ワンコワールド内 Contents Page 最下部に 各ページへ 戻る リンク があります。

☆ 耳の健康状態と病気の症状 ☆

 健康な状態

普段は冷たいのが普通です。
耳の中 ( 見える部分 )は、薄いピンク色をしていて、臭いも、あまりしない状態が、ベストですね。
この状態を保つためには、耳の洗浄剤で、汚れたら、掃除しましょう。
何回も耳が調子悪くなると、色が黒ずんできますよ。こまめにチェックしてください。

 病気のサイン

後ろ足で掻き始めたり頭をよく振る→2〜3日以内に病院へ
耳の中が、茶色や黒く汚れて、悪臭がする→洗浄剤で、掃除する
耳がはれていたり、熱を持っている→1日以内に病院へ
音に反応しなくなった→気がついたらなるべく早く病院へ
触ると痛がったり、なく→すぐに病院へ

 行動別に依る病気の判断

○よく、頭を振る

何かと、頭を振っている場合や、耳に触ると嫌がったり痛がる場合は、外耳炎中耳炎、内耳炎にかかっている可能性が大!
耳の病気は、結構長引くので、気がついたら、すぐに病院へ連れて行ってあげましょう。

 耳の手入れについて

確かに耳の掃除は、初めてだと怖いみたいですが、簡単ですので書いておきます。
まず汚れる原因ですが、耳垢や分泌物などがたまって雑菌が繁殖します。
特に、タレ耳のワンちゃんは注意が必要ですよ。
また、寄生虫 ( どんなワンちゃんにもいる ) やカビ、シャンプー時の水なども原因の1つです。

 症状

後ろ足で、耳をかく
しきりに、頭を振る
地面や壁などにこすり付ける
触ると、痛がったり、悲鳴をあげたりする ( 外耳炎、内耳炎の疑いあり )
などなど、よく観察すればすぐにわかりますよ。

耳の病気は、すぐには治らないので、予防が一番大切ですよ。ひどくなると半年とか、
ザラに治療にかかる場合も、あるそうです。 ( 獣医談 )

 手入れの方法

○洗浄液で耳を濡らしておくと、簡単に汚れが取れます。( 一番先にする事をお勧めします )
○綿棒やコットンなどに耳の掃除用ローションをつけて軽く拭く ( ベビーオイルでも代用OK )
○犬の耳は直角に耳道が曲がっているので見える範囲までしかしないようにしてください。
  ( 女性が顔に化粧水をつけるときに使うものは、軟らかく弾力があるのでそれに、洗浄液をつけて拭くのがお勧めです )
○内耳の掃除は、耳に洗浄液を直接入れて、耳穴のすぐしたあたりを軽くもんであげて ( 5 〜 10 秒 )位してから放すと、
  自分で頭を振って洗浄液を出すのでとっても簡単、たっぷり液を入れるのがコツです。

触るのが怖い人は、一番下の内耳の掃除だけでも、結構綺麗になります。
汚れが洗浄液といっしょに出ますので、耳を振り終わったら軽く拭いてあげればOK!


・・・Frame で閲覧している方へ・・・
URLを知りたい時、印刷や一時的にお気に入りに入れる場合などの為に単一 Page 表示に出来ます。
こちら をクリックしてください。 戻るときは、開いたページを閉じてください。

[ index-Page へ戻る ]    [ Top-Page へ戻る ]    [ Frame Main-Page へ戻る ]