その頃の出来事 1984-1988

盛岡−東京間高速バス開通
1988.7.21

1988年7月21日、これまで弘前、秋田と続いてきた東京行き夜行バスが、とうとう盛岡でもスタートしました。
盛岡側は岩手県交通とJRバス東北、東京側は国際興業とJRバス関東、というグループ企業同士によるダブルトラックでの運行です。
これまではどちらかといえば乗り換えにより不便さを感じていた都市からのバスでしたが、今回は東北新幹線と真っ向から競争することになる区間を運行し、しかもその運行にはJRバスが加わってダブルトラックでの運行になるというのも、これまでにない話題性の高い路線であるといえます。
また、4社での運行になることから、夜行便だけでなく昼行便も設定され、選択に幅を持たせています。

高速バス新時代へ

盛岡−東京線 この時、私は既に岩手県を去ったあとでしたが、盛岡と東京を結ぶ高速バスが難産の末誕生する瞬間を見るため、4ヶ月ぶりに盛岡を訪ねました。
名乗りをあげた会社が多くて一時はその調整に手間取っり、「フローラ号」などより後発になってはいましたが、それだけに準備万端のスタートとなりました。
ただ、これまでの高速バスに比べると「○○号」という愛称がないのが残念でした。もっとも、リーフレットやポスターに使用されていた印象的なイラストと「らくちん」というコピーが、強烈な印象を作り出してはいました。

このページのTOPへ

Copyright "Age25". All rights reserved. Never reproduce or republicate without written permission.