No.11

今日のリコリスガーデン No. 11

Lycoris Garden Report 2008 No.11

September 4 〜 October 12


Sept. 4:
 3倍体キツネノカミソリ(Triploid L. sanguinea
Sept. 4:
 スペリー (L. chinensis) 


Sept. 4:
 アウレア (L. aurea var. latifolia 2n=16) 標準的な開花期より3週間ほど早く咲きました。
Sept 4:
 かがり火。確かに夕暮れ時には赤みが増すような気がします。スプレンゲリーが片親ではないでしょうか。


Sept. 5:
 杭州植物園作出プミストラ(L.pumila X L.straminea)
Sept. 6:
 満開のロゼア(L. rosea)


Sept. 6:
 満開のスプレンゲリー(L. sprengeri
Sept. 7:
 莫干山産、タイプC Prob.: L.chinensis X L.pumila


Sept. 9:
 莫干山産、タイプD 3X Prob. L.chinensis X L.pumila
Sept. 9:
 
ホウディシェリー  L. houdyshalii


Sept. 17:
 
咲き始めたストラミネア L. straminea
Sept. 20:
 
カルドゥエリー L. cardwelli


Sept. 21:
 
ロンギキネン Prob. L.longituba X L.chinensis
Sept. 21:
 
シロバナヒガンバナ L. albiflora


Sept. 21:
 サツマビジン  Prob. L. radiata X L. traubii
Sept. 22:
 明日は秋分。ヒガンバナは花盛り。 L. radiata


Sept. 22:
 久しぶりに咲いてくれた韓国の白羊山産のムジナノカミソリ (L. sanguinea var. koreana)です。
Sept. 22:
 九州産の秋咲きのキツネノカミソリ(L. sanguinea)です。ムジナノカミソリとの区別は困難ですが、花糸・花柱と花筒部の長さに違いがあります。


Sept. 26:
 
ベニサツマ L. sanguinea X L. traubii
Sept. 27:
 ヤエザキヒガンバナ L. radiata var. duplexa


Sept. 28:
 フォーン  Prob. L. radiata X L. aurea 
Oct. 2:
 アウレア L. aurea var. latifolia フロリダ州からの里帰り


Oct. 8:
 ショウキラン L. traubii 近くの鹿島神社の参道の生垣の中から顔をのぞかせていました。多分 2n=14=8M+6Tでしょう。
Oct. 12:
 今年のリコリスガーデンの最後を飾ったホンコンショウキラン(L. aurea var. aurea; 2n=15=7M+8T)です。

 

今年のリコリスの花の饗宴も幕を閉じました。これからは緑のつややかな葉を楽しませてくれるはずです。
お礼肥えをたくさんあげて、来年もまたよろしくとお願いしました。


このページのトップへ   目次に戻る