ワンコワールド内 Contents Page 最下部に 各ページへ 戻る リンク があります。

☆ 頼れるリーダーになろう ☆

犬は、縦社会の動物だと他のページで話しました。
ということは、愛犬よりも上の立場で居続ければ、よく従う犬になるということですよね。
どうでしょうか?あなたは、愛犬を可愛がるあまり、甘やかしていませんか?

以下のような行動をしていたら要注意です。

○玄関や門などから出るときや入るとき、犬の方が先。
○散歩のときに、引っ張られている。
○何かの時に吠えたら、犬に向かって 「 どうしたの 」 とか話しかけてしまう。
○悪さをしたときも、犬の前でぶちぶち言いながら片付けをする。
○最初にいけないと決めた事も度重なると諦めて許してしまう。
○犬が嫌がったりすると、途中でやめてしまう。
など、ワンちゃん中心の考え方をしてしまう事です。

さて、犬全てが支配的とは言いませんが、飼い主がしっかりしたリーダーシップを取っていれば、
ほとんどの犬は、喜んでリーダーに従う気質を持っています。
飼い初めから一貫した姿勢で ( 同じ事をしたときに許されるときと許されないとき )
愛犬に接していれば権勢本能が発達する事もありません。
大切なのは、まだ子供だから・・・なんて手を抜かない事です。

何度も書きますが、可愛がる事と甘やかす事はまったくの別物です。

どんなに立派なしつけをしてもらっても、それを指示する飼い主が犬よりも上の立場でなくては、絶対に犬は従わないものです。
どんなに小さくても上下関係はわかります。
生まれたときから母犬のおっぱいの取りっこをして、学んでいるではありませんか!

 ワンポイントアドバイス

飼い主がしっかりしたリーダーになると、犬はリーダーに依存するようになり警戒、防衛などのストレスから開放されます。
つまり、リーダーが自分を守ってくれると思うようになり、攻撃的ではなくなる!という事につながるのではないでしょうか?
どうぞ。楽しい愛犬との生活を満喫してください。


・・・Frame で閲覧している方へ・・・
URLを知りたい時、印刷や一時的にお気に入りに入れる場合などの為に単一 Page 表示に出来ます。
こちら をクリックしてください。 戻るときは、開いたページを閉じてください。

[ index-Page へ戻る ]    [ Top-Page へ戻る ]    [ Frame Main-Page へ戻る ]