栂尾山(とがのおさん)  高  山  寺
高山寺 正月三日

2004.1.3

奈良時代末,光仁天皇勅願により開創され,平安末期に神護寺の別院となる
1206(建永1)年,後鳥羽上皇院宣により明恵上人にこの地が与えられ
華厳宗興隆の道場として中興開山
上皇より勅額『日出先照高山之寺』を賜り高山寺と号した
1994(平成6)年ユネスコ世界遺産に登録された

<<トップ   <<名刹トップ


大晦日大覚寺,元日毘沙門堂,二日東福寺,そして三日…高山寺へ
初体験 年末年始のお寺巡礼?!
しめは?山のお寺を訪れてみようと,神護寺のもちょっと奥 高山寺へ!!

高山寺 表参道 入り口
表参道入口石段
車で周山街道を北へ向かい,山のなかへなかへ
神護寺の入口をちらと見て? もそっと奥へ〜〜到着!!
清滝川に面する駐車場には車もまばら…
ぐるりとまわりを山に囲まれ
表参道入口の石段の前に立つと…静寂

金堂へと向かう金堂道(表参道)
石段を登り,石灯籠の間をぬけ,金堂へと向かう金堂道を行く
杉並木と苔生す石垣がとても印象的
菱形連なる敷石 苔生す石垣 間雲亭と石水院
菱形連なる敷石
入口石段登ってすぐ
石灯篭と敷石がお出迎え・・・
苔生す石垣
参道に沿ってつづく
苔石垣が醸し出す雰囲気
間雲亭と石水院
木々の間から
ちらりちらり??

金堂への石段
金堂への石段 金堂への石段
静かな金堂道の緩やかな坂道を
静かな雰囲気を楽しみながらゆっくり登っていくと
金堂への急な石段が杉並木の間に姿を現す

金   堂
江戸時代に仁和寺から移築されたという
金堂 金堂
石段を登りきったところに
ひっそりとたたずむ…
釈迦如来を本尊とする
室町時代の建物

仏足石
金堂から開山堂へと向かう小道に

開 山 堂
開山廟から開山堂へと
下る石垣小径
開山堂
少し上には開山廟があります
参道石垣と開山堂
石垣の美しさ…


石 水 院 へ
書院から石水院へ 山門
書院・石水院への入口
書院より石水院へと
渡る廊

石水院西面
鉄斎の額
『石水院』
石水院南面
後鳥羽上皇勅額
『日出先照高山之寺』

石 水 院 内
明恵上人が後鳥羽院より学問所として賜った建物
上人時代の唯一の遺構(国宝)
簡素な趣き
落ち着ける空間
南に向かって
どど〜んと大きく開放!!
桜や紅葉の頃訪れたいな〜
伝運慶作
上人遺愛の犬

開山堂への石段
山門前より開山堂へ向かう
石段を振り返る
裏参道
ここを下ったところが駐車場
清滝川
つめたそ〜うな流れ

とても静かな雰囲気のなか,木々や苔生す石垣を楽しみながら
ゆっくりと気持ちよ〜く,散策気分で巡ることができました
石水院では,腰を落ち着け,心静かなひとときを過ごすことができました

ページトップ▲