自然の恵みを家の中に取り込む。それは誰もが願ってやまない人間の暮らし。山の中で暮らすのではなく密集している住宅街でどうしたらより快適に暮らすことができるのでしょうか。

天然素材 本来持っている柔らかい感触や
  調湿作用、それが木の家の魅力です。木や土が
  天然のエアコンとして働き、快適な湿度を保って
  くれます。

冷暖房設備 夏の風通しを考えた窓配置にて
  冷房運転を少なく押さえ、冬の暖房は床暖房
  (床面から天井まで一定温度に保つ)にすること
  で空気を汚さず乾燥しない体に、やさしい空間を
  つくります。

効率換気 湿気による木材の腐食を防ぐために、
  基礎パッキンや小屋裏換気口を設けて、湿気を
  効率よく排除し換気を促進します。さらに住まいの
  寿命を長くします。

防腐・防蟻 湿気の多い箇所の木部には1mの高
  さまで入念な防腐処理を、基礎および周辺には土壌
  処理を行って湿気や白蟻の害から家を守ります。

べた基礎  建物全体を支える基礎は、一体の鉄筋
 入りコンクリートべた基礎を採用。土台の強度をアップして
 建物全体を面で支える構造のため地震にも安心です。

耐力壁 筋違いによる補強を加え、壁下地に構造用合板を張り巡らせた耐力壁。
  強度は通常の住宅の約2倍あります。地震や台風の外力を壁全体で分散します。