東日本急行

表紙の1枚

岩手山を背に小岩井農場を後にする東日本急行の貸切バス。いすゞのハイデッカー1型。後ろには富士重工ボディのR1型フルデッカーが見えます。
撮影:小岩井農場(1987.6.7)

東日本急行は、宮城県仙台市に本社を置く会社です。もともとは、1968(昭和43)年に仙台と盛岡を結ぶ特急バスを運行するため、沿線の各バス会社が共同出資して設立した会社でした。しかし、自家用車の増加による国道の渋滞と、東北本線の電化によるスピードアップにより競争力を失い、仙台−一関間を残して廃止になりました。
“その頃”は、仙台−一関(中尊寺)間の特急を細々と運行しているほか、たまに貸切バスを見かけることもありました。

メニュー

県外からの乗り入れ車
近隣県の車両
ページ上部へ戻る

80s岩手県のバス“その頃”