護国山 善昌寺 二

2004年8月

大鬼瓦 前回,出張をいかし訪れた善昌寺

翁山を背にした静かな歴史あるたたずまい
そして
あまりの大きさにびっくらたまげた大鬼瓦・棟瓦
もう一度訪れ,住職さまとお会いしたいな〜と思っていましたら

妻の用事で善昌寺のある上下町のずずいと北
比婆郡へ一泊で行くことに…チャ〜ンス!!
今回は事前に連絡をとらせていただき,再度訪問!!
大鬼瓦

<<善昌寺一  <<名刹トップ  <<トップ  <<サイトマップ  


まずはびっくら大鬼瓦・棟瓦どんと再会!!
大鬼瓦 大鬼瓦 大鬼瓦
大鬼瓦どん 棟瓦どん お元気でしたか〜
初めて見る妻とおたん娘は,もちろんぶっくり!!(おたん娘語)
いつもは鬼や仁王さんのちっちゃなお面でもこわがる娘ですが,あまりの大きさに圧倒され怖がる間なし??

大棟瓦 大棟瓦
大棟瓦も 背〜高い! 長〜い!! でっかい!!!
片面には迫力ある見事な龍が向かい合っています

住職さまのお話では,鬼瓦・棟瓦のあった本堂はもともとは茅葺きだったため
柱への負担が大きくなり,瓦よりも軽い銅板に葺き替えたそうです
どど〜んと本堂上にそびえ立っていた姿…想像想像?!


そそり立つ石垣 山 門
石垣 山門
石垣の曲がり具合もまた見事だな〜 などなど
うろちょろ大好きな道草を食いまして??
やっとこさ山門をくぐり
本堂前で,三人そろって手を合わせました

法事よりお帰りになられた住職さまに,さっそくに庫裡に招じ入れていただき
冷たいお茶をご馳走になって,ご挨拶しばしお話を

娘は,住職さまが抱いてこられたかわいいワンちゃんに
ちょこっとびびりつつも興味津々?!

お寺を案内してくださる住職さまにつきしたがって
まずは本堂へ!!

わわわ ひろ〜い!!
外観からの私のひんそな想像をくつがえす かなりの広さにびっくり!!

鴬張りの廊下を歩いて,その音色にウキウキ楽しい気分?!
本堂再建時,京都より名工を招きつくられたものだそうです

その昔お坊さんが乗っていたという駕籠を見せていただき
それまで「お坊さんと駕籠」というイメージが全くなかったので驚き!!

いろいろと親切に説明していただいて
ご本尊
千手観世音菩薩(秘仏)さまの前に座り,心静かに手を合わせました

ご本尊の向かって右手には
大権修利菩薩 左手には達磨大師
初めて見る大権修利菩薩の右手をかざし遠くを見る姿がとても印象的でした
曹洞宗の様式とのこと
この二仏は運慶派作,ご本尊は安阿弥作と伝えられるそうです

次は,外を案内していただけるということで
お茶とともにお出しいただいていたお菓子を
遠慮なくぜ〜んぶいただいて(ありがとうございました!!)外へ


山門二階 十六羅漢
山門二階 十六羅漢 山門二階 十六羅漢
まず案内していただいたのが なんと山門の二階部分!!当然ながら初体験
あがるだけでもウキウキドキドキでしたが,あがってみて・・・
ほえ〜!!仏像がたくさんならんでいる〜?!

興奮を抑え? お話を聞くと,
十六羅漢さまとのこと
まさか山門の二階に十六羅漢像がならんでいるとは思いもよりませんでしたが
曹洞宗の様式ということです

お言葉に素直にあまえまして写真を撮らせていただきました
彩色のお話など聞きながら,しばらくの間見入ってしまいました


山門 寺側より 坐禅堂 額 坐禅堂
山門 坐禅堂 扁額 坐禅堂
この窓の向こうに
先ほど見せていただいた
十六羅漢像がずらりと…
ん〜すごいな〜
窓の上にかかる額は
おじいさまの書ということです
開創当時の仏殿で,当時の建物として唯一残っている坐禅堂
住職さまがとびらを開けてなかを見せてくださいました
正面上手には
釈迦・薬師・阿弥陀の三尊仏
その下にはいすに静かにお座りになる
開祖
仏心慧燈国師の木像が
ここで,古くからいろいろな方が座禅を組まれたのだな〜
あらためて歴史の重みを感じました

坐禅堂正面,山門(寺側)にかかる額  そこにともに書かれた三文字
ん〜なんと読むのだろう? 『玉三昧』?では意味がわからないな〜 『坐三昧』?かな〜?
住職さまにお尋ねしました がしかし あろうことかその時お聞きしたことを私忘れてしまいました…

『HP護国山善昌寺』さまを通して,再度教えていただきました

『王三昧』と書いてあり,あまたの○○三昧のなかでも
坐禅三昧は『King of 三昧』である!
といった意味と
住職さま,失礼な私に,徳をもってご教示いただきありがとうございました
しかも『King of 三昧』というすばらしくお洒落な?お言葉,参りました〜




鐘楼 本堂 象の木鼻
鐘  楼 本堂 象の木鼻

説明していただきながら,ゆっくりとお寺を案内していただき
とても充実した時を過ごすことができました
ふつうなら見ることができないところまで拝見せていただき感謝しております
また,娘にも,ワンちゃんのひもを持たせていただいたりと,お気遣いいただきありがとうございました
ワンちゃんミニ散歩?・・・娘の初体験となりました〜

住職さま,貴重なお時間を私どものためにさいてただき
本当にありがとうございました!!

上下の町
上下の町 うだつ
なまこ壁白壁
歴史ある町並み
いい雰囲気だな〜
うだつがあがらぬの『うだつ』
ピントが合ってなくて…
全くうだつのあがらぬ私?!
民話の郷
昔話の絵本やビデオも
あって 娘も大喜び!!

上下の町また訪れてゆっくり散策してみたいな〜
翁山より望む上下の町
翁山より望む上下の町 

住職さまにお寺を案内していただくという貴重で光栄な初体験

善昌寺の歴史の重さをより深く感じ,善昌寺空間をより素敵に感じました

お優しく,楽しき!!住職さま 今後ともどうぞよろしくお願いいたします

ページトップ▲