ワンコワールド内 Contents Page 最下部に 各ページへ 戻る リンク があります。

☆ 人畜共通感染症 ☆

2003 / 1 / 22 付の新聞に、ハムスターが狂犬病で死亡という記事が出ていました。
それに関わっただろう人々は、ワクチンの接種という、大掛かりなものになったそうです。
そう、狂犬病は発症してしまうと、有効な治療法がないのです。

そこで他にもある、人畜共通感染症の話!
意味としては、人間と動物の間でも、感染する病気の総称です。

犬からの場合は、犬レプトスピラ症と呼ばれる細菌感染症は、人に感染すると
ワイル病と呼ばれ、動物からの感染例が、多く報告されています。

腸チフスに似た症状を見せるオウム病は、チト有名ですね。

犬の尿から、感染する幼虫移行症。

あと、気をつけなければいけないのは、犬の75%が、口中に菌がいるパスツレラ・マルトシダ菌
これは、人に感染すると、皮膚が化膿したり、気道感染症を起こします。
ちなみに、犬に顔を舐められただけでも、感染することがあるらしいです。
間違っても、子供に、ワンコとのキスなど、教えない様にしたいもんです。

と、まあ、怖い話を書きましたが、注意をする事に越したことはないと言うことです。
そうそう、手洗いは、絶対にしましょう。

新聞の記事から、思いついた事でした。

2005年 9月 9日追記
「エキノコックス」が本州で初めて犬から確認されました。ちょっとだけですが注意が必要ですね。
「エキノコックス」とは、北海道のキタキツネなどに寄生するサナダムシの一種です。
発見されたのは、埼玉県内で今年5月に捕獲された雌犬のフンからエキノコックスの卵が検出されたものです。
卵が口に入ることによって人にも感染し、肝臓などで繁殖して放置すれば重い肝機能障害を起こす可能性があります。
人から人へは感染しない様です。が、室内でワンコを飼っている方は特に注意しましょう。
予防処置は?
犬を放し飼い(法律で禁止されています)にしたり、散歩中に犬任せで匂いを嗅ぎまわらせない様にしましょう。
感染した糞に近づいたり、触ったりする事で飼い犬が感染します。
そうすると、飼い犬から飼い主に経口感染します。
対処法は?
エキノコックスの卵はマイナス20度くらいの低温では死にません。
が、熱には弱く、煮沸すれば「エキノコックス」の卵を殺すことができます。( 卵は100度で1分間の加熱で死滅します )
また、手洗いなどは必須ですね。(^◇^)



・・・Frame で閲覧している方へ・・・
URLを知りたい時、印刷や一時的にお気に入りに入れる場合などの為に単一 Page 表示に出来ます。
こちら をクリックしてください。 戻るときは、開いたページを閉じてください。

[ index-Page へ戻る ]    [ Top-Page へ戻る ]    [ Frame Main-Page へ戻る ]