チェンナイでカッチェリ(KUTCHERI)とよばれる
コンサートのインフォメーションの入手方法


ごく普通は“THE HINDU”(ヒンドゥー)というナショナルペーパーのCITY
のページの“MUSIC DANCE DRAMA”の欄を見ます。
その日市内で行われるサンギータ(音楽)やダンスやシアターのプログラムが
でているのでそれでチェックできます。
このヒンドゥーという新聞ですが、こと私たちの住んでいる南インドでは質、内容、知名度など
何をとってもだんぜんNO.1の新聞です。
毎週金曜日にくる“FRIDAY REVIEW”(フライデイレビュー)と呼ばれるページでは
ミュージック・ダンス・シアター・TVの評がきます。
これにプログラムの評が載ろうものなら、1日中『おめでとう!』の電話が
かかってくるくらい、いろんなダンサー、ミュージシャン、サバ関係者
ラシカーの皆さん(芸術愛好者)がチェックしているものです。




さて、普通の時期なら“HINDU”でカッチェリをチェックで十分なのですが、
12月から1月中旬に毎年チェンナイで繰りひろげられる
『ミュージック・ダンスシーズン』についてはそうはいきません。
なにせ毎日、新聞紙面半分以上のカッチェリの量なのです。
これは読めません!読んだとしても、予備知識のない人には
どのコンサートがお薦めなのかもわかりません。
(それの目安として、当HPで、チェンナイ内だけでも何十もある
サバのなかの有名なサバのランク表をつくりました。 )


その“THE HINDU”には毎年12月1日にメジャーなサバごとの
シーズンスケジュールが載ります。
これは、すべてのスケジュールがフィックスしたあとの情報なので、
かなり正確な情報が得られます。


2002-3年シーズンのHINDU紙面のアカデミーのスケジュールです。
クリックすると大きくなります。



12月1日のヒンドゥーが手に入らなかったとしても
まだ情報収集の手はたくさんあります。


いろんな会場のチケットカウンターでもらえる無料のポケットサイズの
スケジュールブックもあります。
(結構情報が古いので、スケジュールのチェックは必要ですが)ちなみに
これは日付ごとのスケジュールに分類してあります。
ミュージックに力を入れているサバがたくさんのっているので
音楽をチェックしたい人はこういうのがいいのかも.


また私が毎年活用しているものの中ではシャンティーテーラーというダンス専門店の発行している
『シャンティープログラミングダイヤリー』もおすすめです。
だいたい12月15日過ぎにできるその掲載情報は比較的新しいので会場に行って
「あれっ、アーティストが違うぞ。」などということもありません。
有名なサバごとにスケジュールがわかれているので結構使いやすいです。
これも無料です。
はっきり確かめてはいませんが、たぶんお客さん用に作っているのではと思われます。
こちらは、ティーナガルとマイラポールにあるお店で入手可能です。




チェンナイの『ミュージック・ダンスシーズン』については
現在はインターネットでも情報収集可能(毎年11月以降にでます)なのですが
アーティストもその日その日で違うアイテムをやっているので
同じアーティストでもこの日はスーパーだったけど
この日はつまらなかった、などということもあります。

なんたって、そこはインドのお話ですから
臨機応変にチェンナイに行ってからゆっくりお茶でも飲んで
・・・・・・・・・あっそうだ!・・・・・・・・・・・
シーズンの時には会場にキャンティーンとよばれる軽食の食べられる
仮設会場ができるので、朝から晩まで会場から会場へ飛びまわる忙しい
腹ペコオーディエンスの皆さんはどうぞ試してみては?
仮設とはいえ、これがどこの会場も結構いけるんですよ。


それでは皆様、カッチェリを楽しんでくださいね。

 

カッチェリに行こう