037斉明天皇


名前 第37代 斉明天皇(さいめいてんのう) 第35代皇極天皇と同一人物
宝皇女(たから)、天豊財重日足姫尊(あめとよたからいかしひたらしひめ)
                     
親族 父親 茅渟王(ちぬ) 母親 吉備姫王(きびひめ)
  配偶者 高向王、舒明天皇(じょめいてんのう)
      葛城皇子(かずらきのみこ)天智天皇
        間人皇子(はしひとのひめみこ)孝徳天皇の皇后
        大海皇子(おおあまのみこ)天武天皇
                     
皇居 飛鳥板蓋宮(あすかいたぶきのみや)、飛鳥川原宮、後飛鳥岡本宮、両槻宮(天宮)
写真等は035皇極天皇の項に譲る
                     
陵墓 陵名 越智崗上陵(おちのおかのえのみささぎ)
  古墳 車木ケンノウ古墳 円丘(径約45m)
  所在 奈良県高市郡高取町車木
 
  途中で休憩が必要なくらい長い階段を登ってようやく現れる斉明天
皇稜だが・・・・
橿原市の小谷古墳が本当の斉明陵ではないかとの説もある。
                     


37代斉明天皇の略歴(6世紀)(7世紀
0594推古天皇02甲寅(1) 生誕
0642皇極天皇01壬寅01月15日 皇極天皇として即位
0645皇極天皇04乙巳06月14日(52)
皇極天皇として退位
0654白雉05甲寅10月10日(61)
孝徳天皇が崩御
0655斉明天皇01乙卯01月03日(62)
板蓋宮で斉明天皇として即位
0655斉明天皇01乙卯冬
板蓋宮が火災で川原宮に移る。
0656斉明天皇02丙辰(63)
後飛鳥岡本宮(明日香村雷丘あたり)に移る。
多武峰(とうのみね)の丘の上に周りを取り巻く垣を築き両槻宮を造営。
また、この年吉野宮も造営。
岡本宮火災
 
0658斉明天皇04戊午10月15日(65)
紀の湯(白浜)へ行幸
0658斉明天皇04戊午11月05日
有間皇子謀反
0658斉明天皇04戊午11月11日
有間皇子絞首刑となる
0659斉明天皇05己未01月03日(66)
紀の湯から帰る
0660斉明天皇06庚午12月24日(67)
難波宮に入る
0661斉明天皇07辛酉01月06日(68)
百済救済のため筑紫に向け出航
0661斉明天皇07辛酉03月25日
長津に到着
0661斉明天皇07辛酉07月24日(68)
朝倉宮で崩御