その頃の出来事 1984-1988

特別快速「リアス」登場 −国鉄のささやかな逆襲−
1985.3.14

1985年3月14日のダイヤ改正は、東北新幹線の上野直結と速達形列車(通称「スーパーやまびこ」)の新設により、北東北の輸送体系見直しに重点が置かれました。その中で国鉄は、山田線に特別快速「リアス」を新設しました。山田線は、交換設備の廃止など合理化による本数削減と、1978年に岩手県北バスが運行を開始した「106急行」の影響などから凋落の一途を辿っていました。新幹線の大宮暫定開業の1982年には急行列車の運行も廃止し、都市間輸送からは完全に撤退した形になっていました。
そういった対比の中、今回のダイヤ改正では、盛岡と宮古を直結に近い形で結ぶ特別快速「リアス」を登場させたのでした。もっとも、1日1往復の運転で、車両は普通列車と変わらない車両で、とても「106急行」への宣戦布告には程遠い状態ではありました。

1985年のダイヤ改正

特別快速リアス このダイヤ改正の目的は、東北新幹線にいかに多くの乗客を乗せるか、という事につきるのかも知れません。 幹線バスに対抗するには心もとない「リアス」や「八幡平」の新設の一方で、若年層に人気のあった快速「くりこま」を廃止するその方向性は、当時一人の乗客としては納得が行きませんでしたが、そう考えれば分かる気がします。

その一方で消えたもの


このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.