ワンコワールド内 Contents Page 最下部に 各ページへ 戻る リンク があります。

☆ Java について☆

 ○Javaとは?

Java は、Sun Microsystems 社が開発したプログラミング言語です。
Java 言語で作成したプログラムであれば、使っているパソコンに Java がインスールされているだけで、
パソコンや OS の種類を選ばずに実行できるのが特徴です。

特定の Page が表示されなかったり、1部が表示されない場合など症状が有った場合サイト管理者に確認して見ましょう。
java を使っている部分である場合お使いのPCにインストールされていない場合があります。
また、お使いのブラウザの設定により、JAVAを使えない設定になっている可能性があります。
これを解決するには、設定を修正するか、
Sun Microsystems 社のホームページから Java をダウンロード、インストールしなければ表示できるようにはなりません。


    ↑ 上にお使いのブラウザで JAVA が使える設定になっているかの判定が出ます。
       使えない表示が出た場合は、下部に書いてある事を確認しましょう。
       また、当サイトの他のページにも ヒントがあります。

 ( 以下記述は 管理人のPC環境での試した設定であり、すべてのPC環境で通用するかは分かりません。ご了承ください。)
 また、設定を変更する場合、元の設定を控えておく事をお勧めします。  ( ワンコワールド管理人 )


 インストール方法

Sun Microsystems社のホームページ (http://www.java.com/ja/download/download_the_latest.jsp) にアクセスします。
表示されたホームページ中央の 「 ダウンロードの開始 」 ボタンをクリックします。
表示されたセキュリティ警告ダイアログの 「 はい 」 クリックします。
インストーラーのダウンロードがはじまります。数分かかります。
仕様許諾に同意し 「 次へ 」 をクリックすると、インストールが開始されます。
画面の指示に従って、インストール作業を完了してください。
☆但し、上記作業は個人利責任においてしてくださいね。インストールする事により危険性が増す事があります。

 インストール後の確認

Internet Explorerの場合です。

「ツール」 - 「インターネットオプション」をクリックします。
「詳細設定」タブを選択して、「 Java ( Sun ) 」 までスクロールダウンします。
Sun の Java プラグインのバージョンの横のボックスにチェックマークを付けます。

次に「セキュリティ」タブを選択し、「 レベルのカスタマイズ 」 ボタンを選択します。
下にスクロールして、「 Java アプレットのスクリプト 」 に移動します。
「 有効にする 」 ラジオボタンがオンになっていることを確認します。
「 OK 」 をクリックして設定を保存します。

上記作業をして下の様な症状の場合・・・

赤色の × を含む小さな白いボックスのようなイメージが表示された場合。
「 Java Plug-in コントロールパネル 」 を起動して修正します。

方法

「 スタート 」 メニューをクリックします。
「 設定 」 を選択します。
「 コントロールパネル 」 を選択します。
「 Java Plug-in 」アイコンをダブルクリックします。
「 プロキシ 」 タブをクリックします。

「 ブラウザの設定を使用 」 チェックボックスにチェックマークが付いていることを確認します。
もし選択されていない場合は、チェックボックスを選択し、「 適用 」 ボタンをクリックして、変更を保存します。
これにより、すべてのインターネット接続について JRE が Web ブラウザのプロキシ設定を使用するようになります。
すべてのブラウザウィンドウを閉じます。ブラウザを再起動して、サイトを訪問してみてください。

 脆弱性の概要

Sun Microsystems 社 Java プラグインのセキュリイ上に 脆弱性が確認されました。
この脆弱性を使用した悪質なウェブサイトにアクセスした場合、任意のコードが実行され、
お使いのパソコンが危険にさらされる可能性があります。
古いバージョンをお使いの方も最新の Java プラグインのアップデートをした方が良いと思います。

アップデート方法

http://www.java.com/ja/ にアクセスして Sun Microsystems社 Javaホームページを表示します。
「 java software Download 」 をクリックします。
「 Javaソフトウェアのダウンロード 」 画面が表示されます。
「 情報バーにお気づきですか? 」 の確認メッセージが表示された場合は、「 OK 」 をクリックします。
Internet Explorer のツールバー下に次のメッセージが表示されます。
「 このサイトには、次の ActiveX コントロールが必要な可能性があります
:'Sun Microsystems.Inc.'からの'Java Plug-in 1.4.2_06'インストールするには、ここをクリックしてください...」

上記のメッセージをクリックし、表示されたメニューから 「ActiveXコントロールのインストール 」 をクリックします。
「 このソフトウェアをインストールしますか? 」と表示されます。
「 インストールする 」をクリックします。
インストールが開始されます。
以降は、画面の案内に沿ってインストールを行ってください。
セットアップタイプを選択する画面が表示された場合は、「 標準 」 を選択してください。
インストール後、デスクトップ上に 「 Java Web Start 」 アイコン、タスクトレイ上に 「 Java(TM)2Platform 」 アイコンが表示されます。
不要な場合は次の操作で削除できます。
デスクトップ上にある 「 Java Web Start 」 アイコンを右クリックし、表示されたメニューから 「 削除 」 をクリックします。
タスクトレイにある 「 Java(TM)2Platform 」 アイコンを右クリックし、表示されたメニューから「 ステータスアイコンを隠す 」 をクリックします。

ホームページの閲覧中に、特定のページだけを見ることができない、または一部の画像だけが表示されないことがあります。
いくつかの原因と対処が考えられます。一つの確認をするたびに、Internet Explorerを再起動し、改善されるかお試しください。

 Windows XP Service Pack 2が搭載されたパソコンを使っている場合

Windows XP Service Pack 2では、Internet Explorer のセキュリティ機能が強化されています。
適切な設定や操作を行わないと、セキュリティ機能によって、特定のページが表示されない場合があります

ポップアップブロック機能の確認
ポップアップブロック機能は、Internet Explorerの新しい画面を自動的に開く動作を制限します。
Internet Explorerのメニューバーやツールバーの下に、クリーム色の情報バー「ポップアップがブロックされました」と
表示された場合は、ポップアップブロック機能が働いています。対処する必要があります

 その他の情報バーの確認

同様にクリーム色の情報バーが表示されていて、「ポップアップがブロックされました」以外のメッセージである場合は、
Internet Explorerのセキュリティ機能が、ページの表示を制限しています。
それぞれ当てはまる対処をしてください。

Windows XP Service Pack 2 Internet Explorerでページを開いたところ・・・
「 このサイトには、次のActiveXコントロールが必要な可能性があります… 」と表示された。
「 セキュリティの設定により、Webサイトによる、このコンピュータにインストールされている ActiveXコントロールの実行は許可されません… 」と表示された。
「 セキュリティ保護のため、このサイトによる、このコンピュータへのファイルのダウンロードが Internet Explorer によりブロックされました 」 と表示された。

上記のように表示された場合は、Internet Explorerのセキュリティ設定を標準に戻す作業をすると表示される事があります。
他の原因もあるので、一概には言えませんが・・・

 方法

まず、パソコン内に一時的に保存されているホームページ情報を削除します。
「 スタート 」 → 「 コントロールパネル 」 の順にクリックします。
「ネットワークとインターネット接続」をクリックします。
「インターネットオプション」をクリックします。
「インターネット一時ファイル」にある「ファイルの削除」ボタンをクリックします。
「すべてのオフラインコンテンツを削除する」にチェックを付け、「 OK 」 ボタンをクリックします。

次に 「 セキュリティ 」タブをクリックします。
「 Webコンテンツのゾーンを選択してセキュリティのレベルを設定する 」の 「 インターネット 」をクリックします。
「 レベルのカスタマイズ 」ボタンをクリックします。
「 カスタム設定のリセット 」にあるボタンをクリックし、「 中 」 をクリックします。
「 リセット 」ボタンをクリックします。
「このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか? 」のメッセージが表示されたら、「 はい 」 ボタンをクリックします。
「 OK 」 ボタンをクリックします。
「 プライバシー 」タブをクリックします。
「 設定 」 にある 「 既定 」 ボタンをクリックします。
「 プログラム 」 タブをクリックします。
「 Webの設定のリセット 」 ボタンをクリックします。
「 ホームページもリセットする 」 のチェックを外し、「 はい 」 ボタンをクリックします。
「Webの設定がリセットされ、Internet Explorerの既定の設定に戻りました。」と表示されたら、「 OK 」 ボタンをクリックします。
「 詳細設定 」 タブをクリックします。
「 既定値に戻す 」ボタンをクリックします。
「 OK 」ボタンをクリックします。
表示されている画面を閉じます。

 ○セキュリティソフトの設定を確認する

お使いのセキュリティソフト (Norton Internet Security など) の機能・設定によって、
特定のページや画像が表示されない場合があります。
セキュリティソフトをお使いの場合は、お使いのセキュリティソフトの提供元やマニュアルで、
ホームページの表示・画像の読み込み・ポップアップ画面などを制限する機能を確認してください。
一部のWebページやWebページ内の一部のコンテンツが表示、利用できない場合
当サイトの以下の Page の対処を確認してみてください。
「よく起きるエラー対処」・「一時ファイルの削除」・「画像が表示されない時」
上記の作業をしても駄目な場合は、他の原因を探します。 Internet Explorerの拡張ツールバーを確認する
Internet Explorerに機能を追加する、拡張ツールバーなどがインストールされている場合、
新しいページを開くポップアップ機能が遮断されていることがあります。
ポップアップを制御する機能があるツールバーをインストールしてお使いの場合は、ツールバーの設定を確認します。

表示したいホームページのサーバーが、メンテナンスやトラブル・移転などで停止している場合や、
一時的に回線が混雑している場合にも、「ページを表示できません」と表示される場合があります。
その場合は、時間をあらためたり、サーバーから提供されているメンテナンス情報などを確認してください。


      検索サービス

☆ このページの項目を実行して解決できなかった場合、下のボックスで Google による 検索 ができます。 ☆
「 java 」等キーワードを入力して { 検索 } ボタンをクリックして、他のページを探してみてください。

Google




・・・Frame で閲覧している方へ・・・
URLを知りたい時、印刷や一時的にお気に入りに入れる場合などの為に単一 Page 表示に出来ます。
こちら をクリックしてください。 戻るときは、開いたページを閉じてください。

[ index-Page へ戻る ]    [ Top-Page へ戻る ]    [ Frame Main-Page へ戻る ]


Valid HTML 4.01!    Valid CSS!