ワンコワールド内 Contents Page 最下部に 各ページへ 戻る リンク があります。

☆ 夏の健康管理 ☆

 夏に向かっての健康管理

○梅雨時

この時期どうしてもジメジメしてしまう時期です。
細菌やカビなどが元気に繁殖する時期ですから食べ物が腐りやすく注意が必要です。
ドライフードをあげている家庭でも、乾燥剤等を余計に入れてきちんと管理しましょう。
また、生物をあげるのは避けた方が無難です。

○犬舎等の管理

犬は全般に暑さがとっても苦手な動物です。屋外で飼っている場合は日陰の涼しい場所に移してあげましょう。
また、その際きちんと掃除等してあげて、消毒等もしてあげましょう。
消毒は、消毒用エタノール等を霧吹きで吹きかけてあげれば大丈夫だと思います。

○夏に多い病気

長時間直射日光に当たっていると日射病にかかります。
また、密閉された室内に居た場合熱中症にかかってしまいます。
気遣いが必要な季節です。 「 ちょっとぐらいだから 」 という考え方は止めましょう。

参考までに・・・

熱中症にかかってしまったら。 の飼い主が出来る対処です。
意識がある場合は、まず体温を下げてあげます。手荒いと思いますが、水を掛けるのが
一番手っ取り早くていいです。
あと、水分補給!通常の水ではなくて、吸収が早いスポーツドリンクがお勧めです。
処置が早ければ、大丈夫だと思いますが、心配だったら病院へ連れて行ってあげましょう。
意識がない場合は、病院へ直行です。でも、そのまま連れて行っては駄目ですよ。
この場合も、体温を下げてからにしてください。連れて行く間に症状が悪化してしまわない為にです!
出来れば、こんなことのない様に注意してあげてください。

○さんぽの時間

この時期は道路がとても暑くなり、ワンちゃんに負担をかけます。
ましてや人よりも地面に近いところを歩くのですから、輻射熱があるときは注意してください。
目安として、道路を手で触って熱いと感じたら散歩に適しません。

○食事

夏の食事は、脂肪分を控えめにして、高蛋白の食事がよいと言います。
食欲不振になるワンちゃんも出てきますので、なるべく涼しい時間帯にあげるようにしてあげてください。
また、水は体温調節にとっても重要です。いつでも新鮮な水が飲めるように置いておいてあげてください。

○ノミなど害虫の駆除

皮膚病の原因です。また、さまざまな病気の発症にもつながるので徹底的に駆除してあげましょう。
他にもダニや蚊なども注意が必要です。
{ 他ページに、ノミ・ダニのページがあります。参考に読んで見てください }

○室内犬の冷房

暑さに弱いからといって冷房を効かせすぎるのはとってもよくありません。
体力をなくし、また、さんぽに出かけたときなど、寒暖の差が激しく体調不良、食欲不振など引きおこす原因です。

以上簡単に夏対策を書いて見ましたが、ワンちゃんにとって大変な季節です。
日頃から良く観察をしてあげて、変化を見逃さないようにしてあげてくださいね。


・・・Frame で閲覧している方へ・・・
URLを知りたい時、印刷や一時的にお気に入りに入れる場合などの為に単一 Page 表示に出来ます。
こちら をクリックしてください。 戻るときは、開いたページを閉じてください。

[ index-Page へ戻る ]    [ Top-Page へ戻る ]    [ Frame Main-Page へ戻る ]