝いをすることができます。

  ・彼のしていることは、本当にDVにあたるのでしょうか?
    (モラルハラスメントは精神的暴力のことを指し、夫婦間のモラルハラスメントはDVに相当します.)
    ・自分にも至らないところがたくさんあるのに、「暴力は彼の責任」としてよいのでしょうか?
    ・彼の暴力がなくなってくれさえすればいいのに、どうしたらよいのでしょうか?
  ・だんだん、自分が生きているという実感をもてなくなってきた。
  ・もう彼との生活が耐えられなくなってきているが、どうしたらいいか分からない。
                                     ♪
                                     ♪
 相談ではこれらの疑問や混乱を整理していきます。そして、現在の状況をどう理解するのが適切であるのか、何から解決へ向けて立て直していくのかを明確化していきます。
  継続した来所相談の場合は、専門的なPTSDのケアも実施していくことが可能です。

〔日 時〕完全予約制:初回のみ一時間半,
      2回目以降一回1時間


〔費 用〕一時間あたり:10000〜15000円(+税)
      =初回に相談の上決定します=

〔会  場〕草柳ワークルーム(JR池袋駅5分) 
      ⇒申込者にfax又は手紙でご案内します  


〔問合せ〕メンタルサービスセンター:
03-3993-6147/PHS.070-5016-1871



 
 トップページへもどる