ワンコワールド内 Contents Page 最下部に 各ページへ 戻る リンク があります。

☆ 犬の雑学 ☆

 道端の草

犬は、元来肉食動物です。しかし散歩とかしていると、細長い青草とかを食べているところを見たことありませんか?
しかも、食べた後、吐く動作をしたり、実際に吐いたりという、経験はどうでしょうか?
これは、胃の調子の悪いときや、異物を飲み込んだ時、運動不足の時に見られる現象です。
毎日というか、しょっちゅうでなければ心配ありません。
ただし、道路脇の草には、除草剤や排気ガスなどが付着している可能性があるので、さけた方が賢明です・・
気をつけてあげてください。
慢性的に食べるのはダメです。胃酸の酸性度が高まり嘔吐しやすくなります

 犬の雑学

 口

歯は、上アゴに20本下アゴに22本あります。
本数は、小型犬も大型犬も同じ本数ですよ。

 足

犬は歩くときも走るときもかかとはつけず、つま先だけで体重を支えているんです。
だから疲れ知らずなんだよ。

 聴覚

犬の聴覚は、人間の役6倍くらい。耳を動かす筋肉は17もあります。。

 嗅覚

嗅覚は、人間の約100万倍。60センチの水槽にスポイトで”酢”を1滴たらしただけでわかるらしいですよ。

 知能

犬の知能は、人間でたとえると2〜3才児位らしいです。但し記憶力は、抜群みたいです。

 舌

ワンコの舌って面積や体積が、変わるって知ってましたか?
ワンコの舌は、必要に応じて、面積を変えて体内の熱や水分の発散をコントロールしています。

だから、ワンコの汗をかく所は、舌と鼻と、足の肉球だけなのです。
ワンコの身体は、毛に覆われてるんで、汗腺が発達してないのが原因です。
暑い日に、舌からぽたぽた落ちるよだれは、実は体温調節のためなのですよ!
もちろんハーハーいいながら息してるのもその一つです。

 味覚

これは、人と違って発達していません。 感じるのは、甘い、塩辛い、酸っぱい、苦いの4種類!
デリケートな味の違いは、判らないんです。
( 好き嫌いがあるのは、臭覚によるものです! )



 ワンコのそれって、ほんと?

 夢を見てる?

○実は、みているんですよ。本当です。動物心理学者の実験や研究で証明されてるんです。
寝てるときに、突然起き上がったり、吠えたり にやけたりするみたいですよ。

 笑うの?

○愛犬の笑顔?・・・想像できますか?・・・ほほえましいですよね。
耳を後ろに寝かせて、鼻にしわを寄せて、唇まで持ち上げるんです。
そして、目が優しく、細めになるんですよ。全部いっぺんにしたら、チト怖い気もしますが・・・
身体でも表現しますので、区別できるんでは?

 どれが怖いの?

○地震、雷、家事、おやじ、おまけに台風・・・ どれだか、分りますか?
  ↓
  ↓
  ↓
答えは、雷とおやじですよ!・・実は突然の大きな音が嫌いなんです!
だから、天罰方式の躾にも良く使われています。

 ストレスって感じてる?

○感じてますよ!ノイローゼになるケースもあるそうです。
原因は、生活環境、運動不足、飼い主のあやふやな態度などがあげられます。
特に飼い主の一貫性のない振る舞いにはすごくストレスを感じてるようです。

 食べ物の味って分るの?

○鈍感だけど、多少分るみたいです。
苦い、甘い、塩辛い、酸っぱいの4種類が分るみたいです。だから、デリケートな味は分らないんですよ。
だって、好き、嫌いあるよって反発が出そうですけど・・・
実は、それは、匂いで判断してるからなんですよ!

 ちょと昔話・・・大正の話

大正元年12月1日は、日本初の警察犬を採用した日です。
そしてこの日に警察犬用訓練士も任命されたという事です。

犬の鋭い嗅覚と服従性を犯罪の捜査に役立てる目的での採用だったみたいです。
採用されたのは2匹で「バフレー」と「リリー」という名前の犬だったそうです。

翌年の7月に、公開訓練の模様を披露し、命令にしたがって俊敏に動いたらしいです。

 写真の撮り方参考編

一味違った、写真の撮り方を紹介します。
愛犬に対して、上から撮ると普段と変わらないアングルになってしまうので犬の目の高さや地面すれすれから
狙って撮ると面白い斬新なアングルで撮れますよ。
また、写真嫌いな犬でも、カメラを床に置いておいて、撮る瞬間も持たずに、シャッターを押すと意外といい写真になります。
リモコンがあれば 、犬に意識させることなく撮れるので、とっても重宝です!

また、室内、室外を問わず、フラッシュをたくのが愛犬を鮮明に撮る秘訣です。
フラッシュは、逆光の場合でも、かなり有効で背景をとばしたフィルター的な効果も出せますよ。
試してみてください。

 アンケートテーマは、ペットについて

いま、飼っている又は、飼いたい動物は?
1−犬・・・・・・52%
2−猫・・・・・・25%
3−ハムスター、ペレットなどの小動物・・7%
4−熱帯魚、金魚などの魚類・・・・・5%
5−鳥・・・・・・4%
圧倒的に、ワンちゃんを飼いたい人が、多かったです。
やっぱり、従順で言ってる事が、ある程度理解できるからかな?

ペットは、どんな存在?
1−辛い事など、忘れさせてくれる ( 癒してくれる )
2−いっぱいあって、わかんない
3−元気の元 ( エネルギー元 )
4−心の支え
5−何でも話せる、友達
かなり、ペットに依存している傾向が、出てますね

ペットを飼っていて、一番大変なことは?
1−躾・・・・・・38%
2−手入れ・・・・20%
3−散歩・・・・・20%
で、ほとんどを占めてしまいました。

やはり、女性の方が、ペットに対しての思い入れが強いようですね!家族の一員と考えている傾向にあるようです。
めいいっぱい、可愛がってください。でも、甘やかしとは、別ですよ!


・・・Frame で閲覧している方へ・・・
URLを知りたい時、印刷や一時的にお気に入りに入れる場合などの為に単一 Page 表示に出来ます。
こちら をクリックしてください。 戻るときは、開いたページを閉じてください。

[ index-Page へ戻る ]    [ Top-Page へ戻る ]    [ Frame Main-Page へ戻る ]