ワンコワールド内 Contents Page 最下部に 各ページへ 戻る リンク があります。

☆ 噛ませない躾け ☆

何かを、子犬が噛んだりしているときに、取上げても噛まないようにするための 躾け方法です。
成犬でもできますので、試してください。

簡単な方法
1.まず、手始めに、食事のときに、食べてるのを ジーーーと、見ている様にしましょう。
  食べ終わるまでです! ( うなったり、威嚇しなくなるまで続けます )
2.慣れてきたら、手からエサを与えるようにします。
3.食事中に、「マテ」をかけて中断が、できるようにする。
4.食事中にエサをかまったり、食べてる邪魔をする。
  ( 時折、エサを手から与えたりする )
5.食事中に、エサを取上げる。これは、静かに待っていられるまで、続けてください。
  上記の方法を順番に出来るようになるまで、繰り返ししてください。

次に慣れてきたら、犬歯の上辺りの歯茎マッサージをします。
最初のうちはしつこくしないで、 さらっと・・・あれっもう、終り?位から、徐々に時間を延ばしていくようにします。
犬の最大の武器である口周りのコントロールができれば、怖いものなしでしょ?
徐々に範囲を広げ口全体を触れるようにしましょう。
歯石を取るのにも、大いに役立ちます。
普通、獣医さんに歯石取りを頼むと麻酔をかけて取るんですよ。
麻酔をかけずに、自分でできれば、愛犬にもとっても優しいですよね。

うちのワンコは、噛みそうで怖いっていう人は、皮手をつけてしてください。
{ 噛まれた場合のとても有効です }   練習風景

 噛んだ時の対処!

唇をワンコの歯にかぶせる ( 巻き込む ) 様に上下とも握って、怒る!
「ダメ」とか「イケナイ」とか。なるべく低い声で、諭すようにしましょう。
これは噛んだら 「 痛い 」っていう事をワンコに教えるためにします。
だから、手加減は禁物です!多少血がでても、唇の出血はすぐに止まります。
振りほどこうとしますので、力負けしないようにしてください。この、時点で負けてしまったら何にもなりません。

これが、できるようになると、薬を、飲ますとき!歯の歯垢取り! 物を取上げるとき!
などなど、利点がいっぱいあるはずです!

☆☆ 是非、しておきたい、躾けの1つですね ☆☆

 ☆☆ 子犬のあま噛みの直し方 ☆☆

子犬が噛んできた場合声を出しても(しかっても)意味がまだ、分ってないので 悲鳴としか子犬はとってないでしょう。
したがって、噛まれたても声は出さずに、子犬の唇を歯にくるむようにして、痛さを教えてあげます。
決して、大きい声で叱らないでください。

そうすると、噛むと「痛い」という事を学びます。

離したらすかさず、胸の辺りをなでながら褒めましょう。

 ワンポイントアドバイス

家に来た直後は、あまり積極的にかまわずに、そっとしておいてあげましょう。
寂しくなれば、自分から寄ってきます。
そのときに、手をさしだして子犬が臭いを嗅ぐか舐めてくるまで待ってあげます。
してきたら、軽く胸から首、頭と、順番に軽くなでてあげましょう。
まずは、家族としての認識をさせることが、一番重要です。




・・・Frame で閲覧している方へ・・・
URLを知りたい時、印刷や一時的にお気に入りに入れる場合などの為に単一 Page 表示に出来ます。
こちら をクリックしてください。 戻るときは、開いたページを閉じてください。

[ index-Page へ戻る ]    [ Top-Page へ戻る ]    [ Frame Main-Page へ戻る ]


Valid HTML 4.01!    Valid CSS!