音羽山  清  水  寺
清水寺

2003.3月

<<名刹トップ  <<トップ


 京都といえば清水寺
 毎年末,その年の世情を一文字で大書することでも有名ですね
 
御本尊観音は三十三年に一度御開帳され,前回拝見することができました
 今回は,
奥の院御本尊『三面千手観音坐像』特別拝観が
なんと二四三年ぶり
ということで訪れましたが,行列行列で…断念

 
798(延暦17)年,坂上田村麻呂が僧延鎮と協力し
本尊十一面千手観音像,脇侍地蔵菩薩・毘沙門天像をつくり本堂に安置したのが
北法相宗清水寺の歴史のはじまりということ


清水寺に至る道中の八坂の塔        三年坂(産寧坂)  

 八坂神社・円山公園から清水寺に向かう途中
『八坂の塔』
『三年坂(産寧坂)』
三年坂はとても美しく整備され,それでいて歴史と情緒を感じさせてくれます
人は確かにほとんど年中多いようですが・・・
雰囲気のいいお店もあり,ふらっと立ち寄ってちょいと品定め??も楽しいです


西門を前に建つ三重塔    本堂への入り口となる轟門

坂をえっちらおっちら登ってきて出迎えてくれるのが,西門を前に建つ三重塔(写真左)
そして,本堂への入り口となる
轟門(同右) ともに重文

243年ぶりの奥の院御本尊御開帳を知らせる立札  243年ぶりの奥の院御本尊『三面千手観音坐像』御開帳を
知らせる立札が迎えてくれました

  銅像は,木造高さ64.3cm,左右計42本の腕と27面の顔
 をもつ珍しい様式の像だそうです

 鎌倉時代初期,運慶・快慶らに代表される慶派の仏師により
製作された可能性が高いとのこと(右画像は新聞より)
奥の院御本尊『三面千手観音坐像』(新聞より)


阿弥陀堂 観世音菩薩立像

聖観世音菩薩立像

奥の院 御仏像 奥の院 御仏像 奥の院 御仏像

 御仏


奥の院から清水の舞台を望む

 『清水の舞台』

 奥の院前より撮影
 舞台は139本の柱に支えられ13mの高さ
 何度見に来てもその雄大さと美しさに圧倒されます

舞台より音羽の滝,拝堂を望む 修繕中仁王門の鬼瓦
『清水の舞台』より望む音羽の滝と拝堂 修繕中の仁王門鬼瓦

清水寺奥之院御本尊御開帳ポスター    京都花灯路 ライトアップパンフレット

御本尊御開帳ポスターと清水寺周辺のライトアップパンフレット

清水さんにはこれまでも何度か足を運んでいますが,坂の道中,見事な舞台など
ほっこりさせてくれるところです
人の多さにはまいりますが…(自分もその一人でっけど…)
満月の夜に散策してみたいな〜??

ページトップ▲    

清水寺HP>>