keiko watanabe profile




KEIKO WATANABE-渡辺桂子
日印両国で活動する南東インド古典舞踊
 KUCHIPUDI(クチプディ)のパフォーミングアーティスト。

東京でバラタナティヤムを日本の師匠2人に師事した後、渡印。
96年1月より毎年約6ヵ月南インドのチェンナイに滞在し、
クチプディダンス(人間国宝
ヴェンパティ チンナサティヤム スタイル)の研鑽、公演活動をしている。

Guru SathyaPriya ramana,Guru SailajaGuru Uma Muralikurishnaに師事した後
Guru Vani and JaiKishore Mosalikantiに師事。

現在グル キショールのダンスグループのメンバーとして
コナーラク ダンス フェスティバル、ミュージック アカデミー
といった重要な舞台に出演している。

インド各地での公演活動は、
THE HINDUなど有力紙において高く評価されている。
最新の公演評はこちら 

ソロ公演において
DOORDARSHAN(インド国営放送)出演。
チェンナイ ディッセンバー シーズン ソロ公演
(クリシュナ ガーナ サバ、バラタ カラチャー、バラティヤ ビディヤ バーワン、
カルティック ファイン アーツ、ブラマ ガーナ サバ、ティヤガ ブラマ ガーナ サバ...etc)
チェンナイ ディッセンバー シーズン グループ公演
(ミュージック アカデミー、クリシュナ ガーナ サバ、バラタ カラチャー
インディアン ファイン アーツ、 カルティック ファイン アーツ...etc)
他 インド各地での政府主催の公演、芸術振興団体主催の公演などを精力的に行う。

04年12月チェンナイの芸術振興団体
「シュリー・クリシュナ・ガーナ・サバ」より、クチプディアーティストとして
“BEST DANCER AWARD”(ROHINI KRISHNAN、 
NEW DELHI、ENDOWMENT)を受賞。

03年”SIVA FOUNDATION”よりダンサーアワードを受賞。

東京にてKUCHIPUDI KEIKO DANCE SCHOOL を主宰。


現在、日本、インドにおいて公演活動を行う他、
インド古典舞踊家をはじめ、様々なジャンルのアーティストとのコラボ,
後進の育成を通してのクチプディの普及に努めている。

 


TOP