世界の交通事情 TRAFFIC EYES

 『草と木と花の博物誌』の番外編として東京交通安全協会発行の『交通安全ジャーナル』に不定期に連載中の「世界の交通事情」です。花追いの旅の途中で見た世界各国の現代交通事情の一端です。


目次

1) <大西部への入り口の町、セントルイス、USA>               Nov. 1999
2) <バオバブの樹の下を馬車が行く、マダガスカル>             June 2000
3) <アフリカ随一の道路網を誇る”多様の国”、南アフリカ>         Nov. 2000
4) <個人経営のバス1万台が路線図なしで走る、チリー>          March 2003
5) <バス・タクシー・地下鉄が縦横に走る”南米のパリ”、アルゼンチン>  Aug. 2003
6) <広大な国土での移動手段の主役は自動車と航空機、ブラジル>    Nov. 2006

お好きな項目をクリックしてお入りください

 トップページへ戻る