カジケイ建築工房(本社=練馬区)は、オーナー棟梁が経営している工務店である。
オーナー棟梁と聞きなれない言葉を使っているが、これは造語である。料理の世界では、一流の料理人であり、店の経営者でもある人のことをオーナーシェフと呼ぶ。これと同じように、一流の職人であると同時に、工務店の経営者でもある人のことをオーナー大工とかオーナー棟梁という呼び方があってもいいと、名づけたものである。
 オーナー棟梁は、職人経験の全くない工務店経営者が多いなか、修行した腕と技術力にプライドを持って仕事をする存在として位置付けられる。カジケイのオーナーは大工修行にしても徒弟制度による最後の世代である。また、その後の住宅業界の底辺を支えてきた一人である。修行は厳しく、わずかな小遣いで朝早くから夜遅くまで見て学べという時代であった。いまでは、木造軸組み工法の分野も、すっかり工業化がすすみ大工ではなく組立工で家が建つ。だが、組み立てでは建てられない家がある。
 それは、本物志向のこだわりの家であり、工業化住宅に満足しないニーズである。オーナー棟梁の出番がある。(住宅産業新聞/文・松島寛光氏)


直接仕事を請けて自分で施工する”直施工”体制
 直施工は、常に施主と対峙したかたちで仕事する責任施工。施主の希望をさらにふくらませ形にしていくのがオーナー棟梁の腕のみせどころです。

リーズナブルな価格でこだわりの家造りを
 こだわってばかりいたのでは高くつく。これではなんの得にもなりません。日進月歩建築業界も進歩しています。業界にいつもアンテナを張ってよいものを取り入れ、古くてもよいものは生かす。

すぐ動く、棟梁が動く
 どんな小さなことでもすぐ対応できる。仕事のわかる棟梁がみれば大体のことはお答えできます。