[A]-タイプのゲノムを対にもつ稔性分類群

Fertile taxa with a pair of [A]-type genome

1) キツネノカミソリ : L. sanguinea Maxim.   2n=22=22A

 多型的な種で、現在は3変種が記載されているが、実体は複雑で、今後の研究が待たれる。

 Very polymorphic species. Three varieties were described, but the entity of this species is very complicated. 2n=22=22A

 
1−1. キツネノカミソリ : L. sanguinea var. sanguinea

 典型的なキツネノカミソリ。早春に出葉し、8月に開花する。稀に白花の個体もある。本州(青森県以南)、四国、九州に分布。中国での分布は確認できない。キュウ植物園の標本庫に山東省で1902年7月21日に採集され, L. sanguineaに同定された標本があるが、L. sprengeri だろう。写真は筑波山の個体。


1-1. L. sanguinea var. sanguinea

   Leaves strap-shaped, 30-40cm long, 8-10mm broad, apearing in spring. Scape produced in August. Tepaltube 10-15mm long. Tepals 5-7cm long, 1.5-2.0cm broad. White flowered plants (f. alba) are known. Distributed in Japan (Honshu, Shikoku and Kyushu). Distribution in China is not confirmed. The karyotype is 2n=22=22A.


 1−2.オオキツネノカミソリ : L. sanguinea Maxim. var. kiushiana (Makino) Koyama

   早春に出葉し、7月上旬には開花する。キツネノカミソリより大型で花被片は反転する。花糸、花柱は花被片より長い。本州(関東以南)、四国、九州に分布。写真は多良岳の個体。核型は2n=22=22A.

 1−2. L. sanguinea Maxim. var. kiushiana (Makino) Koyama

   Leaves apearing in spring. 30-47cm long, 10-20mm broad. Scape produced in early July. Tepaltube 1-2cm. Tepals distinctly recurved. Stamens and style distinctly exceeding the tepals. Endemic to Japan, distributing southwestern part of Honshu, Shikoku, and Kyushu. Karyotype, 2n=22=22A



 1−3.ムジナノカミソリ : L. sanguinea Maxim. var. koreana (Nakai) Koyama

   中春に出葉し、8月に開花する。キツネノカミソリに似ているが、花筒部が短く、花糸と花柱は花被片より少し長い。韓国の西南部と対馬に分布する。写真は全北道白羊山の個体。

 1−3. L. sanguinea Maxim. var. koreana (Nakai) Koyama

   Leaves apearing in mid spring, 30-35cm long, 7-10mm broad. Scape produced in August. Tepaltube 5-10mm long. Stamens and style somewhat exceeding the tepals. Distributed in Korea and Tushima, Japan. It is somewhat difficult to distinguish this taxon from L. sanguinea var. sanguinea. Karyotype 2n=22=22A.



キツネノカミソリには開花期や出葉期が、上記の3亜種と異なるものがある。

 左: ハヤザキキツネノカミソリ(仮称)。花と葉の形質はキツネノカミソリの範疇だが、開花期が早く、7月中旬までには開花する。関東地方で見られ、写真は埼玉県武甲山の個体。
 中央: アキザキキツネノカミソリ(仮称)。形態的にはキツネノカミソリだが、9月中旬に開花する。四国と九州で知られる。写真は大隈半島の個体。
 右: キリシマキツネノカミソリ(仮称)。植物体のサイズはキツネノカミソリ、ムジナノカミソリと同じだが、花形はオオキツネノカミソリに似ていて、12月に出葉する。奥山春季はこの分類群をムジナノカミソリとしたが、区別すべきだろう。


Three phenological variants of L. sanguinea: 2n=22=22A

 Left - L. sanguinea HAYAZAKI. This variant blooms in early July.
 Center - L. sanguinea AKIZAKI. This variant blooms around mid September.
 Right - L. sanguinea KIRISHIMA. The leaves of this variant appear in December.


2) スプレンゲリ(ムラサキキツネノカミソリ) L. sprengeri Comes ex Baker  2n=22=22A

  中国の固有種。安徽省、湖北省、江蘇省、浙江省に分布する。花や葉の形態はキツネノカミソリによく似ている。花被片の色はふつうピンクで先端に行くほど青味が強くなる。色調には変異が見られ、白色に近いものから全体的に青いものまである。早春に出葉し、8月から9月にかけて開花する。2n=22=22A。
  下の写真は江蘇省宜興に近い善巻洞地区の松林の中で撮影。


2) Lycoris sprengeri Comes ex Baker

  Leaves ensiform-linear, 30-40cm long and 7-15mm broad. Tepal tube 1.2-2.3cm long.Tepals oblanceolate, 4.5-5.5cm long, 1-1.7cm broad. Stamens somewhat shorter than tepals. Style as long as or slightly exceeding tepals. Leaves appearing inearly spring; scape produced in August to September. Endemic to China (Anhui, Hubei, Jiangsu, Zhejiang). 2n=22=22A



 3) ロゼア L. rosea Traub & Moldenke(sensu Hsu et al. 1994)   2n=22=22A

 キュウ植物園でヒガンバナとして栽培されていたもののなかから見つかった、葉の幅がヒガンバナのそれより広く、ピンクの花が上向きに咲くと Worsley, A. が報告したものをTraubとMoldenkeが記載・命名した。しかし、産地は東アジアというだけで、タイプ標本もなく特定困難だが、中国植物誌に準拠した。写真は浙江省産の個体。9月開花、秋出葉。コヒガンバナとスプレンゲリの雑種と思われる。

3) L. rosea Traub Moldenke (sensu Hsu et al. 1994)

 Leaves strap-shaped, up to 40cm long, 7-12mm broad, light green with a whitish stripe in the center. Scape 30-60cm long. Stamens exceeding tepals. 2n=22=22A. This taxon may be a hybrid between L. radiata var. pumila and L. sprengeri.



4) ハイワルディー  L. haywardii Traub (sensu Hsu et al. 1994)   2n=22=22A

 8月に開花し、早春に出葉。スプレンゲリに似ているが花被片縁がやや波打つ。花糸・花柱は花被片より長く突出する。花茎は高さ約60cm。花筒部は長さ10−12mm。この分類群は日本原産として記載されているが、日本には自生しない。中国でも栽培品が知られるのみである。核型・形態から見てこの分類群もスプレンゲリとコヒガンバナ由来の雑種と思われる。日本で作出されたものかもしれない。写真は杭州植物園の個体。

4) L. haywardii Traub (sensu Hsu et al. 1994)

 Leaves up to 35cm long, 10-14mm broad, deep green, glaucescent. Tepaltube 10-13mm long. Tepals 45-50cm long, 9-12mm broad. Stamens and pistil exceeding the tepals. Leaves appearing in spring; scape produced in August. 2n=22=22A. This taxon may be a hybrid between L. sprengeri and L. radiata var. puimila.


5) コヒガンバナ  L. radiata (L'Hérit.) Herb. var. pumila Grey 2n=22=22A


 8月上旬から開花が始まる。葉は9月から出始める。花色は濃いものから薄いものまである。全体的に小柄ではあるが、形態だけではヒガンバナとの識別は困難である。しかし、開花期と稔性の有無で区別できる。中国に固有で、揚子江本流とその支流沿いに広く分布する。狭西省、河南省、安徽省、江蘇省、浙江省、江西省、福建省、広東省、広西チワン族自治区、湖北省、四川省、貴州省、雲南省からの報告があるが、この標本中にはヒガンバナが混入している可能性がある。写真は福建省産の個体。 2n=22=22A

 Leaves narrow strap-shaped, up to 40cm long, 10-15mm broad, deep green with a whitish stripe in the center. Scape 30-55cm long. Tepaltube 4-6mm; tepals 3.5-4.5cm long, 5-6mm broad, strongly crisped-margined and recurved. Stamens 5.5-6.5cm. Style 6.0-7.5cm. Leaves appearing in autumn; scape produced in August. Endemic to China (Shaanxi, Henan, Anhui, Jiangsu, Zhejiang, Jiangxi, Fujian, Guandong, Guangxi, Hunan, Hubei, Sicuan, Guizhou, and Yunnan). 2n=22=22A


前のページへもどる : Back to the previous page