[M+T]-タイプのゲノムを対にもつ稔性分類群

Fertile taxa with a pair of [M+T]-type genome


1) ショウキラン : L. traubii Hayward

 ショウキラン(=ショウキズイセン)には 2n=12, 2n=13, 2n=14 の3つのサイトレースがあり、2n=12と2n=14のものは稔性あるが、2n=13のものは稔性がほとんどない。ただし、人工授粉をすればかなりの結実を見る。四国、九州、沖縄、台湾に分布する。

 Three cytoarces, 2n=12, 13, 14, are known in this species. The race, 2n=13, is sterile or semisterile. Distributed in Taiwan and southernmost Japan, including Shikoku, Kyushu and Loochoo Island.

1)−1: サイトレース・1  2n=12=10M+2T

 花茎は長さ〜55cm、緑色。花被片は〜7cm、幅〜1.6cm。おしべは長さ7.5-8.8cm、葯は黄白色。めしべは長さ〜10.5cm、先端(柱頭)のみ紅色。花筒は〜2cm。副花冠が発達。小花柄、0.6〜1cm。葉は長さ〜60cm、幅〜3.0cm、暗緑色。上面光沢あり。標準的な個体は10月に開花し、葉は11月から伸展し始め晩春には枯れる。

1)-1: Cytorace-1.  2n=12=10M+2T

  Leaves lorate-lanceolate, to ca. 60 cm long, to 3 cm broad, dark green with gloss. Scape to 55 cm long. Spathe-valves ovate, 3.5-4.5 cm long. Pedicels 0.3-1.0 cm long. Tepaltube 1.5-2.0 cm long. Tepals to 7.0 cm long, to 1.6 cm broad. Stamens 7.5-8.5 long, with yellowish anther. Style 10-10.5 cm, reddish only on top. Leaves emerging in November and die in late spring; Scape produced in late September to early October .

1)−2: サイトレース・2   2n=14=8M+6T

 サイトレース・1に比べ、花被片の反り返りと辺縁の波打ちの程度が少なく、葉の色が黄緑色である点で区別できる。

1)-2: Cytorace-2  2n=14=8M+6T

  Petals not strongly recorved and less undulated. Leaves yellowish green.


 サイトレース・2の果実+種子と葉。

 Fruits with seeds and 
 leaves of cytorace−2.  



2) ヘンシャンショウキラン(仮称)  L. hengxianensis Kurita et Hsu, sp. nov.


  江西チワン族自治区の横県(Heng Xian)で採集された分類群。核型は2n=12=10M+2Tでショウキランのサイトレース・1と区別できないが、形態的には識別される。
 花期は10月上旬。花茎は高さ20cm。総苞は約3cm。花は斜上して咲き、小花柄は3.0-3.5cm。花筒は8-10mm。花被片は長さ4.5-5.0cm、幅10-12mm、緩やかに波打ち反り返る。花糸は花被片より長く7−8cm、葯は薄いオレンジ色。花柱は長さ9cm、先端の2cmほどが紅色。葉は長さ−37cm、幅15-27mm、ショウキランに似て暗緑色、10月下旬から伸展、葉の裏側に光沢がある。

 


2)  L. hengxianensis Kurita et Hsu, sp. nov. 2n=12=10M+2T

   Leaves lorate-lanceolate, to ca. 40 cm long, to 2.7 cm broad, dark green with gloss. Scape to 20 cm long. Spathe-valves ovate, 3.0 cm long. Pedicels 3.0-3.5 cm long. Tepaltube 0.8-1.0 cm long. Tepals to 5.0 cm long, to 1.2 cm broad. Stamens 7.0-8.0 long, with yellowish anther. Style 8.5-9.0 cm, reddish upper part. Leaves emerging in late October and die in late spring ; Scape produced in late September to early October . This taxon was collected at Heng Xian, Guangxi Zhuang Autonomous Region, China



3) アウレア  L. aurea (L'Her.) Herb
.

 中国南西部からインドシナ半島上部にかけて分布し、たいへん多型的な種であるが、稔性のある分類群は2つのサイトレースに分別できる。2n=14=8M+6T2n=16=6M+10Tの分類群である。
 
 This species is distributed in southweastern China and upper part of Indo-China Peninsula. Very polymorphic but the fertile plants can be devided into two cytoraces, 2n=14 and 2n=16.


3)−1: サイトレース・1  2n=14=8M+6T

  開花は10月上旬に始まり、間もなく葉が伸展する。葉は長さ〜60cm、幅〜4cm、裏面の基部と中肋が赤紫色。花茎は55−65cm。総苞片は長さ4.0−4.5cm、小花柄は2.0−4.2cm、花筒は0.5−2cm。花被片は長さ7.5−8.0cm、幅は1.2−1.3cm。雄しべは8−9cm、葯は紫紅色。雌しべは12cm、上部1/3が紅色で、開花初期には垂れ下がっている。自家受粉を避けるためだろう。

3)-1: Cytorace-1.    2n=14=8M+6T

  Leaves lorate-lanceolate, to ca. 60 cm long, to 4 cm wide, basal part and midrib of reverse tint reddish purple. Scape to 55-65 cm long. Spathe-valves ovate, 4.0-4.5 cm long. Pedicels 2.0-4.2 cm long. Tepaltube 0.5-2.0 cm long. Tepals to 7.5-8.0 cm long, to 1.3 cm wide. Stamens 8-9cm long, with reddish-purple anther. Style 12 cm, upper part 1/3 reddish, pendulous. Leaves emerging in late October and die in late spring; Scape produced in late September to early October .

3)−2: サイトレース・2   2n=16=6M+10T

    開花は10月上旬に始まり、間もなく葉が伸展する。葉は長さ〜80cm、幅〜6.5cm、葉質は薄く、白緑色で裏には白いワックス粒が付く。属中最大。花茎は〜65cm。総苞片は長さ4.0−4.5cm、小花柄は0.8−2.5cm、花筒は0.5−1.5cm。花被片は長さ7−9cm、幅は1.0−1.2cm。雄しべは8−10cm、葯は黄白色。雌しべは〜12cm、上部1/3が紅色で、開花初期には垂れ下がっている。この分類群にはB染色体を持つ個体がある。

3)-2: Cytorace-2.     2n=16=6M+10T

  Leaves lorate-lanceolate, to ca. 80 cm long, to 6.5 cm wide, herbaceous, reverse side glaucous. Scape to 65 cm long. Spathe-valves ovate, 4.0-4.5 cm long. Pedicels 0.8-2.5 cm long. Tepaltube 0.5-1.5 cm long. Tepals to 7.0-9.0 cm long, to 1.2 cm wide. Stamens 8-10cm long, with yellowish anther. Style 12 cm, upper part 1/3 reddish, pendulous at beginning. Leaves emerging in late October and die in late spring; Scape produced in late September to early October.

上の写真: はCytorace-2の葉。中央は葉の基部に残っている前年の葉の名残。L. aurea の特徴の一つ。は Cytorace-1 の紫紅色の中肋を示す。

Left: Leaves of the cytorace-2. Middle: Basal part of leaves and scape, showing residues of old leaf. Right: Leaves of the cytorace-1, showing purplish midrib.



4) ロンギトゥバ  L. longituba Y.Hsu & G.J.Fan   2n=16=6M+10T

  中国の固有種で、江蘇省と安徽省に分布している。多型的な種で花形、花色に変異が見られ、黄色の花のものを変種(var. flava)として取り扱っている。花筒部が際立って長いことと花によい香りがあるのがこの種の特徴である。核型は2n=16=6M+10T。
 花は7〜8月に咲き、よく結実する。花茎は高さ60〜80cm、総苞は〜5cm、小花柄は1.5〜4.5cm、花筒は4.5〜6cm、花被片は長さ7〜9.5cm、幅は2.5−3.4cm。雄しべは6〜7.5cmで花被片より短い。雌しべは7-9.5cmで花被片と同長、上半分が紅色を帯びる。葉は早春から伸び始め5月には枯れる。大型で長さは〜63cm、幅は〜4cm、やや肉質で淡緑色。

4) L. longituba Y.Hsu & G.J.Fan   2n=16=6M+10T

  Endemic to China (Jiangsu and Anhui). Very polymorphic species. Variable in flower color and shape. Plants with yellow flowers classified as a variety, L. longituba var. flava. Very long tepatube and its fragrance are marked chracteristics of this species.
  Leaves lanceolate, to 63 cm long and to 4 cm wide, somewhat fleshy and pale green, appearing in early spring and wither up in May. Scape, 60-80 cm hight, appearing in July to August. Spathe, to 5 cm long. Pedicel 1.5-4.5 cm, tepaltube 4.5-6.0 cm. Tepals 7-9.5 cm long, . Stamens 6-7.5 cm, shorter than tepals. Style 7-9.5 cm, nearly equal to or slightly exceeding tepals.

上の写真: はユリ型のもので花被片はやや肉質。中央は薄紅を帯びるタイプでナツズイセン的。は短花被型で、花被片も花筒も標準より短い。

Left: Lily like flowered palnt, with fleshy tepals. Middle: Pale redish flowers, peach-colored in bud. Right: Short perianth type. Size of flowers is smaller than that of the typical palnts.

上の写真: はやや黄みを帯びるが純白に近いタイプ。原記載のものに近い。中央は変種のフラヴァ。花被片の幅が狭いタイプ。この分類群は1982年に記載される以前、1930年代に中国から日本へ移入されて栽培されていた(Caldwell, 1979)。これを実験材料に使った稲荷山(1937)は、同定を誤って L. straminea の名で発表し混乱を招いた。は標準的な個体の葉。

Left: Pure white type. Characters of this flower accord with type specimen. Middle: Flowers of L. longituba var. flava. Right: Leaves of typical L. longituba.

   

核型: は母種のもの。は変種のフラヴァのもの。共に 2n=16=6M+10T.

Karyotype: Left, L. longituba var. longituba.  Right, L. longituba var. flava. 2n=16=8M+10T.



5) キネンシス L.chinensis Traub 2n=16=6M+10T & 2n=16=6M+2sm+8T

  
  中国と韓国に分布する。2つの分類群(サイトレース)、L. chinensis var. chinensis; 2n=16=6M+10T と L. chindensis var. sinuolata; 2n=16=6M+2sm+8T が知られている。


5)-1: キネンシス  L. chinensis Traub var. chinensis


   中国の固有種で河南省、狭西省、四川省、浙江省、江蘇省などに分布する。7〜8月に開花し、葉は早春に現れ5月には枯れる。花茎は高さ〜60cm、総苞は長さ〜3.5cm、小花柄は10〜20mm、花筒部は15〜25mm、花被片は長さ70〜85mm、幅は10〜15mm、雄しべは65〜80mm、葯は黄色、雌しべは85〜100mm、先端部が紅色。葉はロンギトゥバによく似ていて、やや小ぶり。長さ〜52cm、幅は〜3cm。核型はロンギトゥバと同じ。

5)-1: L. chinensis Traub var. chinensis     2n=16=6M+10T

  Endemic to China (Henan, Shaanxi, Sichuan, Zhejiang, and Jiangsu).
  Leaves lanceolate, to 52 cm long, to 3.3 cm wide, somewhat fleshy and pale geen, smaller than L. longituba, appearing in early spring and wither up in May. Scape to 57 cm long. Spathe ovate, 3.0-3.5 cm long. Pedicels 1.0-1.6 cm long. Tepaltube 2.3-2.5 cm long,. Tepals to 7.0 cm long, to 1.5 cm wide. Stamens 6.5-7.5cm long, with yellowish anther. Style 8.5-9.0 cm, upper part 1/3 reddish, longer than tepals. Scape produced in mid July to August.


5)−2: キネンシス・シヌオラタ L. chinensis Traub var. sinuolata K.H. Tae & S.C. Ko 

  韓国南部のの内蔵山と白羊山に分布するサイトレース。7〜8月開花、早春出葉。花茎は高さ〜70cm、総苞は長さ〜35mm、小花柄は〜30mm、花筒部は〜12mm、花被片は長さ〜70mm、幅〜16mm、雄しべは70〜75mm、葯は黄色、雌しべは70〜73mm、先端部は紅色。葉は長さ〜47cm、幅〜2cmで母種より一回り小型。一対のsm染色体は、T染色体の構造変化(逆位)によって生じたものだろう。

5)-2: L. chinensis Traub var. sinuolata K.H.Tae & S.C.Ko

  Endemic to Korea (Naejang, Baekyang).
  Leaves lanceolate, to 47 cm long, to 2.0 cm wide, harbaceous and pale geen, smaller than var. chinensis, appearing in early spring and wither up in May. Scape to 70 cm long. Spathe ovate, 3.0-3.5 cm long. Pedicels 2.0-3.0 cm long. Tepaltube, to 1.5 cm long. Tepals to 7.0 cm long, to 1.6 cm wide. Stamens 7.0-7.5cm long, with yellowish anther. Style 7.0-7.8 cm, upper part 1/3 reddish, longer than tepals. Scape produced in July to August.



6) アンフイエンシス  L. anhuiensis Y.Hsu & G.J.Fan   2n=16=6M+10T

  中国の固有種で安徽省、江蘇省に分布している。核型はロンギトゥバやキネンシスと同じ。原産地のランヤーシャンではキネーンシスと混生していて中間型も見られる。
 開花期は8月、葉は早春に伸展する。花茎は高さ〜50cm、総苞は長さ〜40mm、小花柄は15−17mm、花筒部は20−24mm、花被片は長さ70−75mm、幅15−20mm、雄しべは60−70mm、葯は黄色、雌しべは70−80mm、先端が紅色。葉は長さ30−50cm、幅は2.5−4.0cmでロンギトゥバ同様にやや肉質。また、この分類群にもB染色体を持つ個体がある。


6) L. anhuiensis Y.Hsu & G.J.Fan   2n=16=6M+10T

  Endemic to China (Jiangsu and Anhui). On stony slopes in the mountains.
  Leaves lanceolate, to 50 cm long and to 4.0 cm wide, somewhat fleshy and pale green, appearing in early spring and wither up in May. Scape, to 50 cm hight, appearing in July to August. Spathe, to 4 cm long. Pedicel 1.5-1.7 cm, tepaltube 2.0-2.4 cm. Tepals 6.7-7.5 cm long. 1.5-2.0 cm wide. Stamens 6.0-7.0 cm, shorter than tepals. Style 7.0-8.0 cm, nearly equal to or slightly exceeding tepals.


前のページにもどる : Back to the previous page.