[A]-タイプのゲノムのみで構成される核型をもつ          不稔性分類群

Sterile taxa with [A]-type genomes


1)  キツネノカミソリ  L.. sanguinea Maxim.  Triploid   2n=32=1M'+31A

  花形や葉の形態からは2倍体の稔性のあるキツネノカミソリと区別できない。開花出葉期も同じである。ただし、気孔のサイズに差があり、2倍体は51(±2)μmで、この分類群は65(±2)μmである。また開花が9月上旬になることが多い。産地は静岡県菊川町。
  染色体数は2n=32.染色体構成は31本のA染色体と1本のM'染色体。このM'染色体は2本のA染色体がロバートソン結合をしたもの。したがってこの分類群はX=11の3倍体である。

1)  L. sanguinea Maxim.     2n=32=1M'+31A   Triploid taxon
   It is very difficult to distinguish this from typical diploid taxon morphologically and phenologically, but the size of stomata (65±2μm)is larger than diploid (51±2μm). This material collected in Kikugawa, Shizuoka Pref. The karyotype is 1M'+31A. M' chromosome should be a product of the Robertson fusion of two A chromosomes.



2) オオキツネノカミソリ L. sanguinea Maxim. var. kiushiana (Makino) Koyama 2n=33=33A

  外部形態的には2倍体との識別は困難。強いてあげれば、花被片の幅が2倍体よりやや広く肉厚感がある。気孔のサイズも2倍体(約50μm)に比べ大きい(約68μm)。X=11の3倍体。写真は山崎敬博士により多良岳で採集され、小石川植物園に栽培されていたもの。

 
2)  L. sanguinea Maxim. var. kiushiana (Makino) Koyama    Triploid taxon
   It is very difficult to distinguish this from typical diploid taxon morphologically and phenologically, but the size of stomata (68±2μm)is larger than diploid (50±2μm). Texture of perianth is somewhat freshy. This material collected in Mt. Tradake, Nagasaki Pref. by Dr. Yamazaki and cultivated in Koishikawa Botanical Gardens. Karyotype is 2n=33=33A.



3) ヒガンバナ  L. radiata (L'Herit.) Herb. var. radiata   2n=33=33A

  8月下旬から開花することもあるが、例外で、通常は9月中旬に咲き始める。葉は10月に伸展し、翌年の4月末までに枯れる。X=11の3倍体。日本では北海道を除く各地で見られる典型的な人里植物で、原産地は中国と考えられる。韓国南部にも分布するが、少ない。最近、全州では公園に大量に植栽され、ヒガンバナ祭りが催されている。北米南東部でも帰化している。中国では揚子江流域以南に広く分布し、ネパールやパキスタンからの報告もある。
 花茎は高さ30−55cm、総苞は長さ30−35mm、小花柄は12−15mm、花筒部は5−8mm。花被片は長さ35-40mm、幅は6−8mm。雄しべは80−85mmで葯は暗赤色。 雌しべは90mm。葉は長さ40−50mm、幅は7-15mm。

3)  L. radiata (L'Herit.) Herb. var. radiata  2n=33=33A   Triploid taxon
   Leaves narrow strap-shaped, up to 50 cm long, 7-15mm wide, deep green with a whitish stripe in the center. Scape 30-55 cm long. Pedicel, 12-15 mm, Tepaltube 5-8 mm; tepals 3.5-4.5 cm long, 6-8 mm wide, strongly crisped-margined and recurved. Stamens 80-85 mm. Style 90 mm. Leaves appearing in autumn; scape produced in August. Distributed in Japan excepting Hokkaido, southern part of Korea, south-western China, and Neparl.

     Left: Flowers of L. radiata var. radiata.                Right: Leaves of L. raddiata var. radiata

Left: Karyotype of L. radiata var. radiata. Thirty-three acrocentric chromosomes at metaphase.
Right: Seeds are produced exceptionally by this triploid taxon, but they seldom germinate.

異常個体 Abnormal Flowers


 春から夏にかけて繰り返して除草剤が散布された空き地に咲いた形態形成・色素形成異常のヒガンバナ。1989年に新変種、ワラベノカンザシとして記載されたものと同じであろう。核型は観察した限りの個体で、2n=33=33Aであった。

 These abnormal flowers of L. radiata var radiata were found in the open treated with the weed-killer repeatedly during the summer. This type of plant was described as a new variety, L. radiata (L'Herit) Herb. var. kazukoana Yonezawa in 1989. The karyotype does not differ from the typical L. radiata var. radiata.



前のページへもどる : Back to the previous page