041持統天皇





名前

第41代 持統天皇(じとうてんのう)、う野讃良皇女









親族

父=天智天皇 母=女遠智娘(おちのいらつめ) (蘇我倉山田石川麻呂の娘 )

配偶者 天武天皇



草壁皇子



軽、珂瑠(文武天皇









皇居

藤原京



陵墓

陵名:  檜隈大内陵(ひのくまのおおうちのみささぎ)
形状:  円丘(八角)
所在: 奈良県高市郡明日香村大字野口


正面



側面











41代持統天皇の略歴 (7世紀)(8世紀
0645大化01乙巳
生誕
0657斉明天皇03丁巳
叔父にあたる大海人皇子(天武天皇)に嫁す。13歳
0671天智天皇10壬午10月17日
天皇継承による嫌疑を避けるため大海人と一緒に吉野に入る
0671天智天皇10壬午12月03日
天智天皇崩御
0672弘文天皇02癸未06月24日
出家・隠棲していたが弘文天皇を討つ為に吉野を出る
0672弘文天皇02癸未07月21日
壬申の乱。瀬田川の戦い。大海人皇子の軍と弘文天皇(大友皇子)の近江朝廷軍が瀬田川で戦闘
0672弘文天皇02癸未07月23日
弘文天皇が自害
0673天武天皇02甲申02月27日
天武天皇が天皇となる、自らは皇后となる
0686朱鳥01丙戌07月20日
朱鳥[しゅちょう/すてう]に改元
0686朱鳥01丙戌09月09日
夫である天武天皇が崩御。息子の草壁皇子と母子2人で国政を執行する体制を整える
0686朱鳥01丙戌10月02日
大津皇子の謀反が発覚
0686朱鳥01丙戌10月02日
大津皇子に死を命ず.
0687持統天皇01丁亥10月22日
大内陵の築造に着手
0688持統天皇02戊子11月05日
天武天皇を大内陵に葬る
0689持統天皇03己酉04月13日
息子の草壁皇子が28歳で歿。草壁皇子の息子の軽皇子が成長するまでの中継ぎのして正式な即位を決意
0689持統天皇03己酉12月08日
中国から渡来した双六(すごろく)を禁止する
0690持統天皇04庚寅01月01日
即位
0691持統天皇05辛卯10月01日
日食
0694持統天皇08甲午12月06日
飛鳥浄御原宮から藤原京に遷都
0697持統天皇11丁酉08月01日
父子相承こそが国家安泰の基礎であるとして孫の軽皇子(文武天皇)に譲位する
0701文武天皇05辛丑03月21日 元号を大宝とする
0701大宝01辛丑06月29日
吉野離宮へ行幸
0701大宝01辛丑07月10日
吉野離宮から還幸
0702大宝02壬寅10月10日
東国(尾張、美濃)行幸へ出発
0702大宝02壬寅11月22日
伊勢に行幸
0702大宝02壬寅12月13日
病気が重くなったので全国に大赦をした。100人を出家、得度させ僧としている
0702大宝02壬寅12月22日
崩御
「素服(麻の白い無地の喪服)を着たり、挙哀(死者を悼んで泣き叫ぶ儀礼)をすることがないようにせよ。文官、
武官は任務を平常どおりにおこなえ、葬儀の儀礼についてはつとめて倹約せよ」との遺詔が出されている。
703-癸卯-大宝03癸卯10月
葬送の儀
703-癸卯-大宝03癸卯12月17日
この日、持統上皇に諡号を贈り飛鳥の岡で火葬。
皇族・官僚を代表して当麻智徳(たぎまのちとこ)が誄(しのひこと、弔辞)を述べ、「大倭根子天之広野日女尊
(おおやまとねこあまのひろのひめのみこと)」という諡号を奉った。天皇に対する最初の火葬記録でもある。
703-癸卯-大宝03癸卯12月26日
天武陵に合葬する