060醍醐天皇

名前

第60代醍醐天皇(だいごてんのう)、敦仁、金剛宝、延喜帝
               

親族

父=宇多天皇 母=藤原胤子 
皇后=藤原穏子---子=寛明(朱雀天皇)、成明(村上天皇
               

皇居

平安宮
               

陵墓

陵墓=後山科陵(のちのやましなのみささぎ)
形状=円形、堀
場所=京都市伏見区醍醐古道町

現陵は平安中期の天皇陵としては唯一信頼にたる治定陵なのだそうです。
座標=34957287 135820182
緯度経度=34-57-26 135-49-12




御陵印




60代醍醐天皇の略歴(09世紀)(10世紀
0885元慶09乙巳01月18日(1)
生誕
0893寛平05癸丑04月02日(9)
立太子
0897寛平09丁巳07月03日(13)
元服し、同日践祚
0920延喜20庚辰12月27日(36)
皇子・高明親王が臣籍に下り源姓を賜る。「醍醐源氏」の始り
0930延長08庚寅09月22日(46)
病篤きによって皇太子寛明親王に譲位し退位。7日後に崩御することとなる。
0930延長08庚寅09月29日
崩御。土葬された。