岩手急行バス

撮影:北上市展勝地(1986.4.29)

桜の名所、北上市の展勝地に並ぶ貸切バス。
撮影:北上市展勝地(1986.4.29)

岩手急行バスは1964年に盛岡−一関間の急行バスを運行するために沿線各社(岩手中央バス、花巻バス、花巻電鉄、岩手県南バス)が出資して設立した合弁会社です。
しかし、1970年代に入ると、自家用車の増加による国道の渋滞で定時制が確保できなくなり、さらに東北本線が電化によるスピードアップを図ることでバスの優位性がなくなり路線を廃止、以来貸切専業会社となりました。
車両は資本関係にあった岩手県南バスと同様日野車が多く、“その頃”の新車はすべて日野車でした。古い車両には、いすゞや三菱もありましたが、撮影できていません。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.