その後の廃車体

1980年代のバス・・・そのあと

日暮れ近づく山間にたたずむ岩手県北バスの廃車体。日産自動車に金産ボディと言う組み合わせ。昔はバスメーカーもバラエティに富んでいました。
撮影:終点横川目様(山田町 2007.11.25)

ここでは、皆様から頂いた写真の中から、岩手県の廃車体をご紹介します。
岩手県内には、バスの廃車体が数多く眠っています。その数は、県土の広さを割り引いても、他県より多いと言われます。1970年代からあったと思われる古いものから、ごく最近廃車になったと思われるものまで、その種類は多種多様です。
しかし、残念ながら、バス廃車体は見方によれば産業廃棄物。最近では急速に撤去が進み、ここに掲載した写真の廃車体も、現存するものは日に日に減っています。

メニュー

1990年代
2000年代
廃車体の棲む家

注意事項
本ページは、「廃車体は文化遺産である」と言う趣旨によって作成しております。当サイトを訪れる方は、この趣旨を御理解いただける方だと思いますが,万が一,本ページの悪用による廃車体への損傷等があった場合は,本ページ及び関連する事項は即刻削除いたします。
ページ上部へ戻る
メニュー

80s岩手県のバス“その頃”