浄土ヶ浜にボンネットバス「いたわり号」(1985.8.)

ボンネットバスの副業
いたわり号 この時、私は東京から訪ねてきた友人が浄土ヶ浜を見たいというので、特に目的があったわけでなく浄土ヶ浜を訪れました。海岸の散策を楽しむ人の群れの中に、見慣れないボンネットバスを発見したのですが、これが「いたわり号」でした。
冬季の八幡平では大活躍をしているというボンネットバスも、夏には活躍の場がないと思っていたのですが、外装をまったく塗り替えての運転でした。
しかし、上記のような出会いだったことからも分かるように、「いたわり号」についての詳細な運行データはありません。
岩手県北バスで所有していたボンネットバスのうち1両が、外装をまったく変えて夏の浄土ヶ浜で活躍していました。
浄土ヶ浜ターミナルビルを基点とする園内循環バスで、車体デザインも専用カラーに塗り替えられています。
浄土ヶ浜ターミナルビルから海岸までは階段を降りないと行けませんでしたが、このバスに乗ればお年寄りでも安心ということで「いたわり号」と名付けられたようです。
いたわり号

撮影:浄土ヶ浜(1985.8.8)

浄土ヶ浜に到着したボンネットバス「いたわり号」。
海水浴に来た皆さんが、のんびりと寛いでいます。
このボンネットバス、冬には「八幡平白銀号」と名付けられている車両です。

三陸海岸の中でも指折りの景勝地、浄土ヶ浜を背景に、「いたわり号」はゆったりと走ります。
「いたわり号」の活躍をもう一度見たくて、2度目に浄土ヶ浜を訪れたときの写真です。

いたわり号

撮影:浄土ヶ浜(1985.8.21)

いたわり号

撮影:浄土ヶ浜(1985.8.21)

浄土ヶ浜ターミナルビルから、木陰の道を浄土ヶ浜まで下ってゆく「いたわり号」。


予備車も待機
いたわり号

撮影:宮古営業所(1985.8.21)

「いたわり号」の予備車として「八幡平樹氷号」がスタンバイしていました。側面の愛称のところには、「浄土ヶ浜園内循環バス」の板を入れています。

ページ上部へ戻る

80s岩手県のバス“その頃”