ワンコワールド内 Contents Page 最下部に 各ページへ 戻る リンク があります。

☆ ページの基本 ( 中級編 ) ☆


以下に当サイトの基本 HTML タグを書いて見ます。
細かい所は多少違いますが、ほとんど以下の様な基本構造になっています。

これを読む前に、Wan PC World の { 1ページの基本 } を読んだ方が理解しやすいかもしれません。
ページを表示する最低限の事を書いてあります。
以下の内容は、その内容に肉付けをした内容ですので、書かなくても良いタグも含まれています。
それでは、個々に簡単な説明を書きますね。
赤色ボーダーの部分がタグ命令。  そのタグの説明は、下に黒字で表示します。

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

HTML のバージョン情報です。上の命令は、HTML 4.01移行型 DTD を使っています。と言う意味です。
W3C で「 推奨しない 」要素や属性も利用している。  と言う宣言です。 他に・・

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

上の命令は、上記の命令に加え、フレームの内容も使います。 と宣言する命令です。
「 推奨しない 」要素や属性を使わない宣言もありますが、ページを書く上で相当制限されるのでここでは省きます。

<html lang="ja">

HTML でファイルの内容が HTML 文章である事を定義しています。 この書き込みは、必須です。
lang でコンテンツの言語を日本語で示していることを書いています。こちらは、書いても書かなくても大丈夫。

<head>

この書き込みは、必須です。
head はヘッダと呼ばれるドキュメントに関する情報を定義する場所です。ここの内容はページに表示されません。

<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=Shift_JIS">

ここから下に、meta が続きますが、作成者の情報やページの追加情報などを書く場合に使用します。
書かなくてもページを表示するには、影響はありません。
charset=Shift_JIS で文字タイプを指定しています。

<meta name="robots" content="index,follow">

ロボット型検索エンジンのインデックス化を許可しています。また、リンクをたどる事も許可しています。
許可したくない場合は、 <meta name="robots" content="noindex,nofollow"> と書きます
書かなくてもページを表示するには、影響はありません。

<meta name="author" content="管理人の名前">

書き込み内容にあるとおりです。 書かなくてもページを表示するには、影響はありません。

<meta http-equiv="content-style-type" content="text/css">

スタイルの宣言をしています。ここでは、何も指定していませんが、ここで指定すると
<body> 〜 </body> 内で宣言内容が適応されます。

<meta http-equiv="content-script-type" content="text/javascript">

スプリクト言語の指定をしています。

<meta name="description" content="ページ内容説明">

書き込み内容にあるとおりです。 書かなくてもページを表示するには、影響はありません。

<meta name="keywords" content="キーワード">

書き込み内容にあるとおりです。 書かなくてもページを表示するには、影響はありません。

<meta name="classification" content="ジャンル">

書き込み内容にあるとおりです。 書かなくてもページを表示するには、影響はありません。

<link rev="made" href="mailto:管理人のメールアドレス">

書き込み内容にあるとおりです。 書かなくてもページを表示するには、影響はありません。

<link rel="stylesheet" type="text/css" href="css/○○○.css">

ページ以外に書いた、CSS ファイルを読み込んでいます。
ページの中に書くことも可能ですが、外部ファイルにしているのは、同じ CSS ファイルを読み込めば
1ページずつSTYLEを書く必要が無いからです。また、変更するときも一気に変えることが可能になります。
外部スタイルシートを使わない場合は、書かなくても大丈夫です。

<title> ☆ここに、ページタイトルを入れます。 </title>

必須です。 必ずページのタイトルを入れましょう。

</head>

必須です。 ヘッダのドキュメントに関する情報の定義の終了を宣言します。

<body>

必須です。
☆ ここに、Web ページとして表示する内容を書き込みます。つまり表示される部分です。

</body>

必須です。 表示される部分の終了を宣言しています。

</html>

必須です。 HTML 文章で書いた部分を終了しています。

以上が、1ページの基本的な流れです。参考になったかな???



・・・Frame で閲覧している方へ・・・
URLを知りたい時、印刷や一時的にお気に入りに入れる場合などの為に単一 Page 表示に出来ます。
こちら をクリックしてください。 戻るときは、開いたページを閉じてください。

[ index-Page へ戻る ]    [ Top-Page へ戻る ]    [ Frame Main-Page へ戻る ]


Valid HTML 4.01!    Valid CSS!