県外の高速バス時刻表

ここでは、東北各県から首都圏への高速バスの時刻表チラシを中心にご紹介します。
東北急行バス

東北急行バス時刻表チラシ

東京駅と仙台・山形を結ぶ東北急行バスのチラシです。1984年の発行で、表紙の車両は標準床の4列シート車。今考えると夜行便には不向きに見えますが、当時は国鉄バスのドリーム号などこのような仕様が標準でした。
時代的には、前年の1983年に大阪−福岡間に「ムーンライト」が運行を始めており、飲料やマルチステレオなどのサービスを始めていますが、それもまだ4列シート。夜行高速バスにとっては、黎明期でした。

(1984年発行)
拡大画像は写真をクリック
東北急行バス

東北急行バス時刻表チラシ

翌1985年発行のチラシは、車両写真がフルデッカーR1型に変わりました。タイヤハウスはまだ一部が車内に残っていましたが、大きなカーブドガラスの印象から、最上級の夜行バスに思えた記憶があります。
当時、首都圏と東北地方を結ぶ夜行バスはこれしかなく、盛岡に帰る際には仙台までこれに乗り、朝の東北本線で盛岡まで乗り継ぐパターンでした。

(1985年発行)
拡大画像は写真をクリック
東北急行バス

東北急行バス時刻表チラシ

1986年版は1色刷りの廉価版チラシになり、バス写真もなくなりました。それでもここに掲載したのは、このとき運賃値上げが行われているからです。1986年12月といえば、「ノクターン号」が開通の時期。この後、全国的な夜行高速バスブームとなり、運賃値上げは事実上凍結になります。東北急行バスにとっても、嵐に巻き込まれる前の最後の様子がこのチラシから伺えるわけです。

(1986年発行)
拡大画像は写真をクリック
ノクターン号

「ノクターン号」開業時チラシ(京浜急行)

1986年12月に運行を開始した品川−弘前間の高速バス「ノクターン号」の京浜急行側のチラシです。弘南バス側のチラシはなくしてしまいました。
チラシに車両写真が間に合わず、デザイン画で済ませているあたりが、開業までのあわただしさを物語っているようです。裏面には、座席配置のイメージ図も描かれています。「毎日運行」を強調しているのは、それまでの「帰省バス」などと混同されるのを防ぐためだと思われます。

(1986年発行)
拡大画像は写真をクリック

裏面

ノクターン号

「ノクターン号」チラシ(京浜急行)

上記に引き続き京浜急行側の発行したチラシです。「ノクターン号」用のスーパーエアロ2をメインに裏面には1+2席の車内写真も掲載されています。夜行高速バスは、この後間もなく独立3列配置が標準となって行きます。

(1987年発行)
拡大画像は写真をクリック

裏面

フローラ号

「フローラ号」開業時チラシ(秋田中央交通)

新宿−秋田間の夜行高速バス「フローラ号」開業時に秋田中央交通が用意したチラシです。2色刷り片面です。
新車の日野グランデッカはボディデザインのうち愛称ロゴが済んでいない状態。「ノクターン号」同様に開業時のあわただしさが伺えます。

(1988年発行)
拡大画像は写真をクリック
フローラ号

「フローラ号」チラシ(小田急バス)

「フローラ号」の東京側のチラシ。「予約制」「毎日運行」「ノンストップ」などを強調しているのは、これまでの東北急行バスや帰省バスなどとの混同を防ぐためでしょう。
裏面には車内のイラストが描かれています。独立3列シート、お茶のセルフサービスなど各種の新しいサービスが、絵を見ただけで分かるようになっています。

(1988年発行)
拡大画像は写真をクリック

裏面

中央高速バス

(参考)中央高速バスチラシ

1969年発行の中央高速バスのチラシです。京王帝都電鉄と富士急行のチラシがどうしてここに出てくるかといいますと、右下のイラスト(写真を下敷きにして描いたと思われるかなり精密な絵です)の富士急行の車両が、後年岩手県南バス(→岩手県交通)に譲渡された日野RC100Pなのです。県交通時代の現車はこちらです。
なお、かなり古いものなので、折り目がついていたり、テープで修復した跡があったりします。

(1969年発行)
拡大画像は写真をクリック
県北バス 県交通 路線図 高速バス ポケット時刻表 その他


このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.