慧日山  東  福  寺

2003.8月 
2004正月二日

<<名刹トップ  <<トップ  正月二日東福寺>>  東福寺方丈庭園>>


臨済宗東福寺派大本山 山号は慧日山
1239(延応1)年,藤原氏氏寺法性寺内に九条道家が仏殿を上棟
東大寺,興福寺になぞらえ,寺名を東福寺とした
応仁の乱などにより荒廃するも,権門勢家の援助により復興
国宝三門は最大且つ最古の荘厳な趣


京都在住時,ここ東福寺も身近な存在であったものの
身近すぎて?一度も訪れたことはありませんでした・・・

国宝三門が日本で最大且つ最古の山門であること
方丈北庭の石と苔の市松模様を見たいと思い訪れました

が,用事ができ時間がなかったため,方丈拝観もならず駆け足巡りとなってしまいました・・・

         三門      三門         
国宝 三 門
さすが最大且つ最古!!小雨煙る中,荘厳な存在感・・・
雨に濡れ黒く光る瓦と歴史の重みを感じる木の色
そしてところどころに塗られ全体を引き締めるかのような白のコントラストが美しかったです

法堂
法 堂
明治廃仏毀釈,大火でも伽藍は打撃をうけ
この法堂は1934(昭和9)年の竣工
         法堂から方丈,通天橋へと向かう廊      法堂から方丈,通天橋へと向かう廊         
法堂から方丈,通天橋へと向かう廊
(法堂西より)
法堂から方丈,通天橋へと向かう廊
(法堂北より)
瓦屋根の傾斜と木立のように並びつづく柱が美しい
この廊を北に向かい,拝観受付を通れば
方丈,そして開山堂へいたる歩廊『通天橋』を楽しむことができたのですが・・・
む,無念?!

  経蔵    禅堂    東司
経 蔵 禅 堂 東 司
室町時代建造のトイレ

三門と法堂
法堂をバックに美しい三門

     臥雲橋    臥雲橋より望む通天橋    臥雲橋横 築地塀     
臥雲橋
境内外三の橋川に
架かる屋根つき橋
臥雲橋上より望む 通天橋
紅葉の季節
はことにすばらしいそうです
秋に訪れたい〜
臥雲橋横 塀
斜面に立つ築地塀
木々とともに風情…

三門の荘厳さ,臥雲橋からの通天橋の美しさ!!
今回拝観することができなかった
方丈,通天橋,開山堂…
またゆっくりと訪れてみたいです 秋に来れたらな〜…

ページトップ▲