県外からの乗り入れ車

撮影:盛岡IC−滝沢PA(1986.3.)

冬晴れのある日、弘前から東北自動車道をやってきた弘南バスの「ヨーデル号」。
撮影:盛岡IC−滝沢PA(1986.3.)

ここでは、岩手県に乗入れてきていた他県のバスを並べてみます。
高速バスでは、青森県から弘南バス、秋田県から秋北バス、宮城県から東日本急行が乗入れてきています。前2社は東北新幹線開業後に新たに新設された路線で、岩手県では新参組です。東日本急行はかつて盛岡−仙台間を運行するために設立された会社で、“その頃”は一関−仙台間に縮小されていました。
一般路線バスでは、青森県から南部バス、秋田県から羽後交通、宮城県から宮城交通が乗入れてきています。南部バスと宮城交通は、生活圏の共通する県境付近の輸送を担っています。羽後交通は盛岡と田沢湖を結ぶ観光輸送を目的としています。
ここではこれら6社についてご紹介しますが、当サイトの趣旨から、岩手県内に乗入れてきていた車両を掲載しています。(リンク先のページには、「近隣県のバス」と共通ページがあります)また、宮城交通以外は“その頃”県内に乗入れてきていた車両をほぼ撮影できていると思います。
フィルムをクリックすると、各メニューページにジャンプします。
弘南バス
弘南バス
秋北バス
秋北バス
東日本急行
東日本急行
羽後交通
羽後交通
南部バス
南部バス
宮城交通
宮城交通


このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.