岩手県交通

BU10

桜の咲く青山町を行く盛岡市内線。このタイプの車両は、県交通エリア全域で見られるもっとも標準的な車両でした。
撮影:青山一丁目(1985.4.29)

岩手県交通の路線バスは新車と中古車の両方で成り立っており、新車についても1976年の県交通成立時から毎年相当数が導入されています。当初は大型車が中心でしたが、次第に中型車へとシフトしています。
基本的な仕様は、岩手中央バスと岩手県南バスで購入していた車両に準じているようです。当初は盛岡地区には中央バスタイプ、県南地区には県南バスタイプが導入されていましたが、1978年より一本化が図られ、全域に同一の車両が配置されるようになりました。
メーカーも、当初は県南バスから引き続き日野車や三菱車も導入されていましたが、一本化に伴いいすゞ車だけになりました。

INDEX

いすゞ車
日野車
三菱車
前ドア車 中距離路線などに投入される前ドア車
中小型車


このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.